« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月 8日 (月)

異文化交流の重要性

31938451  大阪でボール盤工をしていた頃、昼休みの休憩時に会社の建物に凭れて日向ぼっこをしていた処、一人の同僚が声をかけてきた。大柄で小太り体形で柔和な顔をした中年男性である。満州(中国東北部)の話題となって、耳を傾けたのである。どうやら満州からの引き揚げ体験があるようである。「満州は広いで。首から種箱をぶら下げて箱の両側を両手で叩いて下から種が落ちて種蒔きするんやが、ひと畝一時間かかるんや。返って二時間や。そりゃあ、しんどかったな。そない広いんやで」と満州の体験を披露したのである。多分、開拓団の息子か青少年義勇軍の引き揚げ者だったのだろう。辛酸も感じられない口調で、むしろ懐かしんでいる話しぶりである。
 この書籍を読もうと思ったのは、12年前にテレビドラマ「遙かなる絆」で感動したことが契機だったが、当時、図書館で借用しようとしたが、予約者が多く断念したものである。まだ東北大震災前のことで、「絆」という言葉が人口に膾炙する以前の事である。満蒙開拓の歴史を調べている今、その男性との会話を再度思い起こしつつ、読み始めたのである。
 1945年(昭和20年)の敗戦時の中国東北部(満州)には、155万人の日本人が存在していたそうである。動機はどうであれ、国策も手伝って人々は満州へと続々と移住したのである。自分の家に残っている写真にも親族の一人が写っており、母は「満州へ行ってどうなったか分からない」とポツリと口にしたことがある(祖父は代わりに北海道開拓に赴いたのである)。この著書を読了しての感想には二つある。一つは戦争の風化である。「戦後」とは、「ひたすら戦争を忘れようとする『戦後』でもあったのではないだろうか・・・『忘れてしまった』ことすら忘れつつある世界を眼の前にしているようだ」(p450)と著者は述べている。第二に、「嫌韓嫌中」という悍(おぞ)ましい言葉である。80年代後半以降の経済的繁栄から経済的閉塞への「失われた30年」の継続は、右翼的常態化を促進している。自国中心観(ナショナリズム)ほど危険なものはない。米中対立という潮流の中でも、「中国に行けば、きっと考え方が変わるぞ」(p230)、「中国に行けば、人生観が変わるかもしれないよ」(p402)という帰還した父(孫玉福)の助言は生きている。国家が違えども、人々の異文化交流が大切であることを、この書物は教えてくれるのである。

| | | コメント (0)

2021年11月 1日 (月)

災害・人災列島へ

A3f06de50a2edcba0b646a4264ff052b0c1a5b29  衆議院選挙は投開票されて、ほぼ与党・維新・国民は勝利して野党勢力は敗北した(345:110)。これは予想されたことであり、厳然とした事実であり、選挙制度を変えない限り、死票が多く、自分の投票もまた、ほぼ死票となったのである。たった3割の与党支持勢力が4分の3を占有したことになる。社会の中心が30代から50代の働き盛りが占め、1980年代後半からの右傾化が、より拍車をかける結果となるだろう。そして、あと20年から30年程は戦争派が時代の潮流となるのである。維新の躍進はその兆候でもある。大阪は戦前から一貫として砲兵工廠を擁する軍都であり(帝都東京より)、大日本国防婦人会の発祥地という歴史的事実である。「維新功成りて大阪枯る」である。今後、「失われた30年」は続いて、左翼・リベラル側は「冬の時代」となって、マスコミを利用して非難の総攻撃を受けることになる。また、この選挙の特徴は行政と経済界と、とりわけてマスコミの勝利でもある(マスコミは誠に罪深い)。岸田首相の次の内閣は高市の自・公・維政権となって改憲と軍拡に励むことと予想される。着々と戦争派が議会を占拠してゆくのである。靖国派と学会派と新自由主義政策派との合従連衡の政権である。想像するだに恐ろしいと言わなければならない。90歳代の戦争経験者が次々と逝去され、学校現場でも平和教育を推進する現職教員が次々と退職されているのである。同じ道を進むのか。日清・日露戦争時には、9割以上の支持があって、「臥薪嘗胆」と「暴支膺懲」(この言葉は辞書群より消去されている)というスローガンが軍部とジャーナリズムによって叫ばれて浸透したのである。日本の選択は極限的に狭められているのである。どうか、災害列島が更なる焼け野原にならないように祈るのみである。

| | | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »