« 不安と競争の時代 | トップページ | 8.6広島原爆の日に »

2019年7月16日 (火)

画一化の歴史

31766439   この本は、実をいうと二読目である。出版が2006年であるから タイトルは、正確に言えば、『113年前の家庭生活』である。要するに、対象は「明治三十年代の家庭史」(p8)である。明治45年(大正元年)生まれの者が生存しているならば、107歳であるから、ほぼ現存している人はいない時代を取り扱っている。大凡、日清戦争から日露戦争までの明治末期時代の話であり、日本の産業革命が確立しようとする時期と照応するのである。明治維新より30年余りになり、人口は1900年(明治33年)に4400万に推計されている(p189)。しかしながら、約8割の日本人は地方に定住しており、日本の基幹産業は農林漁業だったのである。交通機関が発達して農民が都市への流入し始め、軍隊への入隊という経験もまた農村部を刺激したのだが、社会全体としては、階級格差が相当激しく、庶民は貧困に喘いでいたのである。それは都市住民(細民)もまた例外ではなく、横山源之助は『日本之下層社会』(1898年)で詳論している。また、脚気と結核、赤痢と腸チフスなどの病気で、命を失う者も少なくなかったのである。注目したのは、第七章を記述した佐藤裕紀子氏の言及である。「つまり、明治三十年代は、生活の学校化と学校生活の定型化という、子どもたちの生活における二重の意味での画一化をともないながら、今日における子どもたちの生活の基礎が形成され始めた時期であるということである」という指摘である(p226)。想い起せば、1960年代前半の地方での生活は、ほぼこの明治後半の時代の延長線上にあったと思われるのである。小学校では板塀の校舎であり、廊下は走ると時折抜け落ちたり、ひび割れたガラス窓であったし、農作業はその時代に毛が生えた程度で、似たような手作業に追われていたのであり、養蚕業も終息期であったのである。ほとんど変化していなかったのである。そして、60年ほど前の時代が、実は、その土台が江戸時代に規定され、生活が明治の教育制度によって少しづつ改変されてきただけの歴史だったのではないかと、しみじみと思われるのである。

|

« 不安と競争の時代 | トップページ | 8.6広島原爆の日に »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日本の近・現代史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不安と競争の時代 | トップページ | 8.6広島原爆の日に »