哲学・思想

2024年4月 2日 (火)

最後のパラダイムシフト

34543296_20240402104101  この所、この本を丹念に読み込んでいる。自然に対して無理に負荷をかけない農業志向に添った農法である。アグロエコロジーは、慣行農法の裏返しの農法というか、農業である。それは同時に、「緑の革命」から脱却した農業である。類似したものに有機農業があるが、より現在の農業を根本的にパラダイムシフトする農業である。農業を生態学的に分析して、持続可能な農業を志向する実践的な社会運動として捉えられている。全世界のフードシステムを変換する農業である。
 現在、我々の食べ物はほとんど工業製品である。紅麴のサプリや原料とした商品が社会問題となっていて、その原因や被害に関心が集中しているが、問題の根幹である農業的な問題は完全に忘れ去られている。グローバルに進化した「アグリビジネスが膨大な富を支配して農業生産のほとんどの物理的、財政的社会基盤を所有している」(p418)のである。食の主権は消費者であるかのように偽装されているが(近代経済学は諸問題を前に右往左往しているだけである)、主権が奪取されているばかりでなく、我々の良心さえも取り去られているのである。消費者は口にする食品の安さばかりに関心を奪われ、農業生産者を社会の最底辺層に落とし込めるイデオロギーに汚染されているのである。利益の高い加工食品やインスタント食品、ファーストフードやミシュラン(グルメ)ばかりに関心を奪われていないだろうか。いつかパルプが入ったカップラーメンに吐き気を覚えて、それ以来カップラーメンを飲食していない。
 「世界の人口の半数が農業で生計を立てている」(p435)のだが、農業者に渡るのはその16%以下である。キャベツ一玉100円としたら、農業者の手取りは精々16円である。北米の食肉消費量は一人当たり年間約120㎏であるが、米を主食とする日本人の米消費量は一人当たり年間約60㎏である(食の欧米化)。また、「世界の全人口が日本人と同じ水準の生活をするためには地球が2.5個必要」(デジタル大辞泉、「エコロジカルフットプリント」の項)なのである。自民党の裏金問題は笑止千万な問題である。離党勧告ではなく、政界からだけでなく、人間社会からの追放が相当するのである。国会無視の武器輸出を閣議決定する政府も同様であり、イスラエル問題も同様なのである。 

| | | コメント (0)

2024年2月27日 (火)

人心一新の時代

31115047 雨が雪に変わり、凍土は固く閉ざしている。待春の時期で、本棚の『新版 農業の基礎』を何度も取り出して振り返っている。20年も前の出版物で、以降の農学も急展開している。慣行農法においてはスマート農業が推奨されるが、21世紀の小規模・家族農業もまた注目されている。地球温暖化が問題にされるが、それに関連する農業・食料・飢餓問題も喫緊になっているのである。農業従事者が激減しているにも拘らず、テレビでは芸能人やお笑い芸人のグルメ番組がトレンドになって、高蛋白・油脂過剰・糖分過多の食事を助長しているのである。株価最高値に浮かれ、政治の腐敗と戦争加担には無関心の有様である。人心一新を図らなければならない時代となっているのである。
 少し前になるが、地元新聞である「信濃毎日新聞」7面(1月14日)で、マルクス・ガブリエルの寄稿が掲載されている。多分、共同通信からの配信だろう。それは、「反ユダヤ主義拡大の危機」と称して、「ハマスの思想的なわな」にかかってはならないという警世である。しかしながら、これは事実誤認である。シオニズムに駆られたイスラエルは一貫してパレスチナ人から土地を略取してきたのである。なぜハマスがパレスチナ人に支持されているのかを考えてみたらいい。また、ハマスを育てた右派リクードであるネタニヤフ首相の思惑にも深慮しなければならない。パレスチナ問題などではなく、「イスラエル(と裏で画策するアメリカ)問題」なのである。マルクス・ガブリエルはまた、「イスラエル軍が大量虐殺を計画したり、政府がそれを企図したりしていないことは明白だ」と語っている。彼の言動は、まさしくイスラエルとアメリカの言い分と一致しているのである。パレスチナ人から土地を収奪し、シナイ半島に追い出して利権を強奪するのが狙いなのである。歴史学者ハラリと同様に、残念ながら、愈々彼の哲学を疑わなくてはならない時期になっているのである。

| | | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

ポロポロ

71aepucrcql_sl1500_ どこで田中小実昌を知ったのか覚えていない。戦争関連の著作を読み耽っている過程で知ったと考えられるので、とりあえず手にしてみたのである。タイトルの『ポロポロ』は、劈頭を飾っている小説というか、私小説である。但し、少年時代にテレビで、禿頭の彼を何度も視たことがある。戦後二十年前後で、世情はまだ戦争の名残があった時代である。明治・大正生まれの人々が健在であり、彼らの生態を直接触れることができたのである。戦後高度経済成長の端緒の時代であり、激動の時代に生きた人々の生き様を直に接触する最後の世代となってしまったのである。この時代は特変する人士が排出する時代であり、現今の気を遣う世代とは全く異なる。個人の体験でも、酔漢の大工が暴れて隣家が仲裁に入ったり、お互いに貧乏でお金の融通やお裾分けをしたりするのが当り前の時代であり、人々がお互いを補い合う共同体がまだ存在していたのである。戦争はここまで影響を与えていたのである。田中のような人間もまた容認する社会だったのである。彼はバプテスト系独立キリスト教会の牧師の息子である。19歳の時に、初年兵として中国大陸での戦争を幾多体験している。
 「異言」とは、広辞苑的には、新約聖書の「使徒行伝」などに記されているように、「(キリスト教で)聖霊に満たされた人が語る理解不可能なことば」(γλῶσσα )である。本義は外国語であるが、パウロは異言の誤用を戒めている。後代、異言は神の賜物として広義として多用され始めて誤解されてもいるのである。田中小実昌は、青少年期に父などの「ポロポロ」を日常的に接して育っている。彼は、「苦しみながら祈っているときに、父はポロポロが始まった」(p30)と語り、祈りを突きぬけて、「非理性的なみにくさに、おそれ、おののき、不安になったのではないか。」(p31)と描いている。ここに言葉の問題が現出する。「言葉は、自分の思いをのべることしかできない」(p13)のである。「ボカーンとぶちくだかれたとき、ポロポロははじまる」(p15)と換言してもいる。ヨブが神に要求する自分(人間の物語性、p169~170)を打ち砕かれたように、「祈りの言葉を失ってるのにも気がつき、失った言葉をとりかえそうとする(時に)口からでるのはポロポロばかり」(p31)なのである。彼にとっての「ポロポロ」とは、祈りを突き抜けた呻きであり、神の賛美だったのである。それは、「クリスチャンはクリスチャンでいいではないか。・・・ただのクリスチャンではいけないのか。」(p29)という表明に如実に示されているのである。

| | | コメント (0)

2023年12月 9日 (土)

批判と変革の哲学

34205002 そしてプラトンである。京都大学の哲学科の西洋古代哲学史専修(西田幾多郎を始めとする純粋哲学、いわゆる純哲=哲学専修とは異なり、多少の確執があったと思う)は、一時期(今でも?)「プラトニストにあらずんば(西洋古代)哲学徒にあらず」という学風であった。この経緯は、動画「おこしやす!西洋古典叢書 イントラダクション」で國方栄二(以下敬称略)が言及している。田中美知太郎に続く藤沢令夫、そして中畑正志。今や研究陣が系統的に継続的に出揃っていると言えるだろう。だからの故の西洋古典叢書である。以前、中畑氏の著述についてブログ投稿したので、念願の『はじめてのプラトン』を、繁忙の中で遅々として進まず、漸く読了ができたのである。
 彼のスタンスは、ご教説を甘受することではなく、「プラトンの著作を読む目的は、ただプラトンを正確に解釈することではない。・・・問いを発し、考えることこそプラトンが望んだことである」(p42)に尽きる。その意味では、プラトンはソクラテスの対話を中心に記述して、常に挑戦的なのである。先ず、「ソクラテス問題」である。それは、ソクラテス自身の著作がなく、周囲の人々がソクラテスについて論じていて、どこまでがソクラテスの思想と実像なのかが不明という問題である。それに、大半のプラトンの著作はソクラテスを主人公にした『対話篇』であり、その境界が不明という問題もある(イエスとパウロとの関係に相似しているだろうか)。しかしながら、プラトンは師の哲学を継承して、「それを理論的に深化させ、他方で社会的な実践のかたちへと展開した」(p72、p121、 ソクラテスープラトンの哲学宣言)のである。「魂への配慮」と「知と真理への配慮」となって、魂の比喩とイデア論に結実しているのである。これらはよく誤解されるデカルト的「身心二元論」ではなく、交錯してプラトンの哲学となっているのである。彼がプラトンの哲学を「批判と変革の哲学」(p4)として規定するこの新書は、一貫しているのである。後半の終わりに、人間の営みの全体への批判と変革の哲学であるとの繰り返しの強調は、「彼のプラトン」を如実に指示していると思われる。
 今春、定年退職された彼には、①文献学的に、アリストテレス全集『形而上学』翻訳(未刊)とその成果が期待される。②プラトン哲学を政治的に誤解釈するゲルマン(親ナチス的)勢力とアメリカン(ネオコン的)勢力(両者とも歴史性の欠如、p235)への批判を徹底してもらいたいものである。この混迷した時代の中では、緊要な課題と思って彼に期待しているのである。

| | | コメント (0)

2023年5月30日 (火)

多様性社会への嘱望

2023052212330000  先日、ライオン舎ができたとのことで、早速茶臼山動物園に夫婦で赴いた。平日なので来園者は少なく、ゆっくりと鑑賞できた。鑑賞するという言葉に多少の疑問を抱くが、世界の希少動物保護のためにはやむを得ないことだろう。動物園オタクとして、これまで天王寺、京都市、神戸市、旭山、上野、城山、茶臼山などを訪ねている。長野市は市として全国唯一二つの動物園を所有していると思う。この度、茶臼山動物園は、開園40周年ということでライオン舎をオープンしたとの事である(これまではレッサーパンダがメインであった)。園舎全体にライオンの咆哮が轟いていたのは言うまでもない。近年は、動物の権利と福祉などへの配慮から、動物を檻の中に閉じ込めて鑑賞するという従来の展示方法から、有名な旭山動物園の行動展示から始まった本来の動物生態を実現するのが動物園の主流となっている。動物にはどんどん自由になってもらいたいという願いを持っている。だから、イヌ・ネコの中心で、芸能人が面白がる動物番組は全く見ず、「地球ドラマチック」とダーウィンが来た!」など、選んで視聴している。
 しかしながら、もっとも憂慮しているのが人間という動物である。人間という動物ほど怖ろしいものはいない。アリストテレスは、「すべての人間は、自然本性(φύσις)によって、知ることを求める」(『形而上学』冒頭)と述べて、観想(θεωρία)こそが最高の幸福と主張している(『ニコマコス倫理学』)が、近現代においては、全く当てはまらない。人間の欲望は肥大して、他の生物を疎外して地球規模の破壊(戦争と環境破壊)をするばかりでなく、人間改造にまで波及しているのである(AIとBT)。宗教カルトが政治に影響を及ぼし、多様性社会が嘱望されているのにも拘らず、一極社会へと突き進むという有様である。どんな社会を望んでいるの、とライオンに聴いてみたいものである。



| | | コメント (0)

2023年5月23日 (火)

アリストテレスへの回帰

3180  朝、庭前の畑を眺めると、見事に茎を根元から噛みきられて、二十日大根と枝豆の枝葉が無残な姿を晒している。ネキリムシの仕業である。早速、周囲を掘り起こして発見即捕殺するのであるが、既に5匹以上捕殺している。化学肥料は殆ど使用せず、くず野菜や糠などからの自然堆肥を畑に漉き込むために、発生はやむを得ないだろう。対策としては、①防虫ネット(寒冷紗)で幼苗をべた掛けする、②籾殻で幼苗の根元を守る、③発見即捕殺、④やられたら間引き苗の移植か、再びポットに播種をするのみである。自然農法に近いものだから、苛立ちを抑えて怒りに燃えず(笑)、気長に構えるのみである。
34443019  少し関心があったので、岩波新書を通読してみた。中畑氏の関心と学究は、いつの間にかプラトンからアリストテレスに移行した様である(多分、都立大から九州大への遍歴時代があり、『魂について』の翻訳が契機と推定される)。近年、哲学界はアリストテレスへの関心が高まっており、東大系の『アリストテレス全集』旧版の特徴は、『形而上学』とその倫理学に傾斜しており、術語の難解さと不正確さも伴って、古色蒼然としたアリストテレス像となっているのは否めない。新版を読んではいないが、より平明で精確さをもつ翻訳となっているだろうと思う。そして肝心な『アリストテレスの哲学』だが、アリストテレスの見地と方法論が的確に提示され、章立てで近現代の反アリストテレス潮流に反論している内容である。西洋古代哲学史専修の学生以来、ドイツ観念論と京都学派の「包囲網」を潜り抜け、二十年来アリストテレス原典を文献学的に読み込んだ精華と言えるだろう。所々に彼の言葉遣いと本音が垣間見られるも一興だったのである(例えば、「四つのし」や師である藤沢令夫への言及、p13,194)。最近の東大閥と慶大閥の著作は、余程のことがない限り、信用していないのである。

| | | コメント (0)

2023年4月16日 (日)

『民俗学入門』

34286376 民俗学(folklore)は実質柳田國男が創始した学問である。日本全国にある大学で、民俗学の研究者は少ないが、巷間では民俗学徒は数多い。文化人類学は基本的に「人間とは何か」を扱っていて、誤解されて、民俗学が文化人類学の一種として見做されることもある。ポストモダンは、言語や文化人類学研究の精華としてフランス哲学(構造主義)を中心に隆盛を誇ったのだが、人間を抹消するその反ヒューマニズムと関係性のみに集約される、ある意味での決定論とに、現代の哲学者は疑念を覚え始めているのではないか。民俗学はその間隙をこじ開ける学問の一つであると思うが、今の所、一部の人々を除けば大いに評価されているとは思えない。また、近現代化の時代潮流の中で、失われる資料と中央集権化やグローバリズムとによって、民俗学の役割が終焉したと唱える者もいる。
 『民俗学入門』は、そうした民俗学の現状に一石を投じた著作であると思っている。概括的で読者にも分かりやすい。著者によれば、「民俗学は、普通の人々の日々の暮らしがなぜ現在の姿に至ったのか、その来歴の解明を目的とした学問」(p231)と定義される。目的と方法論についても著者の見解が披歴されていて、読者の評価が分かれるが、それらの見解もまた民俗学徒にとってみれば刺激的である。柳田國男は民俗学の目的を「経世済民」と毫も疑わなかったが、柳田も宮本常一も時代の中を生きて学問をした人たちであったのである。民俗学徒から見れば、世界史や日本史は権力者どもの歴史に過ぎない。それに気付いた人の中に和歌森太郎や網野善彦などがいる。両者ともその民俗学的見地が日本史に反映されていたのだが、現状は未だ支配階級の歴史記述となっているのである。世界史的に見れば、現代のグローバリズムや新自由主義は、アメリカ帝国主義による支配のためとも考えられる。その自由と民主主義は本当であるのか。現今話題のChat GPTは人間を解放するのか。人間の思考と倫理を剥奪するものとなるではないのか。他方、民俗学は足下から考える。故に、ただ単に民俗資料の蒐集するだけでなく、そこからあらゆる疑問が派生し、未来の展望が開示されるのである。

| | | コメント (0)

2023年2月24日 (金)

『超デジタル世界』の時代考察

34421015 1999年に、筑紫哲也の「ネット上の書き込みは便所の落書きに近い」という発言が物議を醸した。パソコン通信に続いて、2チャンネルが登場した当時である。今でも大概変化してはいない。罵詈雑言や犯罪の温床にもなっているのも事実である。昨年末ヤフーは、誹謗中傷やヘイトスピーチ防止のために、コメントに携帯番号の登録を必須化したのである。とは言え、ヤフコメは相変わらずの右ねじの人々の巣窟になっているのは否めない。戦争を煽り、現状追随のコメントばかりである。他方、2010年代からのDXやメタバースへの進展が活発になっている。AI(人工知能)だけでなくBT(生物工学)も加速している。そんな時代に適宜な出版がされた。『超デジタル世界』である。
 先日の信濃毎日新聞(19日付7面)に、マイクロソフトが開発したAIの対話型検索サイトBingに、不都合な回答があったとの記事が掲載された。AIによって人間が「あなたはバカで頑固者」などと回答されたということである。人間を威嚇したり、偽言を弄したりしたそうである。現在は多少改良され、対話は1回当たり5問5答に制限されているとの報道である。AIの限界である。海外研究生活が多い西垣通は、「欧米では、超一流の秀才が少なからずトランス・ヒューマニズムに傾倒している」(p39)と洞見している。トランス・ヒューマニズムが、宗教的ミッションと結合しているとの彼の哲学・思想的洞察は、さすがという外はない(p139)。
 21世紀がポスト・アメリカニズムの時代であるとの慧眼にも感嘆する。国際的対立と戦争は、ただプーチン・ロシアが悪くてウクライナが可哀想との単純な発想ではなく、「殺戮という行為を自分と結びつけてアウシュヴィッツのイメージをもつこと」(p48)が大事なのである。ドローンや無人機、更に殺人AI兵器の投入で、戦争と殺人の感覚がなくなる事態になっているのである。汎用AI万能論の思想の淵源だけではなく、マルクス・ガブリエルなどの哲学への言及と援用をしながらの卓見は、熟読に値する著述であると感嘆したことである。政治屋はおろか、日本の産官学のリーダーたちを「無邪気な少年少女」(p152)と批判していることに微苦笑したのである。日本の衰退を物語るのである。それは同時に、アメリカ帝国主義の転落を暗示しているのである。
 

| | | コメント (0)

2022年7月16日 (土)

現況の問題点

2022070317500000  参院選挙が終了した。与党の大勝である。物凄い戦争国家化であり、憲法改悪への道筋が立ったと言うべきである。戦後77年にして、この様(ざま)である。覚悟もない愚かな一部の国民がこれを選択したのである。アベ狙撃事件をして「民主主義への暴挙」という論調があるが、これは全く当たらない。アベ(だけでなく自民党)と統一協会との関係が浮上しているが、これは50年以上前からの因縁である。当時から原理研との闘いは、希望を抱いた大学入学者にとっては、悪魔との闘いとして喫緊な課題だったのである。隠然として、合宿への勧誘、ニセ大学新聞への加入・支払い、霊感商法・献金、家庭・家族崩壊など、洗脳が問題になっていたのである。その結果、自民党などの政権政党への影響と癒着と支配が浸透し、反共主義の協会方針が自民党の憲法改悪案と相似しており、アメリカ帝国主義よろしく、まさしく、政教一致の憲法違反となったのである(憲法第20条)。マスメディアの腐敗も戦前の歴史における教訓となっているのだが、これは最も重要な一つの指標であるが、看過されているようである。スマホの普及化によって、国民を分断して支配しているのである。そしてこの間の政教一致である。
 人知れず、急速に、何の検証もなく物事が進展している事態に対して、人々はその危機を感得するべきである。それは思考を奪われた保守の側でも同様である。人と人との心を通わせた会話は殆どなくなり、功利的で事務的となっている。都市はそれが当たり前になっている。テレビは国民の生活に関心がなく、つまらない会話やニセの笑いが溢れ、答えが初めから用意されている(画一化)。都市は無反省にビジネス志向が謳歌して、個人の思いは委縮している。都市の電力が、地方の収奪によるものであることも忘却している。また、そうした総合的視野をもった教育もなされていないのである。地方においても、学校教育は地域振興の為には何の役にもなっていないのである。教育は、中央集権化して連綿と地方を収奪することによって成立しているにも拘らず、立身出世と私利のために、医学部や東大(慶応大)志向に集約しているのである。自己の確立を放棄した人間が、国家権力に飼い慣らされているために、(高学歴な人間ほど)戦争に歓喜しているである。この事態が何となくおかしいという疑念を抱くべきなのである。この感覚なければ、ただ単に監視されるということだけでなく、加速するAIやBTによって、すべてが人類(ホモサピエンス)の改変と終焉から地球消滅へと向かう懸念があるのである(岡本祐一朗『いま世界の哲学者が考えていること』、『哲学と人類』など)。

| | | コメント (0)

2022年6月18日 (土)

思考を取り戻す

34332887  参院選挙が実施され、長野県区は実質二者の争いになっている。自民党と野党共闘とである。参議院では野党が独占している全国的に珍しい選挙区である。自民党の候補はタレントであり、その昔、息子の小学校PTAの講演集が回覧されてそれを一瞥したことがある。その胡散臭さに辟易しただけである。醜聞が立って芸能活動をやめ、「長野県民への恩返し」などと称して、案の定、自民党から立候補するのである。信濃毎日新聞のインタビュー記事(18日三面)を見ると、やはり自民党の政策フォーマットをなぞっているのである。過去と未来を何も直視していないと思われるのである。対する立憲の候補は、TBS記者出身で主張は明確である(が、誤りも多い)。両者とも県外出身者である(県知事や長野市長も)。県外人士しかいないのか、と情けなく思うのだが、県外者を有り難く思う気風になってしまい、大抵の若者が主に都市圏に出てしまうこともあって(約8割?)、期待したい地元人士が存在するにも拘らず登用させる県民性ではないようである。もう一人、維新からも立候補している者がいるが、新自由主義の自民党別動隊だから埒外である。惨憺たる大阪府政を顧慮すれば勘案するべきもない(自民党に入党し、支持者を偽って政党を渡り歩いた衆議院議員もいたのである)。信毎記者は、参院選県区で続いてきた事実上の「与野党1対1」の対決構図が崩れたなどと呑気に設問しているが、今後3年間は国政選挙はないのだから、ある意味では戦後の分岐点となると予想される。しかしながら、軍事的にも経済的にも、あらゆる分野において画一化、一様化、狭窄化、空洞化、全体主義化、アウトソーシング化の時代の趨勢は基本的に変わることはないだろう。都市と国家の愚劣化は止まることを知らず、地方に波及しているからである(自民党の牙城になっている地方選挙区さえあるのは惨めの極みとしか思われない)。
 遅い米作は漸く代掻きにこぎつける。田植えが終われば半作である。休日農業は一昨年同様である。これからの盛夏には、額に汗をかいて踏ん張らねばならぬ。しばらく気が休まることがないが、身体を労いつつ励むことになる。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧