食と農業

2017年1月15日 (日)

グルメ時代の危機

150x150_square_587797081 グルメ記事、グルメ番組・ブログが花盛りである。こんな時代になることは、端(はな)から分かっていたが、決して差別感情からではないが、女性の地位向上が寄与していると思う。女性は適者生存のために食への関心が強い。男性は馬鹿だから、空理空論を弄ぶ傾向がある。そして、女性の習性から男性は取捨選択され、結婚できない男が増える訳である。私は米やら野菜やらを自作しているが、卑近の女性から、「御飯が好き」という言葉を聞いた試しがない。パンやパスタが好きというのである。道理でこんな田舎でもパン屋が多い筈である。この根本的な差異は何なのだろうか、と考えたこともあるのだが、未だに分からない。「柔らかくて美味しい」と言うが、固いのは美味しくないのだろうか。スーパーに立ち寄ると、固い食材は殆どなく、あってもデンと商品棚に干からびて残っているのである。冷凍・冷蔵技術が発達したからかも知れない。受験生の時には、東京で生活して色々食したのであるが、旨いと思ったことは一度もない(大抵は塩分&カロリー超過で彩り悪い)。余りにも不味いので二度食い(他の食堂で再び口直しすること)したこともある。酷い所では食い逃げを警戒され、銭湯では無賃入浴の嫌疑をかけられ、やむなく二度支払ったこともある。一刻も早く東京を離れることを至上命題にしたほろ苦い経験がある。だから、すぐさま離京してしまい、大学生協などで胃袋を満たす日々が続くこととなった次第である。グルメの番組を見ていると、行列しているのが旨い店、或いは、予約が困難な店が旨いという評価があるというが、どうかしている、としか思えない。喰うことは大事なことではあるが、喰うことで慢心することは大事なことではないのである。むしろ軽蔑すべき事柄である。東京の番組ではマグロが重宝されているが(大阪では番組にならず、メバチ中心)、マグロは沖縄で食するのが良い。牧志市場の裏通りにはマグロ専門店が並んでいる。マグロの産卵地であり、冷凍ではなく、その日の新鮮なうちに山盛りで、旨い泡盛を傾けながら、存分に味わうことができるのであるが、そのことを知っているヤマトンチューは寡少である。宮本常一は父親から出郷の教えを授けられたという。曰く、「金があったら、その土地の名物や料理はたべておくのがよい。その土地の暮らしの高さがわかるものだ」と。関西では、行列は「金龍ラーメン」か「りくろーおじさん」位しか目にしたことがない。行列とあれば他の店に馳せ参じるのが普通である(帯広でもそうだった)。平均値が高いのである。第二に、東京の人間は肉食動物である。例えは豚には悪いが、豚のような顔をしている人間が食しているのをよく目にする。共食いである。最後に、殆どの人は野菜の旨みを知らない。いくら野菜が高いとはいえ、野菜を飾り物して提供しているレストランが高級と思われているのが分からない。バランスを考えてほしい。肉を食するために野菜があるのではなく、デザートも果物への配慮が足りない。アボガト?アホか、と思ってしまうのである。季節感を演出せんかい(完全に関西弁になっていますな。笑)、と見聞していて冷笑してしまうのが屡々である。やはり、食道楽の関西の方がレベルが高い。だから、在住の頃は、休みとなると懐に数万の身銭を入れて、外食に繰り出したものである(だから、未だに赤貧に喘いでいる。泣)。当然、二度食いすることはなくなった。政治風土としては三流であるが、やはり歴史と文化の上では関西は一流なのである(大正時代まで、大阪は日本一の都市だったことを知っている日本人はいまい。大阪の人すら知らない)。事実、近郊の農漁業の発達と市場規模のレベルでは、築地市場や大田市場では及ばないのである。春菊(関西では菊菜=食べる風邪薬)ひとつとっても、その差異は歴然としているのである。ちなみに、関西では、客が黙って清算したら、その店の味は劣悪である。ホントに旨かったら、関西人は精算時に必ず「旨かったわ。また来るわ」と付言するのが礼儀であり、実際、常連さんになるのである。それ程関西では、店舗同士の競争と栄枯盛衰は激しいのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

貨幣経済の陥穽

20130718083749 八時過ぎに田畑に出向いて作業と観察をして、やはり、余りにもの暑さと発汗のために、自宅に逃げ帰るdash。先日の酷暑とまでになっていないので日陰に入ると汗がスーッと引く。今年は畑作業は余りしていない(草取りばかり。sweat01)。ニンジンと胡瓜とオクラとサシミウリのみである。サシミウリは、川中島白桃に続く第二の川中島地区の特産品と位置づけられて、普及に努めているようである。JAファームで販売していたので、早速苗を購入して畑に。皮を剥いて半分に切り、種を取って薄切りにして、わさび醤油につけて食べるらしい(現在実が生育中)。より熟して粕漬けにすると良いらしい。ちょっと期待して育てている。しかし、瓜類はうちの嫁さんはいい顔をしない。次から次と実がなって処分に困るだけでなく、味もあんまり好きではないらしい。世間一般では、粕漬けの消費は落ちているということだが(胡瓜と比較すると栽培地も殆ど見ない)、さっぱりとした味は、夏には最適と思っている。そもそも、カネさえ出せば喰えると思っているあり方は、どうも解せない。そう思い込んでいる人がスーパーやコンビニを繁昌させているのだろう。元々、村落共同体では商品経済には無縁であり、よくあったお裾分け行為そのものは「贈与」だったのである。そしてそれは無償だったのである。コメだって購入したらあれこれと苦心する必要もないが、金を稼ぐのは労働力を切り売りする別の手段で、食料は獲得したカネで入手するという矛盾したあり方は、どうしても自分が許せない。資本主義社会である限り、近代国家体制である限り、本来のそうしたあり方は許されないものであるが、隷属を拒否しようとすればそうするしかないのである。国家が国民に要求する「自己責任」とは、国家の責任放棄の言い訳に過ぎないのであって、原義の自己責任とはそういうあり方なのである。それと同時に、相互扶助も成立しているのがあるべき社会なのである。国家が責任を取った試しは、歴史を回顧すれば、皆無であると思っているangry。今次の参院選では、くれぐれも詐欺政党に引っ掛からないようにしてもらいたいものである。尤も、自ら詐欺政党に引っ掛かる手合いも多数のようですが。いえ、決して鴨ネギとは申しませんが・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

空しさの行方

201211161517291 稲藁を切る作業をする。土に戻すためである。うちの田んぼは、他の田んぼと異なって雑草が茂っているだけでなく、努めて循環を目指している。きれいではないが、土地から強奪せず植生に添った農業を志向しているからである。有機農業にも批判的である。可能な限り、無農薬と無肥料を心掛けているが、別に現代農業を否定している訳でもない。自分は本来の収穫物を食したいだけである。だから、採算無視である。健康食品やサプリメントがテレビ通販で大流行であるが、ほとんどまがい物である。むしろ、人間の健康を破壊するものと言って間違いない。

32744436  「糖質とタンパク質の同所性」は食物連鎖のなかで食材を生産しようとするシステム(=食を通じた自然との共生)であり(p72)、その地域にあった糖質とタンパク質のセットは、グローバル化によって根本から破壊されようとしている(p221)、というのがこの本から読み取れた私的な結論である。殊更、主旨を探るのがこの本の狙いではないようであるため、ユーラシア大陸の農業研究をそのまま紹介している。日本人がパン食、肉食を始めてそれ程長くはないが、これは「地産地消」に反している。身近で麦の栽培はなく、牛や豚や鶏を育成している現場を目にしている訳でもないにもかかわらず、それが口に入ることに何の疑問を感じることがないことが不思議である。永田町や霞ヶ関に巣くう輩が国民生活を破壊しているのと同じである。加えて、三重の憲法違反の解散総選挙ということである。国民も「景気を良くしてほしい」、「消費増税をやめてほしい」などと要求している始末である。いつまでも、かつての願望を抱き、反省もせずに現状を肯定しているだけなのである。なるほどな、どっちもどっちだなと思うだけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

『ショック・ドクトリン』

32638125  とは云うものの、人は生きてゆかなければならない。『ショック・ドクトリン』では、フリードマンの新自由主義を根底的に批判する。曰く、それは「衝撃と恐怖」を駆使しながら、「三十年に及ぶシカゴ学派のあらゆる実験は、大規模な腐敗と、セキュリティー国家と大企業とのコーポラティズム的共謀の歴史だった」(p340)ことを明らかにしている。余剰資金は株式、通貨、不動産、穀物などの各市場を渡り歩きながら、常に危機と不安定を生み出しながら国家主権と人心を食い荒らす悪魔の思想なのである。格差の拡大や監視社会やグリーンゾーンを醸成して、「人口の25%~60%にも及ぶ国民を切り捨てる」(p590、645)ことに、世界の人々は漸く気付き始めている。にも拘らず、日本においては大手を振って闊歩している。日本に照準を当てているのかも知れない。アジア戦略に舵を切ったアメリカ政府の一環とも言えるだろう。イランとの二正面戦略なのだろう。財務長官が乗り込み、アメリカの意向を伝えている。「社会保障と税の一体改革」とは、社会保障を削減して財政再建と称して増税をし、中産・貧困階級から更に収奪する。と、こういう意味なのである。うつ病になど罹患している暇はないのである。Naomi氏は、「住民による自力復興」(p680)に希望を託している。精神的な掛け声ばかりの「絆」ではなく、「残り物(scrap)」を掻き集めて地域の協同性を創造することが必要なのである。国家など恃みにしないことである。

20120106130925 戸部のおたやで、例のように、小だるま二つと福飴を買い求めたが、家族の誰も飴を口にすることはない。口が肥えたのだろう。飴はもはやお菓子の範疇から外れたのだろうか。日本において、スナック菓子やアメリカ式のファーストフードが席巻し始めたのは、1970年代後半以降である。食嗜好が妻子と異なってしまうのはやむを得ない。ここでも市場原理主義は浸透しているのである。そうして、食と文化は改変しているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

真の「構造調整」

32653918 世界では10億の人々が飢餓状態であり、その半数はアフリカに集中している。ために、一日に二万五千人が死地に追いやられている(p8~9)。この問題への関心は、スーザン・ジョージの『なぜ世界の半分が飢えるのか』(1976年、原著初版)という名著以来であるが、実は、読んでいない。多分、35年前に彼女が指摘した状況とほとんど何も変わっていないだろう。この本のサブタイトルには、「先進国の余剰がうみだす飢餓という名の人災」とあるが、今や、というよりは、当の昔から食糧はビジネスであり、国家戦略なのである。著者らは件のWSJ紙の記者であり、基本的な姿勢は透けて見える。いわゆる「緑の革命」の推奨であり、単なる食糧援助でなく、「国際社会の不均衡なパワーバランス」を正すという「良心」的な支援である。監訳者も緑の革命の支持者である。とはいえ、最も興味のあったことは、食糧援助の「鉄の三角関係」(p148)と知られる既得権への取材内容であり、アフリカにおける小農たちに関する記述であった。やはり、ジャーナリストだけに現状がリアルに理解できる。しかし、それだけである。「構造調整」(Structural Adjustment)に対しては、真の意味での「構造調整」でしかないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

食糧安保論の蒙昧

20110913123625  暇さえあれば寝てばかりいます。身体もガタがきて肉体労働がきつい。仔猫の方が余程活動的なようで、餃子とミルクを与え、おなかが満足すると、遊びか排泄などのために徘徊します。雌猫なのでやや下半身デブになったようですが、食べ終わると腰をもっこり挙上するのは、猫そのものの特性なのか、この猫だけの個性なのだろうか。

32589465  中村靖彦という人のことについては何も知らない。奥付にある経歴程度である。タイトルからして食糧安保の話であることは想像に難くない。では、食糧安保(food security)とは何かと問えば、定義は分かるが、その内容は様々な問題や利害が錯綜していて、なかなか理解がし難いだけでなく、言及する政治家や農政官僚などの思惑があって幻惑されること、必定である。一番分かりやすく考えるためには、防衛問題と同列にすると分かりやすい。農水省の権益を守るために自給率向上を唱え、食糧安保が実は国益という観点からほとんど論じられているのである。この新書も同じである。特徴は、反中国の排外意識を煽る内容(p165など)や空想的な農地公有化論の展開(p66~)などに現れている。さすがNHK出身のジャーナリストである。しかしながら、民衆にとって国益などは何も関係がないと考えてしまえば簡単なことなのである。食糧輸入が途絶して困るのは、資本主義制貨幣経済に漬かっている都市であり、食糧危機の折には都市は滅亡するのである。いくらカネがあっても、海外から食糧を調達できないことも予想される。だから民衆はその備えをしなければならないし、東日本大震災と福島原発事故を経験したのだから、いい加減考えを改めた方が良いのではないか。「世の中で恐いものといえば、カネはあるが食糧のない隣人である」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

猫らしく、自分らしく

20110907062013  日の出前、サクサクと田んぼの見回りに出向く。朝露、高い空、清涼な空気、芒の穂、虫の音。台風一過で秋の装いである。明日は暦の上で白露である。しぶとく生きてますぜ。体幹が太り、すっかり猫らしくなって駆け回っています。何処かで餌をあさり、もしかすると蟲を食っているのではないかと思わせるほどに見かけないことがある。猫は単独行動が基本であるので、人間様などがくれる餌などには目もくれないことが多い。

20110907055506_2 どうも肥料不足、水不足のようで、昨年よりも籾殻が小さいようである。ほとんど感と片手間で栽培しているので味は保証できない。今ではコメの生産はコシヒカリ系が独占しているが、ひと頃のササニシキ人気は1993年の冷害・凶作で討ち死にしました。コシヒカリの新潟ブランド米が勝利しました(コメについてはこちらのweb参照)。が、他県も負けておりません。生産第一位の北海道山形や長野県など、次々と新品種を開発しています。長野県内のコメ作りは、やはりコシヒカリが四分の三で、これにあきたこまちが続きます。品種改良とブランド米作りに成功しているとは言えません。が、諦めたわけでもなく、「風さやか」を投入したようです。儲からない米作りも競争が激しいようです(苦笑)。ちなみに、我が水田では倒伏に強いキヌヒカリを栽培していて、ガッチリとしていて実の大きなコシヒカリ農家に囲まれた、物怖じしながらの米作りです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

「第二の敗戦」

32486285  自由貿易を推進する国際機関としてWTOがある。先進国と発展途上国(あるいは後進国)との利害の衝突を、先進国側から解決(利害を貫徹)する機関とも言えよう。その一環として、輸出立国としての日本は、当然の成り行きとしてTPP問題で、日本の農民や農業団体は鵜呑みを迫られている。TPPは実質関税自主権の放棄であり、農業を犠牲にして先進工業国としての経済成長を狙うものであり、太平洋領域におけるアメリカ主導の政治戦略である。韓国はFTA締結に積極的で、その戦略の軍門に下っている。TPP交渉役をまかされた前原誠司・前外相は、「日本のGDPにおける第一次産業の割合は、1、5%である。平均年齢は65、8歳である。1、5%を守るために98、5%が犠牲になっていいのか」と発言している。大手新聞の社説もその意向に添っている。「第三の開国」を謳う菅内閣もTPP推進であり、日本固有の経済的脆弱性ゆえ、参加は規定事項である。そして、福島原発の核爆発(メルトダウン)で被曝した日本は、早晩、「第二の敗戦」を経験するだろう(問題は3号機である)。この本の著者は、政府の「食と農林漁業の再生実現会議」有識者委員会の識者であり、同時にJAの主張に基本的軸足をおいているが、自由貿易主義の国際的潮流と「国益」という観点から、前者に押し切られるか、転向を迫られる可能性が大である。農業について概観するには、この本は入門的好著と言えるだが、いつまでも立場を鮮明にしなければ道筋も明らかにならないばかりか、解決の糸口も掴めないだろう。何しろ、相手(論敵)の狙いは明瞭だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

農業の行く末

20101020183626  北海道の親戚から、ジャガイモの便りである。イモ類は苦手だが、嫁はんと息子は大好きである。これからのシーズンは、我慢が続く毎日になりそうである(笑)。しばらくブログの更新を怠っていたが、とにかく生きています(笑)。寝たり、読書したり、仕事(時々田畑の見回り)という単純な日々である。勿論、睡眠時間が最も長いのは言うまでもない(笑)。

20101019122510  新米を消費している。やや、美味いかな、という自己評価ですが、それが何か、不都合でも・・・(実はそれほどの味ではない)。少し刈り時が早すぎたかな、という悔いも残る。ある農家の人によると、「初めてにしては倒伏せずに上手く作れたね」と感心されたが、それよりも耳目を引いた言葉は、「農業は儲からない。家庭菜園ぐらいでやるのが一番いい」という農婦の嘆息だった。現業の人ですら後継を推奨しないのである。農業ブームということで、企業も個人も新規起業・参入の試みがあるが、その失敗に関する統計や記述は伝え漏れてくることはない。これには三つほどの理由があるだろう。資本主義の発展とともに、農業分野はその犠牲(労働力人口の溜池や収奪の対象として)になったということであり、今後もそのあり方が貫徹されるということである。この対策として、いかに自然のなかの農業が楽しいということを喧伝しても、儲からないことでは誰も従事して発展することはないだろう。このことの分析はほどんど皆無である。だから、必然的に農業を六次産業化する試みが招来している。しかしながら、既に開始されているその試みのためには、資金力や設備投資などが必要なのであって、その協業化が鍵となるのかも知れない。そして、農業は楽しくなくなった・・・、では本末転倒と言うか、元も子もない。それとも、農業は現体制では生業となりえない、という達観するか(農婦の溜息は正しくそれである)である。ジレンマは続いて、歴史は経過しているのである。ちなみに、神尾春央本多利明の『西域物語』)は、「胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出るものなり」という名言(迷言)を残している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

爽秋の日々

201010111137231  11日に4時間程を要して脱穀をしました。昔と比べれば、機械化による恩恵に浴して、むしろ準備と後片付けに時間が割かれるほどです。めでたし、めでたし。初めての米の収穫です。とりあえず、初挑戦は成功したようです。新米をお望みの方は連絡してください。ただし、味は保証しません(笑)。収穫量は、籾で500㎏余りだろうか。まだ目方を計測していません。

20101013104712  爽秋の 小途に響く 声二人

 紅葉mapleを見るために上高地に参上。こんなに晴れ上がって山容が美しい景色は初めて、とガイドさんの声が高揚していました。確かに、大正池の湖面に逆さ写影される焼岳には魅了されました。中高年(自分もその一人でもあるがcoldsweats01)や外国人が多い中を素通りして、黙々と明神池に向けて回遊しました。紅葉狩りには少々早いようで、黄葉ということでしょうか。穂高連峰が冠雪される下旬が見頃でしょう。帰路は乗鞍温泉spaに浸かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)