« 女性の時代 | トップページ | 「・・・物語」? »

2022年1月 2日 (日)

偏狭な私的音楽論

33918821 卒業した小学校は音楽教育の特別指定校になっていたらしく、専門の音楽教諭の下で、ハーモニカやオルガン、加えてリコーダーを使っての器楽と合唱が盛んであった。当の中村先生には怒られもしたが、音楽への関心は強く、通信簿で最高の5という評価をしてもらったことがある。中学の音楽でも関心は続いたのだが、職業高校に入学すると忽然として止んだのである。芸術科目がなくて、当然の如く音楽科目はないのである。小学校の音楽室には、ハイドンやバッハから始まって古典音楽の楽聖が大きな額縁が掲げられて、何であのような長い髪(カツラ)をしているのか怪訝に眺めていたが、ただひたすら西洋音楽を教授されて日本の唱歌を歌っていたのである。器楽演奏にも力が入れられて、今でもソプラノ・リコーダーの運指で演奏することができる。大学に進学すると、途絶えていた音楽への関心は復活し、バロック音楽と民謡をバックミュージックとして勉学に励んだのである。また、町場のピアノ教室に通ってバルトークの教則本を基にピアノを習い、子どもたちに交じってその発表会に出演したこともある。しかしながら、その後の人生においては再び音楽と離れてしまい、70年代までのグループサウンズやフォークや昭和歌謡で止まって、その後のニューミュージックやJ-POP(80年代~90年代)等は聴くことはなかったのである。ジャズやロックとは全く無縁であった。そして、音楽としての様式美や民謡の状態に停止しまったため、現代の商品音楽には少しく違和感を感じてしまうのである。
 この原因は二つあると思われる。一つは、2006年の教育基本法改訂で愛国心が強調されるようになったことである。強調される日本の伝統音楽(邦楽)は、明治の音楽教育から導入された西洋音楽とは異質なものである、日常とは乖離した音楽なのであり、戦前に親しまれた日本の音楽は、文部省唱歌であり軍歌であり戦時歌謡なのである(軍隊調)。更に、70年代後半以降の歌謡界は、日常の労働からかけ離れて、「やたらに飛びたがるものと、・・・夢、未来、希望(絆?)に向かうものが歌詞のテーマの二大派閥・・・の歌詞の曲ばっかり」(『平成日本の音楽の教科書』、p179)となっているのである。また、音楽作品の商品化あるいは「液状化」(p248~)となると、その危険性は言うまでもない(歌謡曲への先祖返りを指摘する者もいる)。もう一つは、音楽の構成が歌詞とメロディーとハーモニーとリズムとがあるが、そのリズムが違和感を覚えるのである。2008年の学習指導要領改訂によって学校体育の中でダンスが選択必修となって、音楽の中にリズムを基調とするダンスミュージックが取り入れられたのである。即ち、「ポップスはリズムから動き始める」(p262)ことになったのである。ジャニーズ系やアキバ系のアイドルポップスの全盛である。換言すれば、リズムと振付による視覚的な大衆動員が定常化している。その危険性の懸念もある。J-POPのもつ、世界のポップスと断絶した、これらの一国主義の危うさは今後どのように変遷するのかは分からないが、現時点では、社会との関連において、音楽の発展というよりは回帰・液状化してゆくように思われるのである。年末の紅白歌合戦をチラ見しながら、そんなことを妄想した次第である。こんな過疎ブログを訪れる皆様に新年のご挨拶を申し上げます(こちら参照)。

| |

« 女性の時代 | トップページ | 「・・・物語」? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性の時代 | トップページ | 「・・・物語」? »