« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月20日 (日)

戦中派エリートの限界

31840595  少し関心があったので、『血にコクリコの花咲けば』と、『手記ー私の戦争体験』を併読してみた。ともに図書館の廃棄(リサイクル)本である。前者の著者(1923~2007)は経済学者として高名であり、遠藤周作司馬遼太郎と同世代の戦中派である。山田風太郎もその一人である。森嶋通夫と司馬は学徒兵として出兵し、遠藤と山田は浪人生活のまま肋膜炎のために入隊を免れている。
 さて当該の森嶋の著書であるが、彼の生き様は反皇国史観と反マルクスという「意地」(principle)の塊である(単行本p16~17)。換言すれば、完全なる個人主義者であり、戦時の国体明徴の時代にあって、日本の閉じられた社会(天皇制軍国主義体制)に対して反抗したと思っていたのである。しかしながら、なぜ徴兵に応じるのかという問いに対して、彼は、「学問内の戦いは国民の誰もが背負うべき一般的義務(兵役の義務)をまぬがれて戦われるべきではない。だから私においては従軍と『学問的反戦』は両立していたのである」(p103)と誤魔化している。学問的反戦とは何なのか。この出版にあたって、編集者から「なぜ反戦運動が起らなかったか」について記述の要請をされていたのである。明治憲法において、国民の義務は兵役と納税の義務であり、国民の権利は、主権が天皇にあって法律の範囲内で認められた臣民の権利なのであった。
 また彼は、「国民の多くが義務だと言われて従軍させられているのに、自分たちだけが忌避するのは背徳的であるから、私たちは義務を果たしただけに過ぎない」(p267)とも言い訳している。だから彼は、明治中期以降や昭和初期における天皇制の凶暴化に対する批判を何度も繰り返して、末尾において、明治期に形成された国体観念と、明治体制に個人のプリンシプルの尊厳と不可侵を明記しなかったことが天皇制の凶暴化を惹起したのであると結論づけている(p278~278)。その見地から、彼は(宇垣)特攻や戦艦大和の特攻を徹底批判しているのであるが、肝心な明治体制そのものへの批判にまで及んでいないのである。そもそも英国王室のような「マイルドな天皇制は個人主義や民主主義と両立」(p278)しないのである。英国王室や天皇制を批判して国民主権と基本的人権の獲得のために、彼以前にあった、血みどろの民衆の闘争史を知らないか、無視しているのである(歴史認識の欠如)。海軍の通信将校としての彼の優遇は、「軍隊外では想像を絶する食糧不足であることをはじめて知った」(p207)という認識の怠惰であり、「海兵団での夕食は楽しかった」(p221)そうで、敗戦日の夕食には酒と赤飯とぜんざいが提供されたそうである(p241)。彼自身が自省しているように、偽善的愛国者(hypocritical patriotism)として戦争時代を生き抜いたのではないか(p243)。そのことはまた、夫人も喝破していたように思われる(p133、268)。

| | | コメント (0)

2022年2月 8日 (火)

『昭和の記録 私の思い出』

2022020812440000   「降る雪や明治は遠くなりにけり」(中村草田男)という俳句があるが、昭和もまた遠くなったものである。何と、明治維新から敗戦までと、敗戦から本年までは、それらの間隔は等分の77年なのである。そして、昭和が終焉して33年も経過しているのである。この『昭和の記録 私の思い出』を10日間を要して漸く読了した。「歴史は庶民によって作られる」という言葉さながらに、昭和の時代状況を彷彿させる好著である。権力側の改憲派の増長と庶民側の護憲の衰退という時代の流れの中で、庶民の歴史を発掘することは大いに意義のあることである。教科書の歴史は殆ど権力者側の記録であって、これだけが日本の歴史ではないのである。よくある日本史は、天皇と武士どもの権力闘争の歴史であり、こんなものをいくら学んでも現実の生活には何の役に立たないである。インテリと称される層が新自由主義者どもにコロッと騙されるのは、洗脳され易く、生活の知恵がないからである。自然環境が破壊されて人心が荒廃するのはこれがためである。だから、権力者側の改憲は峻拒すべきであって、民衆の側の改憲はよりよい憲法へと断行すべきなのである。守旧の改憲派は歴史を巻き戻すものだからである。今こそ人々は前期の近現代史を総括して、次の時代を創始しなくてはならないのであるが、テレビやインターネットを眺めると、頭が右螺子の人物と情報が蔓延している有様である。時代錯誤とガラパゴス天国の日本に成り果てているのである。
 以下に読書感想を記すと、①小林謙三さんの「朝鮮ユキさんのこと」の一文が秀逸であった②戦前と昭和30年頃までは北信州の農業は穀桑式農業なのだなと再確認した③実業に従事していた者は強い④当時の様々な思い出が焦点を帯びて具象化できた⑤「父との思い出 雪の綿内駅」もまた感動的な文章であった⑥戦争や赤貧的窮乏によって斃れた人々の歴史(筆記されていない歴史)もあり、記憶されてしかるべきであること⑦「野菜は頭で作るもんじゃないで」(p471)という言葉は印象的であったことである。
 この本の掉尾は、「昭和の記憶・・・我が家の『昭和』には、『粘り強さ』と『ひたむきさ』そして『家族の笑顔』があったのだと、しみじみと感じています」(p476)で締め括られているが、昭和は誠に激動の時代であったが、ただ一つ付記すれば、天皇の元号で時代を象徴させてしまう不名誉を恥じなければならないことである。 

| | | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »