« 2020年6月 | トップページ

2020年7月

2020年7月29日 (水)

『農家が消える』

2020071817290000  午前中に田んぼと畑の状態をチェックするのみで、日がな一日、体を休めて午睡もする。年齢を重ねて体力も落ちてきているのである。あの世が近くなり、諦念することが多い。農に生まれて農に死ぬ、ということである。
 日本の農業と農山村の衰退が叫ばれて久しい。しかし、無用の長物である自公政権は農協つぶしを公言している。テレビでは、お笑い芸人が「うまい!」「おいしい!」という番組が氾濫しているが、これを見ると、「酷いもんだな」と嘆息するばかりで、空しく机に戻るのが日常化している。農業生産物に対する畏敬が足りないのである。生産する農家への想像力が足りないのである。半世紀ほど前には、「飯だと聞いたら火事より急げ」という諺があって(『信州ちくま 食の風土記』p147)共食が当たり前であり、「食べものを粗末にするとバチがあたる」あるいは「ご飯(米粒)を残したら目が潰れる」と子どもに諭したものであるが、今では金さえあれば商品として購入し、煮て焼いて食おうが勝手である飽食の時代となっている。驚愕すべきは、出荷された食料の三分の一は廃棄されている常態である。消費者は低廉な野菜が高値となったら不平を鳴らし、農家の手間暇への関心はほとんどない。例えば、イネとヒエの識別や野菜の一番果は早期に収穫することは農家の常識である。このように考えると、都会のテレビ芸人ほど罪深い人々はいない。
 1960年には基幹的農業従事者が1200万人だったが、今では200万人を切っている現状を知っているのだろうか。集約された地域農業の技術や伝統野菜品種が継承されていないこともある。農業後継者不足は地力や地域保全とも連関する。自然との共生は地球環境を守ることでもあるのである。また、食糧安保の考えからも、有事には食料輸入は途絶えて食糧危機が到来することすら予想される。私見によれば、農業の担い手不足の中にこそ日本の全ての問題が集約されているのであり、この視点から見るとすべての、そして異常な日本社会が見えてくるのである(参考文献『農家が消える 自然資源経済論からの提言』)。畢竟、農業への軽視と侮蔑である(野坂の農業論も参照。これも)。

| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

快癒を祈る

2020072108540000  大学時代の親友からの電話で、同級生が術後の経過がよくないとの連絡があった。聖書集会の繋がりである。職業高校からの、推薦入学ではない文字通り精一杯の進学であり、知り合いもなく、かつ貧窮していたのである。なけなしの親からの入学金5万円も支払って、生計すら覚束ない有様で、アルバイトだけが頼みだったのである(新型コロナの影響で困窮学生のことを想う)。だから、同県人の学寮のS先輩が心配してカネを融通してもらったり、日払いのバイトで糊口を凌いていたのである。夏休みに入ると即座にバイト尽くしで、それで授業料(その後のバカ高い授業料など才能を見捨てているとしか思えない自公政府の施策である)や生活費を賄っていたのである。奨学金が入って漸く大学生活が安定してきたのだが、それでも食費と書物の購入などのために、赤貧に甘んじた大学生活であったのである。衣類や履物はボロボロで、みすぼらしい貧乏学生そのもので、女子学生と付き合うことも、大学生活を「エンジョイ」することも、疎遠であったのである。ひとえに学問研究への憧憬があったのだが、それもままならなかったのである。ただ、大学時代は、何の実績もない、論文審査の極右教授を除けば、大いに恵まれたと思っている。
 その同級生は日本史学科の女子学生で、仄聞によれば、長野県送出の満蒙開拓団に関する研究を選択されていたのだという。自分は自分で孤独な闘いで苦悩していたのであるが、彼女は彼女で私的な悩みを吐露していて、大学内の無教会聖書集会において、キリスト信仰に救いを求めていたのだと思う(その聖書集会での原典購読においてコイネーを習得し、今でも新約聖書の冒頭や「主の祈り」を原語で口誦できている)。彼女の卒論選択は、彼女の内なる声に呼応していたのかと今でも思っている。直接話すことは少なかったのだが、お互いに精神的に相似していたのかも知れない。色白の顔色の中にも真剣な眼差しを覚えている。あまり大笑いすることなく、怜悧で内向的な表情が印象的である。その後は、信仰を守って公務員となり、結婚されて二児に恵まれ、定年して病に取りつかれたそうだが、時々、彼女のその後の人生を一顧することがあったのである。どうか病に伏している彼女が心身ともに快癒することを、衷心より願っている。

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

絶望を希望に変えない経済学

34067035

 偶然、昨年のノーベル経済学賞(偽のノーベル賞である)を受賞したという新刊本を図書館で見かけたので手にしたのだが、期待外れだった。表題とタイトルにも違和感を覚えたのだが、全くもって経済学が無力であることが分かった次第である。彼らの経済学は有害無益であるとも言えよう。アマゾンを覘くと、何とビル・ゲイツが「今夏必読の5冊」に選出と推奨しているらしい。こりゃあ、ダメだと思ったものである。著者の結論は、世界の二極化即ち相入れない分裂した世界という認識に立ち、その危機意識は正しいのだが、その解決策が疑わしいのである。世界の二極化は、根本的には欲望に根差した世界的な経済的格差を招来しているのだが、それに対する回答がよい経済学であるというのが間違っているのである。よい経済学はなぜ悪い経済学と闘わないのか。現実の経済は悪い経済学が席巻しているのである。著者もまた、「よい経済学だけで人々を救うことはできない」(p467)との言辞や「経済というものは硬直的である」(p138、465)とも吐露しているのだが、やはり経済学に一縷の望みを抱いているのだろう。著書の基調には、全体的にはヒューマニズム(p467)とアメリカ経済との関わりの中での開発経済学としての立場が一貫しているのであって、結論もまた良心的な落としどころなのである。経済と経済学の成長神話に対する批判はあるものの、それに対する根本的批判はなされていないのである。今や経済学の中心はアメリカであり、アメリカの経済学者がノーベル経済学賞を数々受賞して領導している。そして、彼らの拠点もアメリカであり、MIT(世界一位、二位を争う大学と喧伝されている)のフォード財団支援の教授ということだが、かてて加えてノーベル経済学賞の「栄誉」とゲイツのお墨付きをもらうような学者に何か意味があるのだろうか。とはいうものの、富の集中問題やシリコンバレーのハイテク技術などの言及には多くの示唆を得たことである。
 本日は終日、遅まきながら、黙々と孤独に、梅仕事(梅の甘酢漬けや梅干し作りの前段作業)に関わったのだが、一つ一つの梅を採取してアク抜きした梅を愛おしく確認しながらの作業であり、不足分の赤紫蘇を購入したり、漬物桶を日光浴させたり、田んぼの水位を確認して雑草対策を案じたりで忙殺された一日であったのである。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ