パソコン・インターネット

2023年2月24日 (金)

『超デジタル世界』の時代考察

34421015 1999年に、筑紫哲也の「ネット上の書き込みは便所の落書きに近い」という発言が物議を醸した。パソコン通信に続いて、2チャンネルが登場した当時である。今でも大概変化してはいない。罵詈雑言や犯罪の温床にもなっているのも事実である。昨年末ヤフーは、誹謗中傷やヘイトスピーチ防止のために、コメントに携帯番号の登録を必須化したのである。とは言え、ヤフコメは相変わらずの右ねじの人々の巣窟になっているのは否めない。戦争を煽り、現状追随のコメントばかりである。他方、2010年代からのDXやメタバースへの進展が活発になっている。AI(人工知能)だけでなくBT(生物工学)も加速している。そんな時代に適宜な出版がされた。『超デジタル世界』である。
 先日の信濃毎日新聞(19日付7面)に、マイクロソフトが開発したAIの対話型検索サイトBingに、不都合な回答があったとの記事が掲載された。AIによって人間が「あなたはバカで頑固者」などと回答されたということである。人間を威嚇したり、偽言を弄したりしたそうである。現在は多少改良され、対話は1回当たり5問5答に制限されているとの報道である。AIの限界である。海外研究生活が多い西垣通は、「欧米では、超一流の秀才が少なからずトランス・ヒューマニズムに傾倒している」(p39)と洞見している。トランス・ヒューマニズムが、宗教的ミッションと結合しているとの彼の哲学・思想的洞察は、さすがという外はない(p139)。
 21世紀がポスト・アメリカニズムの時代であるとの慧眼にも感嘆する。国際的対立と戦争は、ただプーチン・ロシアが悪くてウクライナが可哀想との単純な発想ではなく、「殺戮という行為を自分と結びつけてアウシュヴィッツのイメージをもつこと」(p48)が大事なのである。ドローンや無人機、更に殺人AI兵器の投入で、戦争と殺人の感覚がなくなる事態になっているのである。汎用AI万能論の思想の淵源だけではなく、マルクス・ガブリエルなどの哲学への言及と援用をしながらの卓見は、熟読に値する著述であると感嘆したことである。政治屋はおろか、日本の産官学のリーダーたちを「無邪気な少年少女」(p152)と批判していることに微苦笑したのである。日本の衰退を物語るのである。それは同時に、アメリカ帝国主義の転落を暗示しているのである。
 

| | | コメント (0)

2023年1月22日 (日)

メタバースに関するメモ

34379318  休養のついでに、図書館から拝借したメタバースの関連本を二冊、通読してみた。『図解まるわかり メタバースのしくみ』(A)と『図解ポケット メタバースがよくわかる本』(B)とである。ネットリテラシー(ネットを使いこなす能力)が著しく欠ける自分が、何故にWeb3.0時代のメタバースについて併読してみたかは、図書館での書棚にただ並んでいたからに過ぎない。ほんの好奇心に因るのである。ほぼ偶然の仕業なのである。以下の考察もまた、(もし)有用ならばこれを奇貨としなければならないことだろう。が、なかなかそうはゆかないのは自明なことだろう。でなければ、こんな古き良きWeb2.0時代のブログなんぞに固執していること自体、時代遅れも甚だしいのである。それまではPCやガラケーを使用していたに過ぎず、スマホ歴もほんの1年に過ぎず、それも検索中心に利用するだけで、記録・保存媒体としてガラケーに未だ依存している始末なのである。スマホになると、やたらにGAFAMなどの巨大テック企業に個人情報や位置情報の同意を請求され、収集されてばかりで、何とも憤懣やるかたない。プライバシーの危惧や監視社会の閉塞感を覚えるのである。また、消費動向を探られてビジネスの餌食とされるのがいやらしい。
 そこで主題であるが、Bによれば、メタバースとは「自身のアバターが活動できるインターネット上の仮想空間」(p8)であり、Aによれば、Web3.0とは「ブロックチェーン技術を活用した、インターネット上の新しい分散型世界」(p55)ということで、GAFAMを嫌悪して、できる限り分散しながら利用を手控える自分(個人)にとって、好都合な世界となるではないかと期待感はあるが、そんな「うまい話は世の中にはない」のである(笑)。一時期(小学生から)人気一番の職業としてYou Tuberがいたが、今や広告収入は激減してオワコン説が流れている。時代には栄枯盛衰が不可避なのであるが、それでも幾多のプラットフォーマーがWeb3.0の時代にも参入するのは見えている。鵜の目鷹の目の競争が熾烈になるばかりなのである。だから、メタバースの可能性としては、ゲーマーや分散型のSNS、暗号資産とNFTを利用したビジネスなどを期待する層への広がりしかないのではないか。現実的に考えれば、ゲームやSNSの利用で生活の4,5時間割かれ、メタバースで更に小一時間を割かれることになれば、人々は経済生活が破綻して貧困を余儀なくされるからである(これも)。貧乏で一生を終えることになるのである。
 

| | | コメント (0)

2009年2月 9日 (月)

ウェブ、若しくはケータイ

31879740  頻繁に利用している図書館には、それ程場所を占めているわけではないが、目立つところに、児童書コーナーとヤングアダルトコーナーがある。後者の棚は訪問するたびに一眺めする。これから人生を歩む訳ではないが(苦笑)、それでも興味深いタイトルが並ぶので立ち止まる。そして、手に取った本がこれ。インターネット上に広がる情報の世界であるウェブ、これはあくまでも道具に過ぎない。情報の共有のために至便ではあるがあるが、嘘とデタラメなど、総じてカウンターナレッジが大半を占めるために、無駄に時間を浪費してしまう。新たなコミュニケーションの手段としても、雑多で反動的な所見の者が多く、これもまた予想以上に選択の余地が無い。近頃、携帯電話の義務教育校への構内持込を禁止することが話題になっている。今や、携帯電話は通話機能としてではなく、メールや音楽・ゲーム・カメラ機能もあり、ネットに接続できる情報端末になっている。携帯電話ではなく情報端末としての「ケータイ」になっているのである。教育環境やネットいじめということもあって、文部科学省や大阪府の橋下知事がしゃしゃり出ているが、「そういうあんたらは職場や仕事でケータイを使っているのではないか」などというツッコミはなしで、彼らの魂胆は碌なものではない。むしろ、「ケータイなど使っていると、こんな人間になってしまうぞ」という方が的確だろう。こういうことは、教育現場で解決していく問題なのであって、行政が上段からあれこれ指導したり、人気取りの手段としてはならないのである。それよりすることがあるやろ、という見方もある。いずれにせよ、「人間の仕事は、考えることにある」(p134)というスタンスから、ウェブと付き合う注意点やスキルを知るための入門書として役に立つと思う。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)