« 話半分 | トップページ | 画一化の歴史 »

2019年7月 7日 (日)

不安と競争の時代

33806161_2019070815390133806161_2019070815390133806161_20190708153901 33806161   大正期生まれの父は、働き詰めのために早逝してしまったのだが、他方で進取の気概もあって、村では珍しく、いの一番にオートバイ(カブ)を買い込み、その前輪カバーには、「殖産興業」と書いて乗り回していた。「富国強兵」と共に、そのスローガンは明治時代を象徴するものであったが、父がどういう思いでそれを書いたのか不明であるが、明治時代の雰囲気と影響を如実に受けていた証左であろう。
 この本では、明治の社会は、とても生きづらく、不安と競争の時代であることが論証されている。昨年は明治開始以来150年ということもあって、一部の明治礼賛者は色めき立っていたのだが、歴史の大枠で言えば、クーデターによって成立した、支配階級内部の権力闘争に過ぎないのであって、その結果は1945年の敗戦に集約されたのである。要するに、敗北して失敗したのである。著者の指摘していることは、不安と競争の中を生きた明治の人びとは、通俗道徳の罠に嵌ってしまっていたということである(pⅸ、74、76、144)。通俗道徳の概念は、恐らく安丸良夫によって提起されたものであろうが、「よく働き、倹約して、貯蓄さえすれば、人間は必ず成功する」という信念である。しかしながらそれは、「成功」する者など、ごく一部なのであって、この間違った信念は必ず弱者や貧困層に自己責任を強要するものとなって、1980年代から浸潤した新自由主義によって、国民の資産を解体・簒奪して一部の支配層に富が集中して貧富の差が拡大しているばかりでなく、社会に分裂・崩壊化と世襲化をもたらしているのである。それは、明治時代にあっては「立身出世」という言葉に象徴されていたのである。しかしながら、ことはそれだけではない。この本の範囲を超えた問題もあるのである。即ち、天皇制イデオロギーである。通俗的観念を流通させるためには、その紐帯が必要不可欠なのは言うまでもない。この間の改元とその行事、さらに天皇家への関心の集中は、公文書や役所の書類(戸籍・住民票・健康保険・雇用保険・年金など)に国民に周知されるものとなっている。令和という元号によって、国民は歴史の中で繰り返し自分自身を規定してゆく現実に晒されて、刷り込まれてゆくのである。

|

« 話半分 | トップページ | 画一化の歴史 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日本の近・現代史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 話半分 | トップページ | 画一化の歴史 »