経済・政治・国際

2017年1月25日 (水)

云々(でんでん)閣下へ

33359404 トランプ大統領就任ということで、いきなりTPP離脱署名というカウンターパンチを食らわせられた安倍内閣云々(でんでん)は、トランプ詣でに慌てふためいている様で、国会論議は相変わらずの茶番劇になっている。世界全体としては、右翼潮流云々(でんでん)が幅を利かせており、選挙戦の途中からトランプ当選は予想できたはずである。グローバリズムと格差の増大のため、エスタブリッシュメント(既得勢力)云々(でんでん)をこき下ろすことが右傾化を促進したのである。果たして、「民主主義」云々(でんでん)が試される変動期なのである。"We will make America great again"というトランプは、凋落したアメリカ人のプライド云々(でんでん)を刺激して、支持率調査の結果とは異なり、大いに歓迎されているのであるが、ビジネスマンとしての彼の信条は、根っからの右翼であり、その証拠に、欧州の右翼政党云々(でんでん)の歓迎を受けているのである。同類の「遅れた右翼宰相」であるアベは、会いたさ見たさ云々(でんでん)の「籠の鳥」になっている始末である。一方のトランプは、いの一番にイスラエル首相と電話会談し、血盟を誓って直接会談を約束しているのである。トランプの政策は、瑕疵云々(でんでん)があるが一見もっともらしさを伴っている所に肝があるのである。国家権力は、口をあんぐりと開けて混乱と陶酔と諦念云々(でんでん)を待っているのである。よく、歴史修正主義者は南京大虐殺について全否定する。これだけの物証と証言云々(でんでん)があっても全否定するのだ。彼らは屡々「自虐史観」と称して罵倒するのだが、自虐上等なのである。日本人が、自分自身と日本の歴史云々(でんでん)を対象化して相対化すること程、よい意味での人間らしいことはない。自虐したことのない人間を信用することはできないからである。その昔の宴席で、知人の爺さんの言葉を覚えている。酔いが回った所為なのだろう。下士官として中国大陸に派兵された体験を、後ろめたさを感じることなく、民間人を叩き切った自慢話云々(でんでん)を語ったである。彼は人望のある地方公務員ということだったのだが、一瞬宴会場が凍りつき、ほどなく何事もなく宴会は続けられたのである。戦争体験者の誰もが沈黙し開き直った歴史的事実を口走ったからである。久しぶりの著書を味わってみて、その相変わらずの三好節云々(でんでん)に感心したものである。「自虐こそ理性である」(p194)に特に反応したのであるが、使い古呆けた19世紀の超越論的哲学の理性云々(でんでん)というよりは、知的直観力というべきか。いずれにせよ、本年は混乱の予兆となる一年とみて間違いないだろう。無論、云々(でんでん)閣下に知的直観力がないことは疑うべくもない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年1月12日 (木)

貧乏上等

33519667 三島事件というのをご存じだろうか。当時幼少の私は、帰宅した際に兄から告げられて、「ついにやったか」という多少の興奮しかなかったが、兄は随分取り乱した様子だった。自分としては、文学少年であったために、新潮社の広報誌である『波』を読み続けていたこともあって、三島の自死については予想されたことであった。むしろ、その後の反応に興味があった。この時代錯誤の事件に、新左翼や全共闘は気後れと弔意を示し、右翼や文学界は才能への遺憾と弔辞を表明したのである。誰も彼も、そろいもそろって奇体な反応であることに失望したものである。日本の知識人も大したことないんだな、という感想である。事実、その後の文学の廃頽は進み、もはや自分もそうなのだが、趣味を読書などという粋人は皆無というべきである。これは別に、三島事件が契機であるというべきでなく、むしろ、三島事件を生み出すような文学界の有り様が生み出したのである、と断言してよい。今では、小説の類は全く読まない。何の役には立たないからであって、現実の力の方が文学よりは突出しているからである。実際、今期の芥川賞は誰かと問えば、殆どの衆人は知らない。それ程のことなのである。これは、文学界だけではなく、芸能界、マスコミ、学会、経済界、政界など、いずれの世界でも共通している傾向であって、とても慶賀すべきことである。この本の中では(p185~)、例えば、現代の支配的イデオロギーとして、「機会の均等」論や「自己責任」論や「努力した人は報われる」論や「トリクルダウン」論の四つが打ち破られるべきものとして列挙されている。これらはすべて日本政府によって宣伝・扇動されているイデオロギーであり、世界的にも流布されているものである。これ以外にも、「経済のグローバル化」論や「命の平等」論や「投票権の平等」論など、骨の髄までに遍満しているのである。著者は都市部の新中間層に期待を込めているのだが、それは以上の意味においては、三島由紀夫と同じように、夢物語であると言わなければならない。それ以外の確実な方途は、既に、今も、そして将来もあると言わなければならないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

真珠湾攻撃の再来

33502673 信濃毎日新聞(信毎)の今朝の「斜面」を寝ぼけ眼で読んだ。勤勉や分かち合いとは真逆のカジノ法案を急ぐアベ政権を辛辣に批判した内容である。「政治家がうそをつくのは当たり前」という「悪性のニヒリズム」が日本を蝕んでいると政権批判しているのである。これは、「農業情報研究所」さんが大ニュースと取り上げているのだが、この「悪性のニヒリズム」というのがポイントである。これはポピュリズムの裏返しである。首相の傘下には補佐官、秘書官、内閣官房参与など、ろくでなしが蜷局(とぐろ)を巻いているのである。この中で、内閣官房参与には国民のことなど毛頭念頭にないポピュリストが居並んでいるのであるが、その中の一人で小泉の秘書から首相秘書官にのし上がり、長野県政の参与と併せて、Wアベの参与として暗躍している人物がいる。この参与は、成果としてはゼロなのであるが、権力を嵩にして未だに政界を渡り歩いているのである。それにも懲りずに、松本歯科大学の特任教授にもなっていて、歯科大学で何を講義しているのやら皆目見当がつかない。思想信条が分からない。それはともかく、悪性のニヒリズムというからには、良性のニヒリズムというものがあるのかというと、それこそニーチェの克服なのであるが、ニヒリズムを誤解する人たちは、悪性のニヒリズム(無)に陥ってばかりなのである。だから、彼らは「生」への欲求がない。だから、アベには他人はどうでもいいのであり、一人、部屋の中でぶつくさ「神ってる」(この流行語大賞は野球好きの愚者の選択である。ちなみに、野球は大嫌いである)そうである(昭恵談)。安倍内閣を終了するのは簡単なのであるが、野党を始め、左翼・リベラリストが分かっていないだけのことである。足場が同じであれば無理なのであり、足場が同じでなくとも、この人物のことがまるっきり分かっていないのである(これ参照)。そうやって、日本は崩壊してゆくのである。いつもとは違い、TPP法案なども使い、真珠湾攻撃が既に始まっているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016年12月 3日 (土)

消費社会の申し子

20171 政治の右傾化=劣化は世界的傾向のようで、益々地球的規模で破滅に向かっているのは、むしろ喜ばしいことである。政治の世界よりも、現実の世界の方が劣化が激しいのである。気が付いていない余人も多いのであるが、学問の世界(例えば歴史学会)の衰弱も甚大なのである。例えば、東大や早・慶大卒・教授というのは、愚か者であることを自白することなのであり、「無知と無恥」の代名詞なのであるが、親の平均年収が1000万円以上であり、殆どは大都市圏出身者で占有されているのであり、貧乏な地方出身者であれ、大同小異なのである。これらの人物が、何か革命的な事業を成就できるのであるかと問われれば、まず不可能と言わなければならない。日本社会は実に階層社会になっており、成し得るとなれば、己のステータスを維持することを旨とする小人となること位しかないのは否めない。もうそんなことは考えないようにしているからストレスも溜まることはないのであるが、「有識者会議」に名誉教授やら、評論家や有象無象の人物の名前を聞くと身の毛がよだつ程である。国際教養や国際関係や国際政治・経済や国際開発などと銘打つ学問など似非学問なのであるが、要するに、御用学者の養成機関なのである。それだけではなく、左翼・リベラリストの中にも、共産党だけでなく、似非左翼も加わって船頭多く、民衆の意思とは懸隔した議論を繰り返しているばかりか、誤った議論と慢心を披歴するばかりで、間違いも認めない有様を連綿と繰り返しているのである。阿呆の都会人が跳梁跋扈する訳である。目糞鼻糞を笑うとはこのことなのである。猛省を促したい。遅れてきた世代の自分が開示するのは憚ることだが、全共闘運動は自己否定や己のあり方との決別を通して国家権力と闘うことを目指したのであるが、それが今では、自己肯定の時代なのである。商品経済の申し子として、一人一人がオレ様となって我執と現状肯定をしている風潮となり、事実認定や歴史認識や言論による批判など、まったくもって論外になっているのである。かばりか、嘘と詭弁で逆立ちしているのである。そういう人物がこの国の首相や都知事などとなっているのであるが、それは政治家だけではなく、日本や世界全体に蔓延しているのであって、隗より始めよの如く、一刻も早く、日本国は滅びるべきなのである。

 休日の一日、農業講習と球根の植え替えと温泉入浴をして終了した次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

亡国の論理

33145982 「結党以来、強行採決をしようと考えたことはない」との妄言は、TPP衆院委員会で強行採決することで嘘だということが満天下に明らかになった。嘘が平気でまかり通るということは、青少年の気性を毀損するものである。「道徳教育」を推奨するものが、平気でだまし討ちをする(想定内の)政治状況は殆ど「お笑い」の次元であり、自民党とは党名そのものからして自由と民主主義とは全く無縁なことは、当の昔から周知の事実であったのである。そして、この事態もまったくもって予想した事態なのである。羊頭狗肉とはよくぞ例えたものである。お笑い草である。政党政治への不信、これが侵略戦争の主因であった。それに代わったのが軍部だったのであり、その淵源は天皇制を利用した明治政府であり、右翼テロと裏切りの長州藩なのである。いい加減、歴史学者は目を覚ましたらどうか。福島原発人災の張本人が首相の地位にあり、TPPや東京オリンピックの主導者であり、日本国を破滅に導いていることは、勿怪の幸いである。何期でも宰相を継続するがいい。「小出し(小池)劇場」などは流れにさおさすに過ぎない。何の影響もない。両者とも四面楚歌の中で討ち死にしてもらいたい。どんどん「活躍」してもらいたい。日本がアメリカや中国やロシヤの属国であってもどうでもよい。日本国がなくなればよいのである。また、彼らの妄想するサザエさん一家は藻屑の中に消えてしまったのである(これも参照)。

 残り蚊を 叩く勇気や 萎え果てて

 そんな日本の政治状況はお構いもなしに、今日は快晴の天候であったので、玉葱の植え付けをしました。里山は色づき、空気も清涼である。研究のために、近代農法の黒マルチの畝ともみ殻マルチのそれを併置して試行してみた。虫の気配が少ない中、畝を立てて苗を床に据える。コスモスと枯草だけが畑の中で見守る。それでも、人は生き延びなければならないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

昼寝の妄想

32468397 大橋巨泉の父親が、兵隊の死を犬死だと暴露したことについて(私の母も、こんな山国まで爆撃に来るようになって日本も終わりだな、と常識的に思ったそうである)、軍国少年であった巨泉は、親父に殺意を抱いたとのことである。しかしながら、戦後、彼は父親の言う通りであったと悔悛したということである。翻って、ポケモンGO(ゲーム)は、所詮人生の無駄遣いであると言ったらどうだろうか。国会議員の三分の二を政権与党に与えてしまった以上(ポケモンGO状態)、日本国民は何をされても仕方がないで済まされるわけである。沖縄県では、予想通り高江のヘリパッド建設が強行されて県民を恫喝・いじめをしているのであるが、中央のニュースはポケモンGOである。沖縄は日本国から独立することを視野に入れる段階となったのではないか(長野県も与党議員を叩き出した以上、同じ目に遭うことは避けられない)。首都圏と西日本の日本国からの独立、何という夢のあることだろう。沖縄と、北陸を除く中部日本と、関東圏を除く東日本、北海道は、即刻日本国から独立するべきである。明治維新を否定する平成革命の到来である。これで民主日本の到来である。東京や大阪などを相手にしない、対米独立の新生日本の登場である。そして、北から南から偽の日本国を攻め立てて衰亡させるのである。原発と米軍基地は東京都と山口県に集中させよ。当然の如く、偽の日本国に異議申し立てをする擬制日本からの移住を歓迎する。擬制日本国への輸出入は禁ずる。ポケモンGOを認めず、働くこと、生きんとする人間が主役の世界にするのである。当然、右翼的に偏向したNHKは民放にする。日本国憲法は頂くが、安保法案はくれてやる。但し、皇居は天皇制と共に京都にお返しする。真正日本からは右翼やカルト集団は灼熱の彼の国へ。なんと夢のある構想だろうか。これで新成日本は安泰な生活を営むことができる。と、ここでうつらうつらに覚醒し始めてしまうと、夏の午後の白昼夢であった現実を知ってしまうのであった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

おいこら自公

2016070211440000 分けつ期に入り、加速度的に稲は大きく成長してゆく。しかしながら、日本は崩壊に向かって収斂して行くばかりである。参院選挙は改憲勢力に有利という報道がなされているが、ここが岐路である。後世になって、人々は気が付くこととなるだろう。一人区である長野選挙区は、政権党には重点地区らしくて、時の首相が3度も訪問して、「落下傘候補」と野党統一候補を非難しているが、そういう自分たちが都会育ちの二世・三世議員の落下傘候補なのである。そればかりか、日本人の生命と財産を守ったこともなければ、政党助成金や年金や政治資金など税金を詐取するトンデモナイ勢力なのであるが、石も卵も靴も投げつけることをしない日本人であれば、また、投票を棄権する日本人であれば、奴らのしたい放題なのである。もう日本は戦争国家化の完成期になっているのであり、いつでも戦争ができる状態なのであり、改憲は目前である。いな、改憲など必要がないと言えるだろう。だから、アベコベミクス(経済)一本で選挙戦に打って出ているのである。結果、悲劇ではなく、喜劇が演じられようとしているのである。

 家族が見ていたクイズ番組で、やはりお笑い芸人司会者が、ひな壇芸人一堂に向かって、「答えられなければ地方に飛ばすぞ」という差別言辞で笑いを取っているのを一瞥した。地方は怒らなければならない。政権党に投票などしている場合ではないのである。ましてや、TPPには翻意して地方と農業を全滅させようとしているのである。地方は「都市に奉仕する肥し」になっているのである(宮本常一)。「お維こ等自公」と怒りの声を挙げなければならない。棄権は自らの権利を放棄するばかりでなく、年金・拉致・財政赤字・社会福祉・経済格差などの問題について、何一つ解決できない政権党への信認を意味するのであって、これこそ奴らの望むところなのである。換言すれば、嘘と詭弁と虚偽に満ちた政権党は、それ程、どん詰まりの危機に陥っているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

芸no人 右傾の政治に 竿をさす

2016061018540001 10日午前に代掻きを終えて、11日午後に田植えを完了。私事が加わって、多忙な毎日であった。が、世相はマキゾエ不信任コールで、狂態を呈しているようである。公金・税金の公私混同など、「まともな」政治家であれば常識である。でなければ、政治家なぞやってられないのである。自公の支持があっての都知事だったのであるが、これには何人も疑問を呈さない。それに、あまり(甘利)にも酷い収賄事件はどうなったのか。マスコミの袋叩きによって全国民まで巻き添えにして、辞任まで要求する始末であった。たかがテレビのキャスター如きがマキゾエ辞任を要求する有様に、お前は何様だ、する仕事が違うやろ、と画面に怒りをぶちまけてしまった次第である。これ以外のことも含めて、事実を究明して報道することやろ。東京都に就職した大学時代の知り合いによれば、週末は業者とのゴルフ三昧ということである。巨悪は眠る。金である。○○利権である。マキゾエ都知事は、もう少し頑張って都議会を解散してもらいたかったことである(これが議会制民主主義の常道である)。しかしながら、命を脅されては詮方ないと同情している。
2016061218170000 政治だけでなく、日本社会全体が液状化している様である。自民党が自由主義と民主主義と真逆の羊頭狗肉な政党であることは、ちょっと常識的に考えれば分かることである。また、テレビ離れしている若者向けの番組制作や東京一元化の報道ぶりなどを見るにつけ、人々の行住坐臥を改変することを狙っているとしか思えない。地方は東京(都民)ほど愚かではない。カネ塗れの脳みそ、欲望に忠実な愚か者たちの群れ。芸no人が政治に口を出して芸を磨かない有様で、旨くもない繁盛店に行列をなす。仲間内でしか笑えないギャグや喧噪でしかない面妖な文化。おまけに、俯いてばかりで自己愛のスマホ馬鹿。作られた虚飾の中で消費するしかない様態。働くことが自己実現でなく、生命を摩耗するだけの人生。クレジットやケータイ決済で自分の財布を献上するシステムなど不必要である。都市が巨大化すればするほど都市は腐臭を放ち、貧乏だった子供の頃、興奮してよく観た怪獣映画の怪獣が、都市を襲うことになるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

国境を超えた平和

00169253 この著作集2の「戦争体験を生かす道」という表題の中で、宮本は幾つかの提起をしている(p207~218)。叙述の時期は、昭和40年の前半だから、宮本が57歳の頃である。宮本の戦争体験は、フィールドワークに専念した30代のことである。それを後顧した上での話である。なぜ召集もされずに学究に没頭できたのかは不明である(そのことを知ることも著作集を読み解く私的な知的快楽であるのだが)。いずれにしても、真珠湾攻撃による太平洋戦争の開始を耳にして、「血の気のひいていく思い」をしたのだが、「勝てる戦争ではない」という認識は、戦争体験者が戦後屡々使用した常套句で、その後付けは信憑性がないように思われる。事実、戦争末期に大阪府嘱託農業技術指導員として、供出実績の一番悪い被差別部落を訪ね、その区長に対して、「とにかくこの戦争に何としても勝ちたい、まけてしまえばほんとにみじめだ」と話しているのである(p215)。この言葉に対して、区長は「わしらは勝っても負けてもどっちでもいいんです。どうせ一番下にいるので、日本がおさめてもアメリカがおさめても大してかわりはないでしょう」と答えて、宮本は大いに感銘を受けたというのである。ここから、宮本の回答は、①戦後の平和社会の中にも戦争の残忍さと無責任さが残存している、②また、それから脱出するためには、一人一人の自己責任の意識の確立が必要である、③総力戦である現代の戦争においては、例外はないという考え方の確立が必須である、④最後に、国境も政府も超えた民衆同士の連帯によって平和への方策を模索することが戦争体験を生かす道と結論している、である。ここで注目したいのは、「民衆同志(ママ)の間にはもともと国境というようなものはなかった」(p216)という宮本の発見である。そういう観点からする民衆側の平和問題研究機関もしくは運動体は、未だに未熟のままと言わねばならないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和の覚悟

33308038_2 この本の解説は、ノンフィクション作家の柳田邦男であるが、彼はそこで戦争の実体験を伝えてゆく重要性を訴えている。換言すれば、戦争の恐怖を語ることが戦争を阻止するために必要であるという考えである。戦後70年、日本国憲法の前文にある、平和を希求していくことによって国際貢献するのだという決意は、順序が逆になって、国際協調(軍事力)によって平和を実現するのだという主張に変わり、時の首相によって罵倒され、改憲が標榜されている状況である。戦争体験は風化され、90歳以上の戦争体験者の世代は、ほぼ他界している。解説者である柳田にしても、9歳以下の年頃の戦争体験なのである。では、平和を実現してゆくためには戦争を追体験すればいいのかというと、それだけでは無理と言わなければならない。人間の記憶と感情は時の経緯によって失われるのは必定であるだけでなく、怒りの昇華と「普段の努力」(12条)なくして実現するものではないことは言わずもがなである。パワー・ポリティクスによる政治は、学問的には国際政治学や国際関係論によって保障され、アベの唱道する「積極的平和主義」はその延長線上にある。だから、それらの学者はアベの徒党と断じてよい。また、軍事力による自国防衛とは、それが常に戦争危機を胚胎し、際限がないことから、防衛することも「平和」の実現もできないことを前提にしているのである。言ってみれば、二律背反の「平和」思想なのである(実際、人類の近現代史はそのことを証明している)。だから、そのためには平和と人権の思想を封じなければ不可能なのである。反戦平和思想だけなく、基本的人権(生存権)をも根絶することを使命としているのである。自民党の憲法草案は、そのことを如実に示している。積極的平和主義の、この二面性こそ暴露しなければならない事柄なのである。それでは、児童作家による19人が示している戦争の真実はどうだろうか。精査すると、長野ヒデ子と田島征三の文章が殊更印象に残った。長野の父は、戦争によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)で入水自殺している。その体験から、彼女は、「父こそ自分の思いを封じられ自分とはちがう考えや行動を強制されるつらさとこわさを味わったのだと知りました。戦争のほんとうのこわさはそれなのです」と悟っている(p32)。また、田島は、廃棄物処分場反対運動の経験から、「でも、あしたも『反対』といえるだろうか?」と疑問を呈している(p51)。戦争の悲惨を感じているだけでは平和は実現しない。平和を望む思想信条を改変する社会的な強制を打ち破るような、確固とした信念が不可欠であり、必要とあらば、戦争を策動する政府を打倒するだけの覚悟も必要であることを教示しているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧