« 防衛論議のアホらしさ | トップページ | 戦争前夜の日本 »

2022年12月25日 (日)

2022年の年末にあたって

32909274  年末である。昨日は未明より20㎝積雪があり、直前に自前で冬用スノータイヤへの交換をしていたので安堵したものである。新潟の友人によると、50㎝以上ということで、新潟米の旨さもあるが、今後もまた友人たちへの雪害が心配の種である。湿り気のある雪の重さは尋常ではないのである。毎年の恒例であるが、図書館の廃棄・リサイクル本として、今の所、『見上げた空の色』、『幸運な医者』、『俺たちが十九の時』の三冊を頂く。年末年始はこれらの読書で過ごすことになる予定で時代小説家、小児科医、キリスト教作家である。
 防衛費の来年度以降の予算が膨大となる。本気で中国と戦争をするつもりなのか。まったく馬鹿げている。アメリカ帝国主義でも対中戦で勝てる見込みもないのに、補充すらできない日本軍(自衛隊)の戦力で太刀打ちできるとでも思っているのだろうか。むしろ、自国では、コロナ禍と少子化と経済低迷という惨憺たる三重苦の中で、軍備増強に自彊するのは異常としか思えない。ウクライナ戦争において、日本国政府は既に戦争に賛同しているのである。殺戮に関与しているのである。嘘に嘘を重ねる自・公政権によって、国民は屠殺されるとしか思えない。カルト政権を今すぐにでも一掃しなければならないのである。芸能・音楽業界でも同じである。年末年始のテレビ(ラジオでも)を観ても、例年のように、ダ〇ンや問題やサ〇ドなどの笑えない、政権迎合の芸no人やプロデューサーや歌手、アナウンサーや解説者などのオンパレードであって、頭が痛くなる。何でこうなったのか。一度こういった連中は、いっそ滅びた方が良いのではないか、とも思ってしまう。年賀状を作製しながら、一人一人にひと言丁寧に添え書きした一日でした。
 日々呻吟・苦闘している、まともな人々に、Merry Xmas! 

 

| |

« 防衛論議のアホらしさ | トップページ | 戦争前夜の日本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防衛論議のアホらしさ | トップページ | 戦争前夜の日本 »