« 近代日本の科学技術への「総括」 | トップページ

2018年6月 5日 (火)

梅雨入り前に

2018060218320000 明日にも梅雨入りする気配である。ひと月以上、ブログとはご無沙汰である。農事が始まり、あれこれと手配と実働をしなければならないのだが、今年は事情があって、人生残り少ない(?)時間を割かれているのである。日本が壊れてゆくのを斜に構えながら眺めることも乙なものである。全てが可笑しい。意味もない野球が嫌いになって久しいが、大谷がどうのこうのとスポーツニュースがやかましい。ワールドカップ・サッカーに向けてのピークアウトした人選で何ができるのか。アメフトなぞ、本来選手を駒としたスポーツじゃないか。国民栄誉賞を貰って喜ぶ、お目出たいスケート選手、軽蔑あるのみである。大体、スポーツで激励、なんてとんでもない驕りであり、噴飯ものである。アベによる国家の私物化や政・財・官・学・法曹・マスコミ・芸能・スポーツ等の腐敗と無力化、大いに結構である。笑いが止まらない。文書改竄どころでなく、国の最高法規も改竄されるとあれば、日本国終了となるのである。なあーんだ、みーんな愚か者ばかりじゃないか。いいぞ、いいぞ。鯛は頭から腐る、というのは本当だな。嘘つきはアベの始まりということで、社会そのものが虚妄と化しているのである。子どもに嘘をつけ、開き直れ、という道徳を教え込むアベとアソウである。自民党は極右政党であるが、政治・外交の無力、財政赤字の垂れ流しと国民への責任転嫁、国家の私物化が席巻している。これに3割弱の国民が悪乗りしているのである。誠に喜ばしい限りである。しかしながら、アベとアソウは死ぬまで辞任してはならない。中途半端はダメである。どこまでも零落してゆかなければならないのである。誰にも相手にされない程に奈落の底までお付き合いしなければ、人々の理解を得ないのである。次期首相は大変だねえ。全てを入れ換えなければならないのである。もう一度の敗戦を処理しなければならないからである。あの敗戦時以上に、政治責任を国民総体に問わなければならない大事業(真の革命)の責務を負うのであるから。半世紀ほど前に、安保・沖縄闘争や大学闘争で問われたことが現代に蘇っているのは確かである。

|

« 近代日本の科学技術への「総括」 | トップページ

日本の近・現代史」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/73627609

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入り前に:

« 近代日本の科学技術への「総括」 | トップページ