アフリカ

2017年10月16日 (月)

バッタを倒すのは誰か?

2017100915270000 嫁さんに自家野菜の味を尋ねると、野菜の味が濃いことに納得してくれた。してやったりという思いである。スーパーなどで購入する野菜は、F1種の播種により均一で、農薬で虫食いもなく、化学肥料の多投により肥大化するであるが、概して生産者からすれば安値である。味は薄くて野菜独特の匂いもなく、はっきり言えば、石油で作られている。そういう野菜を食べてばかりいると、アレルギー体質になることは必定(このことは科学的には確定していない)であるのだが、ブヨブヨのさしが入った霜降りの人気に翳りが聞かれるように、野菜本来の味に回帰してほしいものである。自家野菜は、無農薬のために虫などに齧られ、ほぼ無化学肥料のために成長は緩慢であり、販売するには不適というデメリットがあるのだが、自家野菜としては過分である。この醍醐味は自作でしか味わえないものである。耕作放棄地が激増する時代にあって、家庭菜園やベランダ菜園ではなく、国民全体が自作農になる道(自作自食)という選択肢もあるのである。そうなれば、金があっても喰えない時代も夢ではないのである。兵糧攻め戦略である。

33602048 するすると読める本に出合った。バッタ博士の奮闘記である。儲かる仕事ではない。オーバードクターという言葉にあるように、日本では多くの才能が道端に廃棄されている。政治的意図もあり、大した権威でもないが、今後ノーベル賞など期待できないだろう。だって、こんな政治だもの。権力は無批判な無能者に掌握され、戦後の民主主義は幻影となり下がり、いざとなれば強行採決され続けてきたのである。戦後一貫として支配を続けてきた政党は、最高法規としての憲法を死守するつもりは全くなく、むしろ改悪を党是としている。対米従属の施策とグローバリズムに憑依されている始末である。そして原発再稼働・原発と武器輸出に邁進していて、極右政党そのものになっているのである。元々がそうなのだから。だから、そんな政党政治は何れ破局となるのは必然である。高々3割の、イカれた政党支持者によって人々が道連れとされるのは真っ平なのだが、無党派層が投票行為として動かなければ、石油によって生産された無味な野菜を齧り続けるより他はないだろう。もう一つは、日本という国家からの逃亡である。憲法改悪が目前に切迫している。今次の総選挙は歴史の結節点となる選挙なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

アキレスの在り処

20131113144208  田畑の仕事は大概終わり、人参と大根の収穫を残すのみである。付近の紅葉が進行して、ふじリンゴだけが赤く染まって収穫を待っているだけである。家内では炬燵が準備された。生来の怠け癖がある者としては、当然のごとく、炬燵でうたた寝をすることが多くなる。が、このところの反動的な政治攻勢が、日本版NSC法案や特定秘密保護法案などの法制化、原発被害隠し、TPPの推進、消費増税、教科書検定や道徳科目への政府介入、自衛隊の戦力増強、東京都の朝鮮学校補助金停止など、時をおかず、具体化している。しかしながら、こんなことは予想されたことであって、何ら驚くに値しない。米国を含む世界各国の首脳や平成天皇すらにも忌み嫌われている首相を戴いている日本人とはいかに、と思うだけであるが、ハッキリしているのは、自・公の得票数を算出すれば、日本人の大半は自・公政権に反対なのである。直近の参院選でも、投票率×得票率を見れば、二分の一×二分の一=四分の一で、自・公政権の支持は3割にも満たないのである。必要なのは、言いだしっぺと「攻勢」を食い破る行動であって、いとも簡単に打倒できるのである。

32479179  アフリカを形容する言葉には、「未知の大陸」、「暗黒大陸」、「野生王国」、「人類の揺籃地」、「貧困と紛争の地」、「絶望の大陸」、「資源大陸」、「資本主義のラストリゾート」、「ビジネス大陸」などがある。21世紀に突入して、いつの間にか今や、世界経済はアフリカに集中しつつある。実際、サブサハラの経済規模は、数年後にはインドやASEANを追い抜くと予想されている(『アフリカビジネス』日経BPムック、p20)。この本の編者たちは、JICAの関係者なので、政府系の開発援助を担っている人々である。したがって、その論点は、アフリカ人は元々人間中心主義であり(p8)、分散的社会(エスニック・アイデンティティ)を形成している(p344)という基調内容である。分かりやすく言えば、ありきたりなアフリカ観を読み取れるであろう。タイトルは、確かに『アフリカから学ぶ』とあるが、やはりと言うべきか、おさらいとしては有効であろうが、当のアフリカ人の生の声が聞かれないことが歯がゆい内容となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

『サンダルで歩いたアフリカ大陸』

20131017154443  脱穀は、息子の加勢もあって14日に終了しました。今年の稲作は、肥料過多のために難儀しました。落穂拾いの手間が甚大でした。予想通りとは言え、少しショックでした。それで、嫁はんに「人参(を掘ってきて)!」と強制されて、試し掘りをしたところ、それなりに成育していて、これなら販売できるほどの出来だな、と安堵しました。今年は、人参には集中して手間をかけたからな、という自負がありますから、それに応えてくれました。米と人参にはそれなりに拘りがあります。母親の料理に多用されていたからです。その所為なのか、この歳になっても乱視にもならず、読書が苦にならないことがあるからです。人参は、煮物や炒め物だけではなく、味噌汁(当地では「おつゆ」と呼ばれました)の具として、汁の中に必ず顔を覗かせていました。近視ということ以外、これという支障もなく、健全に近いのは母親のお陰と感謝する次第であります。

32940220  実は、この私も、普段は靴を履かずにサンダルで外出することが多い。糧を稼ぐためにも多用していた。スニーカーなどは、足が窮屈で履く気にならない。このサンダルが、「アフリカの伝統衣装だよ.誇りみたいなもんだ」と云ってもらえるとは、まんざらではないな、という思いである。この本の序章にある「等身大のアフリカの人々を見つめ、対話を重ねながら、歴史や過去を歩み直す作業」(p.ⅸ)は成功している。アフリカ研究の第一人者の開発経済学者の予想は外れ、図表や資料ばかりで訳知りのグローバリストの言辞など何の意味もない。グローバル化もしくはグローバリゼーションとは、搾取と収奪の言い換えに過ぎない。金融・投資ビジネスをアフリカにおいて許さないことがアフリカの繁栄の基礎である、と思う。米国の債務危機をはじめとして、先進諸国が軒並み経済危機に陥っている中で、それに犯されなかったことがアフリカ経済の回復を実現できた理由だからである。ポール・コリアーが「国家としてのアイデンティティー」がないとして余計な心配をするのは、本来のアフリカニズムには相応しくないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月26日 (木)

抵抗か開発か

20130925101845  平日の休日。朝寝して、体調悪く通院途中で仰ぎ見た秋の空。陽気は良いようですが・・・。それから帰宅して口にカレーをかき込んで、しょぼしょぼと読書に耽り、夕方になると田畑の様子見に出向く平凡な一日を過ごす。政治の話題はすまい。どうもこのところ、不審な動向が見られる。ネットを使用すること自体が捕捉されているようなものだから、何食わぬ生活をするのがいいらしい。

20130925174532  ところで、肝心な『新・現代アフリカ入門』の感想を放置しているので、今回はこの本について記したい。前回の『経済大陸アフリカ』と併読すると現代アフリカについての理解が一層深まる。全く相反する立場からの新書同士だからである。本書の狙いは、「南北関係の中のアフリカの立ち位置を描写し、その課題、その展望を明らかにしてみること」(p.ⅴ)である。メインは、副題に「人々が変える大陸」とあり、終章の「(アフリカの)人々が変えるアフリカ」である。現実のアフリカは、「資源のアフリカ」でもあり、「消費財市場のアフリカ」でもある。その二つを媒介するのはPOBビジネスであると思う。グローバリゼーションの中で、どこまでも収奪されるアフリカであることは間違いない。主権回復のために、「考え、戦う市民を一人でも多く作っていくこと」(p246)という主張は、怒りを抑えた著者のぎりぎりの抵抗でもあるように思われたのである。ただ、学者が書いた本にしては、情緒的で記述が雑であることは否めない。尤も、平野氏のような脳天気な経済開発主義者よりはマシと思われるが、アマゾンの書評では後者は高評価である。人の痛みが分からない日本人が増えたということである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

グローバル下のアフリカ

32869103  アフリカについての関心は、元々、農業の視点とアフリカ人との親交体験に由来する。その学びは遅々として進まず、アマチュアの領域を脱していない。しかし、機会があればその地を訪問したいと考えているが、一体、いつのことになることやら・・・。
 そんな訳で、ふと手にした本がこれ著者によれば、2003年の資源高騰により、サブサハラ・アフリカは様相が一変していると言う。キーワードは「アフリカのグローバリゼーション」である。中国のアフリカ進出がその契機ということで、第一章がその攻勢のあり様に割かれている。しかしながら、著者はそのことを否定的に捉えていないことがおもしろい。また、開発の政治経済学を評価しながらも、今はむしろ、企業活動に注目するべきだという主張もおもしろい。「アフリカ経済の主役はグローバル企業になった」(p219)と今世紀のアフリカ経済を展望している。アフリカ人の携帯所有率が6割以上になっている事実にも象徴されている。グローバル化は、「所得不均等化」すなわち貧富の拡大を招来しているが、それはアフリカだけでない、と述べて、国民経済をその流れの中にいかに位置づけていくのかという(21世紀におけるナショナリズムの課題の)回答が「市民社会」というのでは心許ない(p260)。ちなみに、著者は、日本企業がグローバル企業として「多国籍化にたえられる理念」(p278)を持つようにアドバイスしている。アフリカとの関係において、「相互利益」を実現するグローバルプレイヤーとなることの必要を訴えて結論としている。全般的に図表を駆使していて論旨明解である。また、その論述範囲もひろく、パースペクティブにアフリカを理解したような気になる。ビジネスマンにとっては、この本は、その活動のために「裨益」するものとなるだろう。更に、内容の豊富さと比較すると圧倒的な廉価本である。しかしながら、肝心なアフリカ人側からの主張がまるで見えてこないのが最大の短所であり、それは他の書誌に拠るしかない。加えて、アフリカ農業についても不明であることも分かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

アフリカの歴史と現状

20130825105421  漸く開花が終了したようで、約一ヶ月後には落水して、刈取は十月初めになりそうである(出穂から40~50日後の稲刈り)。登熟期に突入したというところだろうか。本来、ここで実肥を施すところだろうが、間断灌漑を繰り返すのみ。やや茎が徒長気味なので、倒伏が恐い。もっとも収穫量のハイレベルを追求していないので、例年稲藁を裁断して農地に戻して、事前に多少肥施すのみである。やはり倒伏するのが恐い。嬉しいのは、川中島白桃の旬の時期で、甘い桃をたっぷりと味わえることである。

32878321_2  人類の揺籃地=アフリカに関する文献は近頃続々と上梓されている。また日本政府は、国連や悪名高い世界銀行と共に、5年に一度アフリカ開発会議を開催している。欧州や中国に伍していくために、構造調整と称して、アフリカを食い物にする大国同然のやり方を模索しているのである。そもそも日本人はアフリカを知らない。高校時代に学んだ世界史は欧米中心史観に満ち溢れ、アフリカに関する記述はほんの数行であった。ヨーロッパのとの関連で捉えられたものであった。そして、この本もまた副題にあるように、ヨーロッパ世界との関わりという視点からのアフリカ観であり、勿論、アフリカ学の進展に伴って、イスラームとアラビア文化やアジアとの交流という学問的成果を取り入れているのだが・・・sleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

根底にある差別意識

32740662  表題の答えは鮮明な本である。先進諸国(多くは欧米)がアフリカの権益をめぐって分断統治しながらアフリカを利用しているからである(p126など)。パワーポリティックス(力の論理)ダブルスタンダードな正義にみられる欧米中心主義の犠牲になっているのである(p133~p136)。そして、私たち(日本人)がすべきことは、「アフリカの『自立』と『自治』を支援すること」であり(p154)、「アフリカの人びとを脅かしているあらゆるリスクを低減することに援助の最終目標を置くべき」であり、「同時に、現実にあるさまざまなリスクに対応する能力(レジリエンス)を人びとがもてるように支援すること」(p155)である。アフリカの大地溝帯(原料と鉱物資源)から目を離すことはできない。人類と大地の淵源であるこの地では、先進諸国の介入が凄まじいことが熟知できる内容である。また、これへの対処法も提言されて(第9章)、歴史的事実にも具体的に言及しつつ、現地活動に基づいて説得力のある著作であった。対して、『収奪の星』は机上の学者によるものである。その立ち居地は明瞭である。その根底にあるのは、アフリカ人を野蛮人とする差別意識と思われる。

20120714180544  遅きに失したとは思うのだが、とりあえず、トウモロコシと胡瓜と茄子とオクラを播種してみたが(苗は購入しない主義)、まあまあよく育ってきたかな、とほくそ笑んでいる。凝視すれば、草だらけの苗床ですなあ(笑)。雑草も味方にしての栽培ですので悪しからず。大きい草は抜いてマルチにします(ビニールマルチはしない主義)。支柱は既存のもので、誘引も稲藁を使います。可能な限り貨幣経済を利用しない主義(ホームセンターなどで買わない)。その他、アフリカ農業の混植やコンパニオン・プランツを採用する畑である。農薬の代用としては純粋石鹸水のみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

「左翼」的知識人の陥穽

32719865 この社会学者の本を読むと、畢竟、彼が愚昧なのか、自分が愚鈍なのかで、失笑してしまう。論理の飛躍や引用の牽強付会が甚だしく、アクロバットを見ているようだ(前未来の第三者の審級からの脱原発論というのも予想通りである)。こういう「左翼」的知識人が橋下のようなペテン師を跋扈させていると思うのだが、『世界』7月号では、彼を特集している。朝日新聞も岩波文化もひとつも左翼と思っていないが、呆れ果てて物申すこともできない。「維新の怪」は既に賞味期限が過ぎ、弊履のように切り捨てられようとしているのにも拘らず、反動も知識人もそこに蝟集し、マスメディアも文化人も狂騒している。消費増税と原発推進に舵を取る政府からの徹底的な召還、物質文明への不信と(日本)社会の衰退を甘受することが必要な時期なのかも知れない。

 先夜、偶然テレビを見ていて、アフリカ社会の映像を目にした(やっぱりテレビを見ているじゃあないか、と言われれば釈明の仕様がない。笑)。つい「アフリカに行ってみたいなあ」と呟いてしまった。嫁はんは無言でした。また奇矯なことを言い出したな、と思っているやも知れない。でも、本心なのです。きまって夏になるとこの「病気」になるようです。カネに余裕があったら実現するのだが。人間の本源的な、本来的なあり方が、まだまだ、アフリカ社会に看取されるような気がしています。死ぬまでに一回でも実現するのが今の夢でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

真の「構造調整」

32653918 世界では10億の人々が飢餓状態であり、その半数はアフリカに集中している。ために、一日に二万五千人が死地に追いやられている(p8~9)。この問題への関心は、スーザン・ジョージの『なぜ世界の半分が飢えるのか』(1976年、原著初版)という名著以来であるが、実は、読んでいない。多分、35年前に彼女が指摘した状況とほとんど何も変わっていないだろう。この本のサブタイトルには、「先進国の余剰がうみだす飢餓という名の人災」とあるが、今や、というよりは、当の昔から食糧はビジネスであり、国家戦略なのである。著者らは件のWSJ紙の記者であり、基本的な姿勢は透けて見える。いわゆる「緑の革命」の推奨であり、単なる食糧援助でなく、「国際社会の不均衡なパワーバランス」を正すという「良心」的な支援である。監訳者も緑の革命の支持者である。とはいえ、最も興味のあったことは、食糧援助の「鉄の三角関係」(p148)と知られる既得権への取材内容であり、アフリカにおける小農たちに関する記述であった。やはり、ジャーナリストだけに現状がリアルに理解できる。しかし、それだけである。「構造調整」(Structural Adjustment)に対しては、真の意味での「構造調整」でしかないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

アフリカ環境報告

20100627170752  先夜、近隣のスーパーで焼酎を買う序でに、魚売り場をチラッと見ると、好物のイナダ(ハマチ)一尾が397円で寝ていたので、(丁度給料後でした)つい衝動買いしました。刺身にして食した後、翌日は残りを煮て、丸一匹を消費させていただきました。久しぶりで美味しかったなあ。そして今日は、朝からグングン気温が上昇する酷暑で、水遣りをしてから、ひたすら蟄居して読書と惰眠を貪りました。

32310334

 寝転びながら読了したのがこの本。サブタイトルがアフリカ環境報告とあるので、アフリカだけの問題かと思いきや、地球規模の話である。アフリカの環境悪化は、著者の思いのように、「地球の限界」の先取りもしくは予兆とも言えるのかも知れない。将来、ライオンやサイなどの動物はアフリカで眺めるのではなく、各地の動物園で鑑賞するものになるのかも知れない。アフリカの自然は豊かで美しい。しかし、環境は確実にしかも加速度的に劣化している。温暖化と沙漠化の進行は激しい。これに人為的に棹差している現実を明らかにしている。新書のタイトルは、そのことを象徴させていてピッタリと嵌っている。さらにアフリカは、原油やレアメタルなどの資源を、政治腐敗や内戦などに乗じられて世界中から収奪されている。「アフリカの今後のカギをにぎるのは、農業の再建と食糧の確保」(p174)であるが、土壌劣化・侵食・流失や伝統的な農業技術の衰退と担い手である農民の流失もあり、さらに主食穀物の生産ではなく、植民地時代に持ち込まれた商品作物の栽培と輸出に型枠されてしまった。一次産品は価格の暴落もあり、外国企業によって買い叩かれている。例えば、コーヒー1杯330円の内、栽培農家の取り分は1~3%の3~9円だという。また、紅茶の茶葉を丸一日手取りしても、たった500円にしかならない現実である(p180~181)。驚きである。他にも、これ程までにと痛苦するような内容がデータを詳解しながら論述されている。最後に著者は、「アフリカに〈何ができるか〉と問う前に〈何をすべきではないか〉を考えるべきだと思う。そのあとで、目下もっとも必要な援助がどうしたらもっとも必要とする人に届くか、を考えなければならない」(p219)と提起する。問題は善意や施しで解決されるものではなく、また、「あとがき」にもあるように、人類の帰趨を決する問題と言わねばならないだろう。アフリカの中に、環境や農業や宗教や人口などの、人類が直面するあらゆる問題が凝集しているのである。分かりやすい記述で、アフリカについて知るとば口として読んでおきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧