信州学事始

2019年4月19日 (金)

止まらない地方崩壊

M000051_k00003250_1024768 『農山村は消滅しない』という著書の問題性は、実は、農山村の実情調査の不足だけではなく、都市の問題なのであるということを忘れていることに尽きるのである。農山村や地方の窮状は都市の「繁栄」の結果であり、むしろ都市は地方の犠牲の上に成立しているのである。したがって、根本的には地方分権が推進されるべきなのであるが、自公政権では先祖返りしており、中央政治がいつまでも跋扈しているのである。だから、結論は明確なのであり、これを実行するか否かである。現・長野県知事は、典型的な役人・官僚であり、何も期待できないのであるが、今度の地方選挙では、県議会の自民会派が単独過半数となり、愈々長野県の未来は暗澹たるものである。以前、経歴も面目も自民党支持者と思われる人物と会話する機会があったが、きちんと反論すると、押し黙って無視する姿に呆れたことがある。仲間内では懇ろなのであろうが、公開の議論では逃避する醜悪に怒りを覚えたものである。
 結婚記念日に、夫婦で「上田城千本桜まつり」に出向いた。上田城は、徳川の大軍を二度も撃退したお城であり、大坂の陣では先陣で徳川方を震撼させた真田家のお城である。信州の地侍や国人は、中央の武士や国司を排撃してきた歴史があるが、そのこと(武士の時代)には余り関心がないのであるが、一度はその概容を見てみるかなと思い、連れ合いを誘ったのである。それには腹ごしらえ(人気のグルメである。笑)である。信州そばとして著名な「刀屋」へと足を向けたのである。初めての試食だったが、腰が強く確かにうまい。蕎麦を食らう、というのが的確である。江戸時代、信州人は江戸へと冬季に出稼ぎに出かけたのだが、「初雪やこれから江戸に食いに出る」という川柳にあるように、江戸っ子は信濃者を大飯を喰う田舎者の典型と罵ったのである。県外ナンバーの車が多く、刀屋の待ち時間に、東京から来た六人組の高齢者の集団と並んだが、向こうから声をかけてきた。「草笛」とここを足繁く通い詰めているようで、久しぶりに東京の話題を耳するが、全く関心がない。東京なんてどうでもよい。田舎蕎麦がやはりいいのである。盛りもいいのだが、天ぷらが旨い。クルミだれでも味わうべきである。上田城であるが、桜が散り始めであり、観光客も大勢いた。燕も飛来して歓迎してくれていた。櫓門にも登上して崖下を見学し、市立博物館にも拝観したのである。連れ合いはどうにも興味がなく足早であったが、しばし想像逞しくその時代を感得できたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

本来の元旦

Dscn0371 鬼無里(村)から白馬に抜ける白沢峠からの絶景を時々想い起す。もう一度訪ねてみたい衝動に駆られる。しかしながら、貧乏な生活ではガソリン代という経費がその衝動を止めてしまう。眼下に鹿島槍ヶ岳、五竜岳から白馬三山へと続く雪の北アルプスを眺望する佇まいには、その荘厳さを人に抱かしめるだろう。という訳で、たまさか『鬼無里村誌』を手にしたので一読してみた。大変立派な村誌である。村の自然・歴史・民俗が精細に記述されている。長野県には、教員を中心に郷土史家が多く散在している。数多(あまた)の図書館、博物館、美術館があり、社会教育資本が充実している。こんな山奥の鬼無里という村を記録に留めるという難業に挑戦する郷土史家の胆力には恐れ入ってしまうのである。
 謹賀新年。昨年に書き留めておいた記事に追記しての初投稿である。年末年始はお年取りと元旦を午睡と読書で過ごしている。紅白や急増する正月お笑いテレビ番組は視聴しない。このような番組を提供するディレクターは、首都圏出身の「有名」私大出身が多い。政治や経済や文化を牛耳り、めざましく劣悪化している慶大出身者どもには辟易する(東大は落ち目である)。どんどん日本が壊れた方がいいのである。という訳で、めでたくもないのであるが、相も変わらず、『宮本常一が撮った昭和の情景』(下巻)を分析していたのである。①1965年、戦後25年経過した頃(いざなぎ景気)、日本社会の風俗が変転したのである。江戸や明治の時代から続いていた社会は、茅葺屋根から瓦屋根が普及して、縁側の意義が消失し始めたのである。牧歌的な農村風景が変化し、洋装が普及し出して、三種の神器である冷蔵庫・洗濯機・テレビ(白黒)が地方にも浸透し始めたのである。②1970年前半、瓦屋根が一般に普及して茅葺屋根は消失する。住宅の密閉化が進捗し、道路網が整備され、生活に余裕が生まれる、という二点が、宮本が撮った様々な写真から読み取れるのではないか。写り込んだ写真を丁寧に読み取っていると、宮本民俗学の重要な一面が感得されたのである。今日一日は、初詣(明治以降の風習)もせず、寝正月かつ読書の元旦であったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

日本人の破壊性

32260807 小春日和の今日、著作集第三巻を読了する。東北と北海道は積雪で大変らしい。厳しい冬の生活は、どちらかというと、記録されることが少ない。それだけに、正月や春の訪れに対する思いは切実である。ために、若者が都会に出てしまうのは、ある意味では当然なことかもしれない。北信州では、お葉漬け(野沢菜漬け)の時期であるが、50年前までの冬の風物詩は廃れて、スーパーでの購入になって、各家々での作業風景はほとんど見られなくなっている。しかしながら、野沢菜を漬けること自体がお年取り・正月の準備であり、そのものだったのである。敷衍すれば、9月に野沢菜の播種からお年取り・正月の準備が始まっていたのである。よく誤解されているのが、大晦日の料理=おせち料理である。お年取りでは、黒豆も数の子も栗きんとんも昆布巻きも出てこない(筈)である。生家では、焼き鮭、里芋煮、鯉こく、なます、酢だこ、茶碗蒸し、お煮かけなどの料理が炬燵大の朱塗り広蓋の中に広げられていたのである。これのどこがおせち料理なのであろうか。当地では、お年取りがメインの行事であって、おせち料理を食する習慣はなかったのである。元旦は「寝正月」で雑煮を食べ、二日から挨拶回りや仕事始めとなるのである。今様のように、「元旦早々から初詣などといって社寺へまいる客のふえたのは、年夜のまつりがうすれて来たことに大きな原因があるようで・・・昔は正月のにぎわいは二日が中心であった」(p275~276)のである。キリスト教徒でもない日本人がクリスマスを祝うという倒錯は、バブル期の80年代に始まったのであるが、経済至上主義と新しい所有観念は、正月の様相もクリスマスの有り様も変えてしまったのである。日本人は伝統を重んじていると自慢しているが、「実際には自分たちの生活の中できずきあげてきた有形(無形の)文化をのこそうとしなかった」(p69)のであり、その現象は、生活誌や建造物など身の回りには多くの破壊されたものが検証されるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

入学式今昔

2018040510470000 毎年、桜の開花があると観に行く一本桜(これ)である。桜の時期になると、この貧弱なブログのアクセス数が上昇する(これ)のだが、庭に植栽した引越し記念の桜も、天を見上げるほどの大きさに展開し、春の陽光を浴びて満開である。
 母校の入学式のために小中学校を訪問したのであるが、無難な儀式であったという感想である。小学校の入学式で気が付いたのは、対面式の入学式であったことである。無論、新一年生が背丈が小さいということもあるだろうし、演壇の式典に慣れていないこともあるだろうが、半世紀以上前には、演壇式が普通であったように記憶している(体育館ではなく講堂と称していた)。無用に起立させないで、椅子に座っての平壇式典になっていて、微笑ましいものになっていた。着用している衣類も頭髪も現代風で可愛らしい。かつての講堂はだだっ広く、冬は寒々したものだったが、今では少子化ということもあってコンパクトな体育館を利用している。父兄の服装は、往年は和装が殆どであったが、今では圧倒的に洋装仕様である。これが中学校になると、少し変容する。男子に丸刈りが散見され、女子はポニーテールやショート、ロング・ストレートと多彩である。意外に女子の方が背丈が高いこともあって、男女の凸凹コンビもいて可笑しい。お祝いの言葉や新入生の言葉は、式典に相応しい穏当のものであって滑舌がよい。昔日の吃音や赤面やあがり症を見聞することは少しもない。そういう意味では洗練(一色化)されてきているのかも知れない。往時の親は、生計のための仕事に追われ(そう言えば小学校の父母同伴が多くなっている)、父親が参列することなど滅多になかったような気がする。小中とも、父親がビデオカメラやデジカメ役に徹しているのである。中学では、男子は懐かしい詰襟の学生服が占め、女子はセーラー服はなくなってスーツ・スカート姿に変遷している。往年には国歌斉唱がなかった筈であるが(長野県歌の「信濃の国」斉唱が一般的だった)、それが式次第に挿入されている。1989年の学習指導要領では、学校現場では国旗掲揚と国歌斉唱を義務付けているようである。しかしながら、国民国家を否定する自分としては、掲揚と斉唱は認められないので、典礼では、国旗を平視したり一礼することもなく、口を噤んで「君が代」も歌わないのは勿論のことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

忸怩たる思い

2018012512040000 「今年はさみー(寒い)なあ」というのが当地の挨拶言葉になっている。そんなこんなで、五年ぶりの諏訪湖御神渡りが見られたということである。天候は「前半不安定、後半順調」、経済は「明るい兆し」という宮司の見立てであるが、本日の東京株式市場はほぼ全面安で大幅下落を報じている。アメリカ経済の不安に市場が嫌気をさしているらしい。よく分からないが、気候もどうなることやら。日本海側は大雪で、北陸は豪雪らしい。長野県境の山沿いは本降りなのだが、内陸盆地の川中島平では、多少は影響を受けて降り積もる程度であって、むしろ厳寒が半端でない。40年以上前は極寒期には-10℃以下になったのだが、近年は高々マイナス10℃ということらしい。昼間は乾燥して晴れ上がることもあるのだが、夕方になると、一時間につき一度ずつ寒暖計が下がってきて、水道管の破裂を心配し出す。寒冷は足下からズンズン到来する感じで、老体の身に応えるのである。だから、ズボン下(ももひき、関西弁でぱっち)は必需品である。氷点下三度以上では、「今日はぬくとい(暖かい)ねえ」という感想がここかしこで聞かれ、氷点下三度以下になって初めて、漸く寒さを実感するのである。高校を卒業して上京すると、晴れ間が毎日のように続くのが不思議に思ったことである。ダウンジャケットを着衣しようものなら、背中に汗が滴り落ちて気持ち悪いことこの上ない。精々、空っ風が多少冷たく感じた程度であり、薄いジャンパーで冬をやり過ごしたものである。周囲には、みすぼらしい貧乏学生に見えたことだろう(実際極貧だったのである)。これが大阪になると、小雪がちらほら舞う程度で寒さを感じない。いかなご漁の解禁を聞くと本格的な春到来であるが、本年は不漁のために高値らしい。しかしながら、今、日本で一番寒い地方はどこかと言えば、沖縄の名護市だろう。結果を嵩に、政府はどしどし名護市民だけでなく、沖縄の人びとを居丈高に翻弄し続けるだろう。経済(金)で選挙に負けたのだが、沖縄の軍事基地化は愈々進展してゆくのである。これもまた、本土のヤマトンチューによるウチナンチューへの差別の有り様なのである。明治維新の約150年以来、ヤマトの差別に対するウチナーによる受忍に、忸怩たる思いである。沖縄の怒りがいかほどのものか、呵責を覚えるのである。アキサビヨー、沖縄の独立解放の鐘が鳴っているのかも知れない(これこれも参照)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

『葦折れぬ』を読んで

Dnh06t8uqaavzng 戦後間もないころに創業した大月書店の第一冊目の書物ということである。これがベストセラーとなり、出版事業としての礎となったということである。『葦折れぬ』は、多くの青少年少女に好感され、早乙女勝元や郷土史家の田中欣一等も愛読書となったようである。この書を知ったのは、「信毎」(長野県人は信濃毎日新聞のことをそう呼んでいる)で、千野敏子の軌跡を紹介する記事に触れたからなのであるが、一度読んでみるかと図書館から拝借したのである。夭折した信州の一女学生の手記である。旧字体・ひらがなの文章を読むことは久し振りであり、太宰治全集の読破で慣れ親しんだこともあって、仙花紙様のこの原本を新鮮な思いで読み進めたのである。この「真実ノート」の大部分は女学生時代の記録で、時代は太平洋戦争の渦中に相当する。戦時下に人々はどんな思いをしたのか、という関心もあったのである。冒頭から「私は戦争をあさましく思ふ世の反逆者である」(p8)と書き記して、「私は未だ曾て祖国愛と言ふものを感じた事はない」(p44)とも自己規定しているのであるが、戦後直後の読者には驚異に受け止められたのであり、敗戦に伴う驚天動地にあっては、ノートの中とは言え、戦時下にこのように表明されていたことが支持されたのである。戦争中の青少年少女にあっては、大概戦意高揚に流されていたのであり、それは高学歴な人間ほど狂信的だったのである。しかしながら、千野敏子が完璧な反戦主義者かと言えば、そうとも思えない言説が随所に見られる。真実を追求するあまり、観念的で自己狭窄的になってしまっているのである。だから、「戦争に対して不平を感じることはなく」(p12)、日米開戦の報に「人一倍血湧き肉躍り」(p82)、生徒を伴って出征兵に感激したり、「涙の出さうな衝動」を覚えていたのである(p151~152)。文学的・哲学的な感傷は、戦前の青少年少女に遍満していたのであるが、それはひとえに貧困と飢餓の生活が滲透していたからと推察される。そのような限界性と制約性が見られるとは言え、その時代に自己欺瞞を唾棄し続けた彼女の信念に瑕疵があるとは思えない。千野はノートに「暗黒時代に生きてゐる自分が哀れな気がする」と表白しているが(p193)、その書の跋において藤森成吉が述べたように(p253)、彼女は典型的な時代の犠牲者と思われてならない。小学校教師として、彼女もまた貧窮の配給生活の中で、終には教壇に倒れて栄養失調で亡くなったのである。享年二十二歳。
 これを読むと、嘘と欺瞞、無知と無恥の野郎がこの国の最高権力者となっている事は、全くの皮肉と言わなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

昭和っ子の本

33633868 『昭和っ子の朝焼け』の「昭和っ子」とは、昭和(20年代後半~)30年代の子供のことであり、この民俗学的な著述は、その時代に生きた子供達の生態をいきいきと書き取ったものである。筆者がその「あとがき」で記されているように、史誌や研究書など無数にあるのだが、「生活者本人が自らの実体験を広範かつ具体的に記した」ものは殆どない。自分史の作成がひと頃流行ったのであるが、ほぼ自慢話ばかりで民俗学的資料としては無意味なものが多い。そして、「わずか六、七十年前の近過去がどんどん分からなくなっている」(p317)のである。歴史から学ぶというが、現代人はほとんど歴史から学ぶことが不得手なのであり、学ばない。思考することなく、リア充から逃亡し、実体験から学ぶ健全な価値観を形成することなく、ネットでストレスを発散し、個人情報がダダ洩れにも関わらずにネット世界の餌食になっている青少年に対し、若い親たちも影響されて理不尽な大人たちが増えつつある。この辺の分析は少しくなされていないという意味で、いかに無駄な本が上梓されているのか知れない。この著作は、詳しく知られていないその時代を見事に描写されていて書店の店頭で発見してすぐに購入してしまった次第である。その時代に生きた子供たちの感情も明らかにしていて、待望の書だったのである。

 暑い日中は避けて読書に勤しみ、夕方に草刈りをして、ミニ白菜を播種した一日であった。ミニ白菜は、娃々菜といい、例の信州山峡採取場の種で、道の駅信州新町で購入したものである。14粒入りで100円でしたので、試行栽培としては適宜でした。この道の駅は、新鮮野菜・山菜と西山地方の美味しい豆や蕎麦がおススメです。訪問した時は燕の子育て期にあたり、庇では、親が子への餌やりや見張りなど甲斐甲斐しい働きぶりで飛び交っていました。とても田舎らしいのんびりとした道の駅で、余分なものがなく、リラックスできます。蕎麦目当ての人も多いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

写真集を読み解く

2017072111410000 兎に角暑い。冷涼な信州である筈であるが、朝から気温がぐんぐん上昇して、日中は家内で過ごすこととなるのだが、正午前に所用の帰途、田んぼに寄ってみた。分蘖途上でいよいよ中干しに入るのだが、これが難しい。隣の精農家の田んぼは中干しに入っている。教科書によると、最高分蘖期で田植え後60日である筈なのだが、様子を見ながら経験を重ねる他はない。畑では、それなりに収穫できているのだが、シソの葉の栽培は失敗して、直売所で購入して、本日、白梅酢の上に投入した。梅漬けではなく、梅干しの作業は続いているのである。後は天日干しである。年金だけでは到底生活できないので経済活動をしなくてはならないのであるが、田畑の見回りをしながら様々に思念していることである。今年は野菜の生産を中心として工夫しながら栽培している。
201706191642214388 いき出版のこの写真集を一つ一つチェックする。解説はどうでもいいのだが、写真が語る昭和の分析である。漸く、高度経済成長のまでに至りついたのだが、この所、身心だけではなく、脳の方も呆けてきて、寄る年波は如何ともし難い。理解できたことをメモ風に書き残しておく。
①大正時代まで脱穀は千歯こきを使い、昭和になって足踏み脱穀機を使用し始めた。大正時代まで、江戸時代そのものの農業であって、手作業の稲作が慣例であった。
②キャベツの栽培は戦前にも行われ、甘藍(玉菜)と呼ばれていた。
③養蚕王国・信州の端緒は江戸時代初期であった。
④戦前は国民服と割烹・モンペであり、戦後になって若者から始まって洋装が広まった。
⑤戦後、歌謡と演劇の青年団活動が盛んであり、生活改善と農業技術改良から、菅平硫黄鉱害反対運動浅間山米軍演習化反対運動へと政治化したが、青年の都会流失によって運動はやがて消失した。
⑥昭和30年代には、養蚕・畜産・果樹などの複合経営であったが、機械化の流れの中で、耕運機や脱穀機などの普及したのであるが、所得格差の拡大によって農業は衰退の一途をたどることとなる。以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

都市のまやかし

2017040912060003 梅の花が満開となり、朝からの菜種雨が止んで桜の開花となっている。都会では満開、もしくは散り始めとのことであるが、当地では漸く春到来である。猫の額のような畑を整理して、とう立ちした白菜 の菜花を、天ぷら蕎麦に投入して試食する。これは農園を営む者だけの味わいである。柔らかくて、ほろ苦さを感じない、ほんのりとした甘みが口腔内に広がり、春の味わいである。

 植木屋の 幟や増えて 春来る

 この本の中で、野坂昭如は長野市に、都合、六回訪ねたことを記している(p119~130)。1975年のことだから、高度経済成長期を経てオイルショックの端境期で、農家は兼業化が進み、三ちゃん農業から母ちゃん農業へと進展し、農村が激変した時期である(この農村医療記を読むと、当時の農村・農民生活が垣間見れる)。当時はまだ農業人口は750万人ぐらいであったが、今では200万人を切っていることだろう。60年前のそれの10分の1であり、激減といってよい。駅前通りはシャッター街となり、農村は耕作放棄地が増え、都市は労働力(人)と食料とカネを地方から飲み込んで成立しているのである。そして、都市生活者の保守化である。これが持続可能な社会ではないことは言わずもがなである。その稿の中で、野坂は二つの提案をしている。農民による食糧出庫拒否と、農業を婦人に委ねよというものである。これは実現性が薄いのであるが、彼は農業指導者研修会の講師として発言した後、エノキ栽培やリンゴの集荷発送センターを見学して、農業生産の大変さや都市生活者の無理解を感得している。また、地元の婦人三人と懇談している。そして、この農業危機に及んでは、「もう女に渡しちゃった方がいいような気がしてくる」(p127)と吐露している。婦人には飢えは無縁だからである。「都会に住んでいる者は、何かとてつもないトリックまやかしにかけられている」のであって、「そのまやかしは農村に対するよりは、はるかにひどいような気がする」(p130)と文末を締め括っている。けだし、至言と言わなければならない。

 クラーセンさんの訴えにも傾聴してみてください。
 http://afriqclass.exblog.jp/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

闇市派の農業論

33568994 野坂昭如は、2015年の年末に黄泉に旅立っている。この刊本は、焼け跡闇市派として、農業に関して、(特に都市生活者の)日本人に対する、歯に衣を着せぬ警世書である。アベ・日本政府が掲げたTPP法が、トランプ米国大統領の出現によってあえなく潰(つい)えたのだが、今後は日米による二国間貿易協定(FTA)へと推移してゆくことなるだろうが、これは日本の農業の崩壊に直結する問題である。野坂の論旨は、タイトルにあるように極めて明快である。農業に関しては、この本の中で、興味があったのは三点ある。一つは、彼が都市生活者の思い上がりを指弾していることである(p105~118)。都市生活者には「農民を切り捨てる考え方がひそんで」おり、「今の農村、農民のおかれている、いわば八方ふさがりの状態は、都市にすべての原因がある」として、一度飢えてみるしかない(p154)と直言している。現代の市場主義経済、もしくは新自由主義経済とグローバル化の淵源は前川レポートである(これも参照)。そして第二に、この前川レポートを指針とする中曽根内閣は、土光敏夫を財界から引っ張り出して第二臨調会長に据える。その結果が、民営化と規制緩和に邁進する、その「土光が始めた悪魔の原発事業」である。その国策に従って、東芝は非情な経営危機に至っているであるが、この野坂の刊本には、土光との喧嘩対談が掲載されている(p56~80)。1975年の頃だから、土光敏夫は経団連会長(=財界総理)として辣腕を振るい始めた時期である。ところが、この対談を熟読すると、農業に対する土光の無知が暴露されているのである。彼は肥料仲買商の次男として岡山市の近郊に誕生して、都会に出て技術者として出世街道をひた走るが、「中学までは親父を手伝って百姓やっていた」というが、これは少し怪しい。嘘が混在しているのは権力者のやり口である。土光の発言の中で、「農村問題としての面から見ると、いまはもう地域社会というものが破滅してしまっている」(p58)という一点のみ首肯するのであるが、その問題を何ら追及しようとしてはいない。解決策として、効率的な農村ができるように農業基盤の整備をして、その地域に工場などをミックスさせるという、ありきたりの提唱をするだけである。何のことはない、形を変えた日本列島改造論である。「めざしの土光」、「無私の土光」と称される人でも、言い訳と開き直り、自負と自画自賛で対談は終了している。第三に、何と野坂はこの川中島平を訪問して、講演と、農業婦人三人との懇談をしているのである(p119~130)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧