« 落日の日本 | トップページ | 危機と対応 »

2020年2月28日 (金)

上京譚(その3)

2020020117580000 近年、東京がいかに都市としての資本投下がなされていること(都市計画)、学術文化面においても一極集中していることは理解できる。インバウンドの外国人観光客が蝟集していたことでも分かる。それなりに多くの人々を魅了していることは否めないのだが、高速バスで関越道から目白通り、山の手通り、青梅街道をスルスルと侵入すると、新型コロナウィルスばかりでなく、災害にも劣弱であることが露呈しているのも誰にでも認識できる。高層ビルは一瞬に道路をふさぎ、火災の劫火が市街地をなめつくすことが必定だからである。東部は地震や風水害に弱いことも明らかである。東京は政治、経済、文化、情報などすべてが集約しており、これが東京という首都の脆弱性を諸に規定しているのである。謂わば、一瞬にして日本の社会システム中枢が崩壊する危険性があるのである(東京もしくは国家に無縁であることが最も強靭なのである)。
 東京のある人が「会社帰りの飲み屋街としていいところだ」という口車に乗って、夕食のために神楽坂に繰り出す。飯田橋駅(坂下)から歩いたのだが、ここは大正時代に隆盛した花街ということで、江戸情緒をどことなく感得できる街である。車道と歩道が分離していて歩きやすい。ほんのりとした街灯や店の看板の明かりが灯す夜の街が美しい。坂道の所為なのか、集団とならずに歩く人の声が喧噪でないのがいい。裏通りの店や路地の狭隘はとても魅力的で、とんだデートスポットじゃないか。久しぶりに石畳の坂道をそぞろ歩くのも気持ちいい。これには恋人気分になった連れ合いとの二人でした(笑)。飯田橋西側は外堀を埋め尽くしたこと(外堀通り)もユースホステルの階上から眺めると判然としている。翌朝は寝覚めよく起床して、外国人らと朝食を共にする。日本人は当てにならない。とてもフレンドリーで眺望もよく、パンも御飯も両方欲張って大満足である。所用を済ませて、夕刻には新宿バスタに向かい、○○水産というところで魚介を堪能して東京を後にしたのである(全国的に○○水産と称する居酒屋が増えているが、こんなにまかせて魚を食べていたら、いづれ、人間は魚を絶滅させるだろう)。地元に到着すると、自家用車の窓はバリバリと凍り付いていたのである(「上京譚」終了)。
 この間の新型コロナウィルス対策に関する政府の対応を見ていると、このだらしのない自公政府の姿が如実に顕現しているという思いである。後手後手の対応だけでなく、発表が棒読みであり尊大である。この人たち(アベやハニュウダやアソウなど)は、普通の人たちと会話したこともないだけでなく、国民の生命と財産など全く無頓着であるということは、表情から見て明瞭である。
 

| |

« 落日の日本 | トップページ | 危機と対応 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落日の日本 | トップページ | 危機と対応 »