信州学事始

2017年7月31日 (月)

昭和っ子の本

33633868 『昭和っ子の朝焼け』の「昭和っ子」とは、昭和(20年代後半~)30年代の子供のことであり、この民俗学的な著述は、その時代に生きた子供達の生態をいきいきと書き取ったものである。筆者がその「あとがき」で記されているように、史誌や研究書など無数にあるのだが、「生活者本人が自らの実体験を広範かつ具体的に記した」ものは殆どない。自分史の作成がひと頃流行ったのであるが、ほぼ自慢話ばかりで民俗学的資料としては無意味なものが多い。そして、「わずか六、七十年前の近過去がどんどん分からなくなっている」(p317)のである。歴史から学ぶというが、現代人はほとんど歴史から学ぶことが不得手なのであり、学ばない。思考することなく、リア充から逃亡し、実体験から学ぶ健全な価値観を形成することなく、ネットでストレスを発散し、個人情報がダダ洩れにも関わらずにネット世界の餌食になっている青少年に対し、若い親たちも影響されて理不尽な大人たちが増えつつある。この辺の分析は少しくなされていないという意味で、いかに無駄な本が上梓されているのか知れない。この著作は、詳しく知られていないその時代を見事に描写されていて書店の店頭で発見してすぐに購入してしまった次第である。その時代に生きた子供たちの感情も明らかにしていて、待望の書だったのである。

 暑い日中は避けて読書に勤しみ、夕方に草刈りをして、ミニ白菜を播種した一日であった。ミニ白菜は、娃々菜といい、例の信州山峡採取場の種で、道の駅信州新町で購入したものである。14粒入りで100円でしたので、試行栽培としては適宜でした。この道の駅は、新鮮野菜・山菜と西山地方の美味しい豆や蕎麦がおススメです。訪問した時は燕の子育て期にあたり、庇では、親が子への餌やりや見張りなど甲斐甲斐しい働きぶりで飛び交っていました。とても田舎らしいのんびりとした道の駅で、余分なものがなく、リラックスできます。蕎麦目当ての人も多いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

写真集を読み解く

2017072111410000 兎に角暑い。冷涼な信州である筈であるが、朝から気温がぐんぐん上昇して、日中は家内で過ごすこととなるのだが、正午前に所用の帰途、田んぼに寄ってみた。分蘖途上でいよいよ中干しに入るのだが、これが難しい。隣の精農家の田んぼは中干しに入っている。教科書によると、最高分蘖期で田植え後60日である筈なのだが、様子を見ながら経験を重ねる他はない。畑では、それなりに収穫できているのだが、シソの葉の栽培は失敗して、直売所で購入して、本日、白梅酢の上に投入した。梅漬けではなく、梅干しの作業は続いているのである。後は天日干しである。年金だけでは到底生活できないので経済活動をしなくてはならないのであるが、田畑の見回りをしながら様々に思念していることである。今年は野菜の生産を中心として工夫しながら栽培している。
201706191642214388 いき出版のこの写真集を一つ一つチェックする。解説はどうでもいいのだが、写真が語る昭和の分析である。漸く、高度経済成長のまでに至りついたのだが、この所、身心だけではなく、脳の方も呆けてきて、寄る年波は如何ともし難い。理解できたことをメモ風に書き残しておく。
①大正時代まで脱穀は千歯こきを使い、昭和になって足踏み脱穀機を使用し始めた。大正時代まで、江戸時代そのものの農業であって、手作業の稲作が慣例であった。
②キャベツの栽培は戦前にも行われ、甘藍(玉菜)と呼ばれていた。
③養蚕王国・信州の端緒は江戸時代初期であった。
④戦前は国民服と割烹・モンペであり、戦後になって若者から始まって洋装が広まった。
⑤戦後、歌謡と演劇の青年団活動が盛んであり、生活改善と農業技術改良から、菅平硫黄鉱害反対運動浅間山米軍演習化反対運動へと政治化したが、青年の都会流失によって運動はやがて消失した。
⑥昭和30年代には、養蚕・畜産・果樹などの複合経営であったが、機械化の流れの中で、耕運機や脱穀機などの普及したのであるが、所得格差の拡大によって農業は衰退の一途をたどることとなる。以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

都市のまやかし

2017040912060003 梅の花が満開となり、朝からの菜種雨が止んで桜の開花となっている。都会では満開、もしくは散り始めとのことであるが、当地では漸く春到来である。猫の額のような畑を整理して、とう立ちした白菜 の菜花を、天ぷら蕎麦に投入して試食する。これは農園を営む者だけの味わいである。柔らかくて、ほろ苦さを感じない、ほんのりとした甘みが口腔内に広がり、春の味わいである。

 植木屋の 幟や増えて 春来る

 この本の中で、野坂昭如は長野市に、都合、六回訪ねたことを記している(p119~130)。1975年のことだから、高度経済成長期を経てオイルショックの端境期で、農家は兼業化が進み、三ちゃん農業から母ちゃん農業へと進展し、農村が激変した時期である(この農村医療記を読むと、当時の農村・農民生活が垣間見れる)。当時はまだ農業人口は750万人ぐらいであったが、今では200万人を切っていることだろう。60年前のそれの10分の1であり、激減といってよい。駅前通りはシャッター街となり、農村は耕作放棄地が増え、都市は労働力(人)と食料とカネを地方から飲み込んで成立しているのである。そして、都市生活者の保守化である。これが持続可能な社会ではないことは言わずもがなである。その稿の中で、野坂は二つの提案をしている。農民による食糧出庫拒否と、農業を婦人に委ねよというものである。これは実現性が薄いのであるが、彼は農業指導者研修会の講師として発言した後、エノキ栽培やリンゴの集荷発送センターを見学して、農業生産の大変さや都市生活者の無理解を感得している。また、地元の婦人三人と懇談している。そして、この農業危機に及んでは、「もう女に渡しちゃった方がいいような気がしてくる」(p127)と吐露している。婦人には飢えは無縁だからである。「都会に住んでいる者は、何かとてつもないトリックまやかしにかけられている」のであって、「そのまやかしは農村に対するよりは、はるかにひどいような気がする」(p130)と文末を締め括っている。けだし、至言と言わなければならない。

 クラーセンさんの訴えにも傾聴してみてください。
 http://afriqclass.exblog.jp/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

闇市派の農業論

33568994 野坂昭如は、2015年の年末に黄泉に旅立っている。この刊本は、焼け跡闇市派として、農業に関して、(特に都市生活者の)日本人に対する、歯に衣を着せぬ警世書である。アベ・日本政府が掲げたTPP法が、トランプ米国大統領の出現によってあえなく潰(つい)えたのだが、今後は日米による二国間貿易協定(FTA)へと推移してゆくことなるだろうが、これは日本の農業の崩壊に直結する問題である。野坂の論旨は、タイトルにあるように極めて明快である。農業に関しては、この本の中で、興味があったのは三点ある。一つは、彼が都市生活者の思い上がりを指弾していることである(p105~118)。都市生活者には「農民を切り捨てる考え方がひそんで」おり、「今の農村、農民のおかれている、いわば八方ふさがりの状態は、都市にすべての原因がある」として、一度飢えてみるしかない(p154)と直言している。現代の市場主義経済、もしくは新自由主義経済とグローバル化の淵源は前川レポートである(これも参照)。そして第二に、この前川レポートを指針とする中曽根内閣は、土光敏夫を財界から引っ張り出して第二臨調会長に据える。その結果が、民営化と規制緩和に邁進する、その「土光が始めた悪魔の原発事業」である。その国策に従って、東芝は非情な経営危機に至っているであるが、この野坂の刊本には、土光との喧嘩対談が掲載されている(p56~80)。1975年の頃だから、土光敏夫は経団連会長(=財界総理)として辣腕を振るい始めた時期である。ところが、この対談を熟読すると、農業に対する土光の無知が暴露されているのである。彼は肥料仲買商の次男として岡山市の近郊に誕生して、都会に出て技術者として出世街道をひた走るが、「中学までは親父を手伝って百姓やっていた」というが、これは少し怪しい。嘘が混在しているのは権力者のやり口である。土光の発言の中で、「農村問題としての面から見ると、いまはもう地域社会というものが破滅してしまっている」(p58)という一点のみ首肯するのであるが、その問題を何ら追及しようとしてはいない。解決策として、効率的な農村ができるように農業基盤の整備をして、その地域に工場などをミックスさせるという、ありきたりの提唱をするだけである。何のことはない、形を変えた日本列島改造論である。「めざしの土光」、「無私の土光」と称される人でも、言い訳と開き直り、自負と自画自賛で対談は終了している。第三に、何と野坂はこの川中島平を訪問して、講演と、農業婦人三人との懇談をしているのである(p119~130)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

征清日誌と和歌

51dtwmk33l__sy373_bo1204203200_ 1894年(明治27年)7月22日の(従前の)日誌には、「この時我等兵卒の者は、朝鮮事件の急の電報が来たのかと思う」(p21)と書き残している。朝鮮事件とは、日本と清国との決戦が不可避となる豊島沖海戦前の急報であろう。朝鮮王朝には、既に日本からの最後通牒が送られていたのである。そして、直ちに王宮占領して手中にし、清軍掃討作戦で追撃し、豊島沖海戦勝利を待って平壌攻略へと進撃してゆくのである。信州の山村出身である山口にとっても、出兵が俄かに要請される事態なのである。ここにおいて、彼は件(くだん)の和歌を認(したた)めたのである。
 君の為 今ぞ死ぬ身を 思いしに
 又故郷の 花を見るらん
 これを意訳すると、「天皇陛下を奉戴するこの大日本帝国のために、たった今、死ぬ覚悟を固めたのであるが、再び古里・故郷の花を見るだろう(想像推量)」となるだろうか。前回、「決死の和歌を認めた」と皮相的に書き記したが、真実のところ、山口には逡巡があるのである。決死の覚悟であったならば、「今ぞ」でなく、「今こそ」と、より強調した表現をするべきだし、下の句では反語の係助詞を採用するべきところである。例えば、それでもイマイチの和歌ではあるが、
 君の為 今こそ死ぬ身 思ひけれ
 又故郷の 花や見るらむ
 意訳すると、「天皇陛下を奉戴するこの大日本帝国のために、死の覚悟を固めたのであるが、それは、故郷の花を再び見るだろうか。いや見ない程の強固な決意である」となるのではないか。何のことはない、本歌・元歌では望郷心の方が優勢なのである。これは後方支援の部隊員のためであるのかも知れないが、天皇制イデオロギーが農民兵士にまで浸潤できていないことの証左の一つであるだろう。近代国家として、出来立てほやほやの擬制国家だったからである。

 今日は、『信濃風土記』(NHK長野放送局編集、1979)ともう一冊を古本屋で安価に購入したので、のんびりと読み始めようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

征清日誌と軍歌

33026837 日清戦争前の農村社会は、江戸時代のそれと殆ど変化はなかった。明治維新から30年弱経過しているのだが、明治中央政府は天皇制近代国家の形成が急務だったのである。大日本帝国憲法(欽定)の制定(1889年)によって、臣民には納税と兵役の義務が課せられたのだが、天皇の親署のある教育勅語の発布(1890年)によって、事実上、三大義務として国民に捉えられ始めたのである。勅令は明治憲法に規定されてはいるものの、憲法から独立した天皇の大権として発布される命令だったのである。ちなみに、軍人勅諭はやはり天皇の命令として軍人に下賜した訓辞である。維新期に信州の片田舎に出生した山口袈裟治(1873~1965)は(従前)、二十歳に兵役義務に服し、近隣の名士などの送別を受けて、「陛下万歳、兵役諸氏万歳」と謁する中で出立し、赤羽練兵場に入営するのである(p8)。この頃の男子は、未だに小学校や兵役は必ずしも浸透していた訳ではなく、軍人の社会的地位も相対的に低かったが、山里の家に養子に入った山口にとっては、国家と養子先への義理として出征したものと思われる。だから、まだ若輩であった彼の表現が拙いとは言え、就役の慶びの言葉は見当たらない。寒村の中では、出征旗や「数十の国旗等、盛んに祝砲を放ち、送別員は山と為した」(p8)とあるが、皇民化教育も未熟で、未形成の在郷軍人会の見送りもなかったのである。謂わば、この時期によくあった出稼ぎ感覚に近いものであっただろう。しかしながら、この出郷と軍隊経験は、「差別なく公平な」軍隊内の生活を通して、国民意識の萌芽となったのである(『明治・大正の農村』、大門正克著、岩波ブックレット、p36)。実際、入隊した工兵第一大隊での生活は、教練や演習、靖国参拝、酒肴の下賜、外出での東京見物や面会の楽しみ、軍歌の奉唱、三大節や宮中行事の国家祝祭への動員などで彩られている。とりわけ、行軍の頻回には、「余は炎暑中の(十里余りの)行軍は今度は初めてで・・・非常に困難した」(p21)と珍しく弱音を吐いている。ところが甲午農民戦争を契機に日清戦争が開始され、彼は、敷島の和歌(本居宣長)の顰に倣って決死の和歌を認めているように思われる。
 君の為 今ぞ死ぬ身を 思いしに
 又故郷の花を 見るらん
 これは、本居宣長と「抜刀隊」等の軍歌の合作と思われる。この時代、明治政府は「君が代」を始め軍歌の創作によって忠君愛国思想の注入に励んでいたのである。とりわけ、日清戦争前後には、盛んに軍歌が作曲され、「敵は幾万」は最も広範に唄われていて、「抜刀隊」と併せて明治を代表する軍歌となっている(Wiki)。また後者は、以降自衛隊の現在まで、一貫して軍隊の行進曲として通用している(『日本の詩歌』別巻日本歌唱集、園部三郎、中公文庫)。園部は、「これらの(つきつめた気持を表現した)軍歌の大部分がもっていたヨナ抜き五音階が、その後のほとんどすべての基本音階となった」(p63)という卓越する見解を開陳している(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

都会は天国である

51bxjfhegjl__sx352_bo1204203200_ 前回のブログ投稿は大町市のことだったので、その続きをしてみよう。リオ五輪でバトミントン銅メダリストである奥原希望も大町出身であり、小説家である丸山健二も大町居住である。後者の方は十年来の不熱心の読者であり、前者の方はつい最近関心を持ったスポーツ選手であるから、大町にはそれほど熟知している訳ではない。実際、北アルプスの麓にある地方都市であり、積雪が多い地方柄であろうという観念しかなかったのである。同じ県内者がこの程度であるからして、県外者にとっては、(大町ってどこだ、安曇野なら見当がつくが・・・)、という程度であろう。また、大町が本当に安曇野であるかという疑問もあるが、大町市内の北部と南部では積雪量に雲泥の差があるそうで、南部が安曇野に掛かるということである。二人とも親が教師であることが共通している。ここ信州では、教師であることは一つのステータスであり、名望家として地域の役職を担うことの多い職業である。都会に出た時、そういう私も、出身が長野県と知ると必ず、「いい(美しい自然のある)所ですね」、「教育県ですね」と羨望の反応をいただくことがあったが、いわれる当の本人は戸惑うばかりだったのであるが、よく考えてみれば、彼らはイメージ先行の観念主義者だったのである。「観念的な人々にとっては都会は最適な土地である。自然のなかでの生活は精神よりもまず肉体を必要とする。問題なのは何を考えているかではなく、何をやっているかである」(p128)。この本は、安曇野の影の部分を批評しているものではあるが、そればかりではなく、都市と地方の問題をも浮き彫りにしているのであるが、むしろ、その方がテーマなのであり、それに気が付かない読者も多いであろう。でなければ、彼が引き続き居住している訳がないのである(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

黒岩六郎のこと

2016060411020000 何となく手にしたである。実は、この黒岩六郎という人物の名前は、時々、父母の会話の中で側聞したことがある。経歴を概略すると、1889年(明治32年)に貧農の子として共和村(長野市篠ノ井・共和)岡田に生まれ、12才で小僧として奉公(作男)に出て(これが当たり前の時代だったのである。人々は殆ど米を買えないほどで、その日暮らしの生活だったのである)、その後、化学肥料と雑穀を扱う商店を一家で経営し、更に、精米所を開店する。商いは順調に繁盛したのだが、昭和恐慌によって黒岩商店は借金を残して倒産するのであるが、精米所は残して返済に尽力し、銀行筋から預金・借財整理の仕事も加わって、無事に返済する。次に、株・証券の斡旋売買も始めて、不動産業に転じ、会社経営面でも戦争協力をして敗戦を迎える。戦後は社会党支部を結成し、県議を務め、民選の林虎雄知事を支えて県政に貢献している。県議は二期で引退し、再び不動産業に専念した後、家業を子孫に譲り、晩年は、太陽光エネルギーの推進と軍備全廃を訴える活動をしたのである。特に前者は、第四次中東戦争を始まりとして、1973年のオイルショックを契機に、ライフワークとして全精力を傾注し、十年間に渡って、時の首相を始め国会議員全員、企業やマスコミ、更に大使館までに、私財を投じて毎月千五百部という小冊子を送付し続けたのである。大変な精力を持ち合わせる人物である。この著作の後半部に彼の成果が記述されている。終生、社会党員であり、面目躍如の信念を貫いた人である。
 彼の生涯も多少興味があったのであるが、むしろ、私的な関心は、彼がその時代をどう見ていたのかということである。①明治政府による殖産興業・富国強兵政策は、皇民化教育と併せて、日露戦争後には、「満州大陸へ侵略の足場を着々とつくっていった時代」(p42)である。また、「国中の人々の生活は貧しかったが、青年や幼い者達までが志は高かった」(同)時代である。②敗戦まで、「地主層は日本の封建的支配を担う大勢力であり、農地と農民を、生産物の半分も年貢として取立てたばかりか、政治、行政、文化の面でも広い意味の支配をつづけていた」(p77)。③政党政治の腐敗の中で、「軍部が政権の中枢を握り」、農村不況の抜け出し口として、青年層に「満蒙へという言葉が流行り始めた」(p94)のである。④1930年(昭和5年)の農村恐慌は養蚕、製糸県である長野県を直撃した(p118)。繭価暴落、銀行倒産、教員給与不払い、欠食児童、娘の身売りなど農民・庶民の生活が成立しない状態となる。その中で日本は大規模な侵略戦争に突入してゆくのである。⑤彼は、戦後直ちに軍需工場を整理し、社会党員として知事選に奔走するのであるが、この時期は、「何としても、保守、官僚政治を倒さねばならないという熱気が、各地で溢れていた時代である」(p201)⑥戦後の「転換がはじまったのは、二十六年(ママ)の朝鮮戦争が終る頃である。戦前からの個人の意識では、三十年頃までも、物の考え方や風習なども(いい面でも、悪い面でも)ずっと残っていたのである」(p217)(経済成長後も、何も変わっていないとも言えるだろう)。
 以上が彼の時代批評である。彼は尋常小学校のみの修了で、様々な経験に加えて、知識は、専ら、新聞を眼光紙背に徹することによって獲得したものである(p137)。積極的に戦争に加担した訳ではない(消極的な協力)ことから(p187~p189)、戦後、順調に革新側として活躍できた素地があったのだろう。知識人によくあった転向がなかったのではないか(これも参照)。時代への洞察力があったと思われる(太陽光エネルギーの利用の主唱など)。平和主義者としての一代記となっている。古老曰く、「戦争を永久に放棄する平和憲法は、おしつけられたり、作文で出来たものはない筈である。命も財産も、肉親や恋人、多くのものを失ってさらに原爆を二度も身体で知った日本国民の尊い経験によって生まれたものである。最高の道徳であり、人類の至上の希望である。・・・軍備全廃は全地球に住む人類に対するわが国の責任であり、使命ではないだろうか。世界各国に平和憲法実践者として提唱出来る資格のある、わが国民だけと自負して行動をつづけていきたいのである」(p513、p333)と。翻って、現今の日本はどうなのだろうか。「積極的平和主義」を標榜して、有事を前提に改憲を企図し、嘘と出鱈目で糊塗しながら右翼宰相が日本を破壊しているのである。行き先は袋小路(デッドロック)である。必ずや、墓場の中で古老は憤怒の叫びを挙げ続けていることだろう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016年3月24日 (木)

風土の忘却

33024727 知らない間にこんな本が上梓されていたとは恐れ入る。昭和30年代を基準としているので、自分の経験から、その内容が実態に相合しているのかを今から精査してみたい。その時代を生きた自分の、後世に伝える責任も感じるからである。それだけでなく、共生した親の世代への責任でもあると考えている。ところで、一瞥の印象としては、旧長野市内や西山地方も総括されているので、己の関心事である川中島平の食風土としては不全と思っている。食は気候と生活に左右されるからである。また、これなくして伝統もないのである。近年のTVの気象情報を眺めていると、気象予報士による天気図や天候や気温などの説明に終始して、風土と歴史とは無縁な情報を伝えるばかりで、無意味な情報を垂れ流しているが、これには全くの不満を覚えている。他の誰でもいい気象予報士でいいのだろうか、という疑念を覚えるばかりである。その昔、NHKの新日本紀行という番組を、「社会」の勉強と興味から、ノートに要約しながら聴取したことが思い出される。「社会」は得意科目だったのである。そして今では、訪れていない都道府県が4県になっているのであるが、死ぬまでには制覇したいと願っている。それぞれの都道府県に様々な印象と感想を抱いているが、近年は、駅前やロードサイドなどのどこを訪問しても千篇一律な状況になっていて、特段の感想が抱かなくなっているが、それでも風土による人々の暮らしは千変万化である。それへの日本人の関心は希薄になり、外国と比肩してナショナリズムを扇情したり、東京一辺倒の無味乾燥な文化がメディア媒体で支配しているのである。それは、現今の政府官僚や学者などによる猟官狩りや財界人の社会的無関心などにも見られていることでもある。何一つ公約を実現できないアベという、「命を懸けたことのない」政権の成れの果ての日本である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

従軍日誌を読み解いて

33026837  明治時代の戦争に従軍した兵士がどのように思念していたのかを知るために、地元の図書館に並んでいた日誌を読み解いてみた。偶然に手にしたものである。1889年(明治22年)に大日本帝国憲法が公布され、翌年には、教育勅語の公布と第一回帝国議会が開会するが(1882年には既に軍人勅諭が公布されていた)、明治の政治運営は、藩閥専制の超然内閣であった。松方財政の下、寄生地主制が進行し、第一次産業革命もまた展開する。対外的には、欧米帝国主義のアジア進出の中で、日本と清国とが、朝鮮の主導権争いをして日清戦争に至る。日誌を記した山口袈裟治(1873~?)は、長野県戸隠村に生まれ、鬼無里村(両村とも現在長野市併合)の農家に養子として入っていた。二十歳のときに徴兵されて、日清戦争に従軍し、一旦帰郷した後、下関条約によって割譲した台湾守備隊に抜擢されて赴任し、無事に帰国して、除隊している。日清戦争従軍において、彼はどんな感慨を抱いたのか。前提として、彼は始めての徴兵であり、前線ではない後方支援の工兵であったということである。その日誌の特徴として、第一に、村の出征祝いや靖国参拝や軍歌の吟唱や本居宣長の敷島の歌を記しているが、特段の激しい天皇制的民族差別観を覚えていないことである。そうした出来事は、明治政府の天皇制イデオロギーの注入が不完全であることを証明するものであると思われる。無論、日清戦争の過程で、勅諭奉読を日記に出来事として記しているのだが、それに関する感慨は片鱗も感じさせない。また、大連攻略に際して初めて、「実に我天皇陛下の御陵威とこそ申すべし」(p35)との記述があり、酒や煙草の下賜(p35)などの表現があるが、それは日清戦争の勝利が確定した後のことなのである。本居の敷島の和歌は、山口袈裟治にはどう捉えられたかと言えば、天皇への忠誠心ではなく、望郷心だったのである(p24)。そして、勝利を確信する過程で、「臆病豚尾漢」(p34)という対中国への差別意識が形成されてくるのである(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧