« 危機と対応 | トップページ | 自然の変移と人間 »

2020年3月29日 (日)

一体、何なのか。

34016954 新型コロナウィルスが猖獗を極めている休日。昨夜からの降雪で桜の蕾は重苦しく垂れ下がっている。小事で一度外出する以外は家に閉じこもっている。民俗学の関心から『北信濃漫遊事典』を読み継いだり、「ポツンと一軒家」を視聴して楽しんだりしている。呑気なもので、まだまだ農事は先のことである。「ポツンと」の番組は、プロデュースする局側の勘違いもあるが、林や所、それにゲストが冗言でなく、吉本やジャニーズなどの芸no人が登場しないのが清々しい。今や、都会ではなく地方への関心が時代のトレンドなのである。実際、首都圏の大学は「地方大学」(local)化している。都会では物価が尋常ではなく、上京組の教育費が膨大であるばかりでなく、情報伝達が瞬時になったこの時代に、首都圏で学生生活をするメリットがないのである。それに、地方出身の自分の経験によれば、首都圏の学生は要領がいいばかりで仲間で固まっていたのを想起されるのである。秀才と目されている人々が集結する東京において、行政のトップがあの程度であり、何の解決もなく混乱している惨状である。
 地方の新聞の裏面を眺めて、東京キー局のテレビ欄の番組を拾うと、「DASH海岸に異変暖冬でウナギ巨大化!東京湾の深海300㍍で深海ドローンが撮った「これ大発見!」生物が…巨大サメが大暴れ」「令和発表の記者会見”新元号を秘匿せよ”菅長官がテレビ証言㊙リハにスタジオ騒然」「緊急生放送!!宮本浩次森高こぶしクリーピー田島貴男モロハ眉村ほか」「松本浜田に㊙批判連発」「ゴシップ豊年祭ノブが山里に愛の告白中居自宅スクープ写真㊙事件で結婚生活危機」「コックリさんで覚醒!?吉本2度所属の真相!?愛車は50年もの国産車」「100日ワニが炎上騒動デフフットサルとは?」などなど、呆れてものが言えないというか、勝手にやればとも思うし、どうかしていると思うのみである。そして都会に資本が集積しているために、程度の知れたあの人々は、マルクスによれば、一般的等価物としてのカネに執着して、それを価値として最大限に思い込む物神性に取り込まれているのである。

|

« 危機と対応 | トップページ | 自然の変移と人間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危機と対応 | トップページ | 自然の変移と人間 »