« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月23日 (土)

記憶の時代

34142200  タイトルは『民俗知は可能か』であるが、柳田國男を始原とする民俗学はその存続が問題になっているのである。民俗学は大学の学問分野の一つとして成立しているように見えるのであるが、それは幾つかの大学に限られたものである。いずれ文化人類学の一領域として解消されてしまうのではないか、という危惧があるのである。民俗学は近代化と戦時体制下において成立と興隆がなされたのであるが、失われる民俗資料への危機感を常に引き摺っているのである。だから第二に、過去(古代)へと遡及する「国学」との親和性を持っていて(折口民俗学)、自国の精神文化の淵源を求める学問傾向は、学問としての科学的合理性を喪失して、単なる個人的な文学として収束する危険がある。さらに第三に、戦後の復興と高度経済成長によるムラ(村落共同体)の崩壊である。都市化の影響もあって民間伝承の対象者(古老)がいなくなり、民俗学の関心を都市に移動する者もいる。直接体験する者は存在せず、その直接体験した者を見聞して証言する者も少なくなり、民間伝承は文章や記録として記憶されるだけの時代となっているのである。柳田が活躍した1930~40年代は遙か遠い世界であり、宮本常一は、1960年代後半に「古老からの聞き書きの時代は終わった」と指摘しており、赤坂憲雄は1990年代の初めにムラは終焉したと推定しているのである(余談だが、國男と常一と憲雄という名にも時代を反映しているのである)。この過程は「戦争の記憶」を伝える課題と全く同一である。頼りのない「記憶の時代」において民俗学は可能か、ということなのである。都市の民俗に関心を向けても、それは共同体としての意味は何も持たないために、雑学としての民俗学に終始するのである。それではどうしたらいいのか。赤坂は、「民俗学という学知は成熟への階梯をたどることなく、若くして老いてしまったのではないか、と感じずにはいられない」(p376)と、民俗学者としての自分の後ろめたさと中途半端さを独白しているが、問題は未来への足掛かりとしての民俗学なのである。後顧する懐古趣味(復古主義)や現状追随としての民俗学ではない民俗学を志向する必要があるのではないか、と思っている。

| | | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

柳田民俗学の意義

33008928  体力は青春時代の半分以下になっているのだが、精神生活は相変わらずである。これからは少し健康的な生活を心がけるように努めようかな、と思う新年であるが、碌々とした日々を過ごすばかりである。
 遅きに失した緊急事態が首都圏に宣言されたのだが、これもまた予想されたことである。むしろ心配していることは、コロナ特措法の厳罰化を自公政府によって策謀されていることである。「そのような指摘は当たらない」、「まったく問題はない」、「承知していない」、「仮定の質問にはお答えできない」と、言論の封殺を政治信条とした政治屋が宰相となっていることが、抑々の間違いなのである。(天皇制)ファシズムが民主主義の中から派生したという見方は夙に有名なのだが、然りという事態が進行しているのである。ショックドクトリンさながらの市場原理主義者どもの社会改悪である(これも)。しかしながら、世論調査では不支持が支持を上回っているのだが、自・公・維の支持岩盤層が3割弱と依然として存在しているのである。現状維持と現状改悪の勢力を政治の中枢から叩き出して、戦前と戦後の継続性を断ち切る行動が望まれるのである。
 前回、柳田民俗学を批判したのだが、これはあくまでも批判的摂取であって、柳田の著作を踏破する決意は揺らぎはない。日本の近代化が進行する中で、日本の村落共同体が崩壊する過程で柳田がどのような発言をしているのは、現行の時世に必要なことと思われるからである。折口のような得手勝手な民俗学者や国粋主義の三島など、過去を金科玉条して日本歴史の継続性を願望する寝言の復古主義者には何の関心もないが、少なくとも柳田には歴史的事実が存在するからである。ただ、柳田の論述には比定が少なく、抽象的な記述が多いので難解を極めるのである。民俗学者としての柳田と折口との二人の民俗学者には、無限の距離があるのであるが、柳田民俗学は無限の宝庫と言わねばならないのである。新年になっても、農業と介護関連の書物との併読は続くのである。

| | | コメント (0)

2021年1月 2日 (土)

柳田民俗学の一面

33881455 日本の民俗学を創始した柳田國男なのだが、試みに入門的なアンソロジーを読んでみた。その博覧強記と漢学の素養に驚嘆するのだが、今一つ興味を削がれるものがあった気がするのである。この本の冒頭から、「伝説を愛する心は自然を愛する心に等しい」(p9)とあって、伝説を蒐集する重要性を力説するのだが、その伝説を説明する文章が曖昧模糊としていて、一種捉えがたい印象と文意の把握に難行するのである。雑多の情報が羅列され、一言注釈を入れて終始してばかりいるのである。若い頃のニーチェは古典文献学徒であって、その下地があって哲学的思想を深化させたのだが、柳田はその生活体験に基づいて叙述化したもの故に恣意的で、厳密さ(科学的合理性)に欠けているように思われるのである。
 さらに言えば、柳田は日本の習俗・伝承を調査して日本人とは何かを追究するのだが、それは後ろ(過去)ばかりを見ている学問に成り果ててしまったのではないかという思いもある。過去を探索して未来を模索するという変革への志向が感じられないのである。現代は正(まさ)しく文字通りの危機の時代である。民俗学者は、こうしたことへの関心が極めて無頓着である。確かに柳田の功績は存在するが、要はこれからの民俗学はどうあるべきか、なのである。「いろいろの偶然に支配せらるる人間世界では、進歩の途が常に善に向っているものと、安心してはいられぬということである」(p150、「木綿以前の事」)という消極的慧眼が表現されているのであるが、これといった自らの戦争責任も感じることなく、1939年に「今度の大事変(日中戦争)が起ってから、(日本人の研究心と発明力は)大飛躍した。・・・いよいよ鮮明に、国民の智能の卓越していることを証拠立てることと思う。・・・少なくとも求めたら得られる程度に、歴史の学問を推し進めなければならぬ。いつも民間の論議に揚湯せられつつ、なんらの自信もなく、可否を明弁することすらもできないのは、権能ある指導者の恥辱だと思う。」(p169~170)と、時流を後顧することなく、時の政権を鼓舞したり預けたりしてしまっているのである。こういう側面が柳田民俗学にもあることを忘れてはならないのである。それは年末の「紅白歌合戦」やお笑い芸人によるバライティ番組にも共通している。人々の辛苦や喜び、労働と生活とは無縁で、愛や絆や夢などの抽象的な歌詞の羅列で満足する歌手や、無芸の芸人たちのの虚妄と凡庸さに具現しているのである。

| | | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »