« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月24日 (木)

奴隷国家日本

2020091911420001  携帯電話は未だガラケーである。これには二つの理由がある。一つはカネがないのである。ガラケーの修理終了となってスマホへの導入を促す郵便物が何度も届く。しかしながら、数年後にはガラケー以上の通信料金を請求するというカラクリがある。通販商品と同じ虚妄である。第二の理由は、情報収集への拒否である。菅政権は、デジタル庁の新設によってマイナンバーカードと銀行口座への紐付けをして、一層の管理と収奪を狙っているのだが、これは新自由主義政策の権化である。菅内閣は超・新自由主義を推し進めて国有財産をも解体・奪取しようとしているのである。
 かつての伊東正義(大平正芳の無二の親友)は、「本の表紙を変えても、中身を変えなければ駄目だ」と首相の地位を固辞したのだが、金権政治に反対する自民党議員など今ではいない。時代錯誤の新自由主義と宗教的復古主義の合体した自民党など、今では時代遅れとなっている。両者とも将来の日本のあるべき姿ではない。元々「自由民主党」など羊頭狗肉の看板なのであって、現在の自民党になるのは、本来あるべき姿であり、運命だったのである。以前はまだまだ戦争体験者が存在して、戦犯をも擁している党内でも睨みを利かせていたのであるが、今ではそれも皆無になって、世襲議員、金権政治、派閥政治、財界主導、有産階級の政党に成り果てているのであり、「国民のための政治」などあり得ないのである。看板を変えなければならないのは自民党なのであり、看板を変えてはならないのも自民党なのである。
 毎日新聞やNHKの世論調査では、内閣支持率が6割との回答があったということだが、支持固定層は自・公の3割というのが精々のところだろう。そもそも、なぜNHKは民営化しないのか。防衛予算は過去最大となって、コロナ対策費や医療と介護の予算、文教・科学技術費や持続可能なエネルギー政策費、農業予算は比較するべくもなく、少ない。ましてやコロナ禍の中小企業に対する救済手当など雀の涙と言わなければならない。この地球において、ダメだしされた新自由政策を推進しているのは日本国のみと言わなければならないだろう。政府やマスコミの意思は財界の課題によって決定し、権力は資産階級に牛耳られ、芸能人やスポーツ選手、さらに御用学者によって権威化されて宣伝される。正しく、奴隷国家の所以なのである。


| | | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

終焉への道

2020091218030000 陰気な政治屋が日本国の宰相になる。農業に嫌気がさして上京したというが(この自慢の苦労話が東北農民をバカにしているのに吐き気がする)、唯々都会に出て立身出世をしたいだけだったのである。秋田は、国学の士である平田篤胤の出生地であり(彼もまた故郷を捨て出奔した)、奥羽越列藩同盟を切っ先に裏切り、今でも自民党の根城(自民王国)である(県知事も久保田藩の末裔である佐竹氏という驚きである)。そのために、現在も人口流失と過疎化が激しく招来しているのである。一刻も早く改変すべきである。
 ここからは持論であるが、本来、普通科の進学校は廃止するべきである。都会への大学と「有名」大学進学が目的だからである。中学卒業後は職業高校への進学制度を構築するべきである。適性がなければ別のコースへの編入もスムーズに編成されるべきで、学校制度はいつでも進路変更ができるように複線式にするべきなのである。普通科の高卒では社会的に何の意味もないのである。大学入学は20歳過ぎで十分であって、その間に学生は適性と能力を積み上げるべきなのである。医学部は、その意味で最も適性の無いものが所属している典型的な例であり、社会的地位を確保しながら患者を顧客にして荒稼ぎしている人物が多くいるのである。病院を受診してみたら一目瞭然である。患者が死ぬとわかったら何の関心もなく患者を見放すのである。エリートと言われる彼らが、自民党の圧力団体としての医師会と医療皆保険制度に安住しながら、この間のコロナ禍において、国民のためにほとんど役割を先導していないのも尤もなことである。むしろ自公政府のお先棒を担いでいるのである。ある著名な大学の医学部教授会を垣間見たことがあったが、それはそれは「白い巨塔」だったのである。
 また、職業高校や理工系大学にしても、理工系の予算配分を格段に重視するべきである(尤も、文教予算が過少すぎるのであり、膨大で無駄な防衛費を削減すべきである)。資源もなく少子化の時代に唯一期待できるのは、教育の力のみである。文系はリベラルアーツとして留めるのである。1991年に教養部(リベラルアーツ)を廃止するという文科省の失敗があったのだが、近年のノーベル賞受賞者を見てみると、知性がとても感じられないことが多い。教養を積んで理系的思考もできる人間の教育を目指すべきである。普通科の進学校卒で偏差値の高い医学部進学など洒落にもならない。患者の顔も見ず、問診と検査のみで、聴診器も当てずに触診もせず、患者とコミュニケーションも取れない医者などいらないのである。一事が万事、活力の無い日本になっているだが、自民党政治など全くもって時代錯誤と言わねばならないのである。

| | | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »