グルメ・クッキング

2019年4月19日 (金)

止まらない地方崩壊

M000051_k00003250_1024768 『農山村は消滅しない』という著書の問題性は、実は、農山村の実情調査の不足だけではなく、都市の問題なのであるということを忘れていることに尽きるのである。農山村や地方の窮状は都市の「繁栄」の結果であり、むしろ都市は地方の犠牲の上に成立しているのである。したがって、根本的には地方分権が推進されるべきなのであるが、自公政権では先祖返りしており、中央政治がいつまでも跋扈しているのである。だから、結論は明確なのであり、これを実行するか否かである。現・長野県知事は、典型的な役人・官僚であり、何も期待できないのであるが、今度の地方選挙では、県議会の自民会派が単独過半数となり、愈々長野県の未来は暗澹たるものである。以前、経歴も面目も自民党支持者と思われる人物と会話する機会があったが、きちんと反論すると、押し黙って無視する姿に呆れたことがある。仲間内では懇ろなのであろうが、公開の議論では逃避する醜悪に怒りを覚えたものである。
 結婚記念日に、夫婦で「上田城千本桜まつり」に出向いた。上田城は、徳川の大軍を二度も撃退したお城であり、大坂の陣では先陣で徳川方を震撼させた真田家のお城である。信州の地侍や国人は、中央の武士や国司を排撃してきた歴史があるが、そのこと(武士の時代)には余り関心がないのであるが、一度はその概容を見てみるかなと思い、連れ合いを誘ったのである。それには腹ごしらえ(人気のグルメである。笑)である。信州そばとして著名な「刀屋」へと足を向けたのである。初めての試食だったが、腰が強く確かにうまい。蕎麦を食らう、というのが的確である。江戸時代、信州人は江戸へと冬季に出稼ぎに出かけたのだが、「初雪やこれから江戸に食いに出る」という川柳にあるように、江戸っ子は信濃者を大飯を喰う田舎者の典型と罵ったのである。県外ナンバーの車が多く、刀屋の待ち時間に、東京から来た六人組の高齢者の集団と並んだが、向こうから声をかけてきた。「草笛」とここを足繁く通い詰めているようで、久しぶりに東京の話題を耳するが、全く関心がない。東京なんてどうでもよい。田舎蕎麦がやはりいいのである。盛りもいいのだが、天ぷらが旨い。クルミだれでも味わうべきである。上田城であるが、桜が散り始めであり、観光客も大勢いた。燕も飛来して歓迎してくれていた。櫓門にも登上して崖下を見学し、市立博物館にも拝観したのである。連れ合いはどうにも興味がなく足早であったが、しばし想像逞しくその時代を感得できたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

グルメ時代の危機

150x150_square_587797081 グルメ記事、グルメ番組・ブログが花盛りである。こんな時代になることは、端(はな)から分かっていたが、決して差別感情からではないが、女性の地位向上が寄与していると思う。女性は適者生存のために食への関心が強い。男性は馬鹿だから、空理空論を弄ぶ傾向がある。そして、女性の習性から男性は取捨選択され、結婚できない男が増える訳である。私は米やら野菜やらを自作しているが、卑近の女性から、「御飯が好き」という言葉を聞いた試しがない。パンやパスタが好きというのである。道理でこんな田舎でもパン屋が多い筈である。この根本的な差異は何なのだろうか、と考えたこともあるのだが、未だに分からない。「柔らかくて美味しい」と言うが、固いのは美味しくないのだろうか。スーパーに立ち寄ると、固い食材は殆どなく、あってもデンと商品棚に干からびて残っているのである。冷凍・冷蔵技術が発達したからかも知れない。受験生の時には、東京で生活して色々食したのであるが、旨いと思ったことは一度もない(大抵は塩分&カロリー超過で彩り悪い)。余りにも不味いので二度食い(他の食堂で再び口直しすること)したこともある。酷い所では食い逃げを警戒され、銭湯では無賃入浴の嫌疑をかけられ、やむなく二度支払ったこともある。一刻も早く東京を離れることを至上命題にしたほろ苦い経験がある。だから、すぐさま離京してしまい、大学生協などで胃袋を満たす日々が続くこととなった次第である。グルメの番組を見ていると、行列しているのが旨い店、或いは、予約が困難な店が旨いという評価があるというが、どうかしている、としか思えない。喰うことは大事なことではあるが、喰うことで慢心することは大事なことではないのである。むしろ軽蔑すべき事柄である。東京の番組ではマグロが重宝されているが(大阪では番組にならず、メバチ中心)、マグロは沖縄で食するのが良い。牧志市場の裏通りにはマグロ専門店が並んでいる。マグロの産卵地であり、冷凍ではなく、その日の新鮮なうちに山盛りで、旨い泡盛を傾けながら、存分に味わうことができるのであるが、そのことを知っているヤマトンチューは寡少である。宮本常一は父親から出郷の教えを授けられたという。曰く、「金があったら、その土地の名物や料理はたべておくのがよい。その土地の暮らしの高さがわかるものだ」と。関西では、行列は「金龍ラーメン」か「りくろーおじさん」位しか目にしたことがない。行列とあれば他の店に馳せ参じるのが普通である(帯広でもそうだった)。平均値が高いのである。第二に、東京の人間は肉食動物である。例えは豚には悪いが、豚のような顔をしている人間が食しているのをよく目にする。共食いである。最後に、殆どの人は野菜の旨みを知らない。いくら野菜が高いとはいえ、野菜を飾り物して提供しているレストランが高級と思われているのが分からない。バランスを考えてほしい。肉を食するために野菜があるのではなく、デザートも果物への配慮が足りない。アボガト?アホか、と思ってしまうのである。季節感を演出せんかい(完全に関西弁になっていますな。笑)、と見聞していて冷笑してしまうのが屡々である。やはり、食道楽の関西の方がレベルが高い。だから、在住の頃は、休みとなると懐に数万の身銭を入れて、外食に繰り出したものである(だから、未だに赤貧に喘いでいる。泣)。当然、二度食いすることはなくなった。政治風土としては三流であるが、やはり歴史と文化の上では関西は一流なのである(大正時代まで、大阪は日本一の都市だったことを知っている日本人はいまい。大阪の人すら知らない)。事実、近郊の農漁業の発達と市場規模のレベルでは、築地市場や大田市場では及ばないのである。春菊(関西では菊菜=食べる風邪薬)ひとつとっても、その差異は歴然としているのである。ちなみに、関西では、客が黙って清算したら、その店の味は劣悪である。ホントに旨かったら、関西人は精算時に必ず「旨かったわ。また来るわ」と付言するのが礼儀であり、実際、常連さんになるのである。それ程関西では、店舗同士の競争と栄枯盛衰は激しいのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

戸倉の湯へ

000_0887  過日、嫁はん達が里帰りしたので、一人、戸倉・上山田温泉に向かいました。この温泉は、湯量が豊富で、ほとんどが源泉掛け流しです。単純硫黄泉・単純硫化水素泉で、皮膚病などに効用があり、痒みや湿疹を感じる時によく利用します。どこの温泉も、家族向けになっているため、湯温がぬるめに設定されていて、毎度ガッカリすることが多いのですが、ここは高めなので(そのために息子は帯同を断りますが)疲れも一気にふきとびます。かつての温泉街の賑わいはなくなっていますが、変わらぬ千曲川の流れや翠緑の山々を眺めるだけでもスローな気分になります。全国の著名な温泉地と比較すれば(ニセモノの温泉が結構多く、私的には、泉質は全国一等と思っている)、煌びやかさも喧騒もないので、気ままに過ごすことができます。また、信州観光の基点としても至便です。温泉地として鄙びてしまったのが不思議です。おそらく、遊興地としての看板ができてしまって、温泉の大衆化と家族旅行の普及と子女の取り込み不足が衰退を招いたのかも知れないが、列記とした大人の温泉街として完成してほしいと思っている。
 その後、評判の「大黒屋」で「カツ丼と小さなラーメン」(1200円)を注文しました。旨いのは確かなのですが、やはり大阪で鍛えた食味からしたら、隠し味と色合いと付け合せの違和感など、すこし不満です。ラーメンではなく昔ながらの鶏がら醤油の中華そばです。雑味がなくすっきりとした食感で美味しく頂きました。雨模様の五人待ちでしたが、じっと待った甲斐がありました。ぺろりと平らげ、すぐに店を後にしました。それから万葉公園に足を運んでウォッチングをしました。左に戸隠連峰、右に高妻山が遠望できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)