« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月27日 (火)

怪しい、怪しい、怪しい

Yjimage 本日の休日は、冬用タイヤからの交換や自転車修理、少し伸び始めた草取りや植え替え、情報処理の教科書的勉強など課題をこなして、佐川前財務省理財局長(前国税庁長官)の証人喚問を途中休憩しながらテレビで眺める一日だった。庭には梅の花が綻び出し、密集した黄色に染まった山茱萸が風景を彩っている。イヌノフグリが足下を賑やかに飾り出している。蕗の薹はやや薹立ちし始めている。快晴の光が背中を温めている。風はゆるりと暖かい。春到来なのにである。
 喚問は予想通りの展開である。この人には信念がないらしく、自己保身の権化であることが理解できた。無論、生殺与奪の権が握られていることは疑い得ないのだが、身を切る決意も無いようである。キョロキョロ動く目線が典型的な小官僚であることを証明している。正義感の微塵も感じられない。悲しい人である。財務省の面接試験では、志望者に「なんとつまらない人生だな」と虐められるそうであるが、入省してこれでは財務省のレベルが知れている。ほとんどが東大卒であるが、秀才の成れの果て(白色矮星)である。核心点はすべて「刑事訴追の恐れ」で乗り切った(つもりな)のである。日本国憲法第15条は、(内閣人事局ではなく、)国民の公務員選定罷免権と(国民)全体の奉仕者という公務員の本質を明記している。(国民と)天をも恥じないとなってしまったのだから、悔悛して自白するまで森友問題を追究するのが日本国民の絶対的課題となったのである。国民はなめられているのである。そして、誰が指示し、何のために改竄と偽証はなされたかを徹底追及することによってしか、民主主義は貫徹されないのである。空洞化した日本国憲法が、極右政党である自民党によって改悪を迫られているのは偶然ではないのである。ちなみに、長野高校出身の北村弁護士は、日本国民が誰しも思っている疑義を差し置いて、佐川氏の証言拒否を正しいと反論しているが、長野県民として恥ずかしい限りである。それともう一つ、年齢が近い北村弁護士や佐川氏、及び時の首相の頭髪がふさふさと豊かであるのも、悩みで薄毛になっている自分にとって絶対許せないことである(笑)。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

曲学阿世の国史学

33565344_2 講座派と労農派との日本資本主義論争は、1930年代前半に生起したのだが、この論争は30年代後半には国家権力の弾圧によって強制終了させられた。この論争は、究極的には、左翼論客による日本の革命戦略をめぐるものであって、戦後になっても決着を見ていないと言えよう。敗戦後の歴史学においては、昭和史論争、ファシズム論争、そして「革新」派論から総力戦体制論へと展開しているのである。昭和を睨む歴史学者の面々は、戦争を体験したり、証言した世代から記憶と記録の世代となり、もはや歴史資料を渉猟して考察するしかない現実となっている。だからが故に、巷間では虚偽の歴史観や歴史本が幅を利かせ、書店の店頭やネット上に溢れ返っているのであるが、この主要因は歴史学者のだらしのなさの故なのである。彼らは政治家などの日記や天皇実録などの第一史料を漁ってばかりいるのであるが、それらへの批判もなく政治史中心の歴史を把握して通史を論述しようとするものだから、結局、気の抜けたサイダーのような歴史記述となってしまうのである。
 さて、総力戦体制論は、敗戦の前後の連続性を強調するものである。学生時代には、単位取得のために参考図書として、山之内靖の『マルクス・エンゲルスの世界史像』という出世作を精読したことがあるが、当時の東大では疑似マルクス主義者による学問が席巻していたのである。そして海外の学問の成果を吸収して、それが恰も自分が編み出したものとして取り繕う曲学阿世の学者ばかりだったのである。そんな連中が唱道し始めたのが総力戦体制論なのである。ならば、日本の歴史、特に日本の近現代史を読み解く場合、一体何が必要なのかを次回に詳述してみたい(続く)。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

「わたしは東京を侮蔑する」

2018031215570000 面倒臭い一日であった。精神的な疲労が身に襲い掛かっている。人を何とも思わない行政末端で確認作業をし、午後は確定申告のために会場に急ぐと、e-taxの定着を目指して、税務署は指導が中心で要領を得ない。行政は税務に疎い市民を置いてきぼりしているようだ。NHKの天気予報は、最低気温と最高気温を表示して概況を説明するばかりで、自然のあるがままをニュース化せずに、本来的な人間生活を無視している都会人の有り様には呆れるばかりである。千葉県の情景を見せても、薄っぺらな映像で誤魔化すばかりで、この地方では何の意味もないのである。関東圏には、何十年も前に薄暗い青春を過ごしたこともあるのだが、今となっては何の意味もないニュース映像である。花鳥風月は都会の日本人には全く忘れ去られたようである。『鶴瓶の家族に乾杯』という番組は、その地方の自然と人々の生活が垣間見られるので楽しみにしているのだが、興味本位のディレクターの指向が邪魔をして、見飽きた同一地方が繰り返されて興ざめである。地方はもっと千変万化で豊かなのであるが、都市の人間には分からないのだろう。中には、地方に在住しながら地方の因習を強調している大バカ者がいるが、全くもって失笑してしまう。政治腐敗の原因は地方なのか。原発による(核)電力を享受していたのが都市住民なのである。しかも原発被害の風化を許しているのも都会人なのである。自民党一強支配を許して金城湯池になっているのも都市の選挙区なのである。維新も公明も都市選挙区で出張っているのである。確かにごく一部の地方では、長年の自民党支配を受けているのだが、それは今もって都市在住の世襲議員が跋扈しているからである。長野県では、高校卒業した若者の約8割は都市へと流出してしまうのである。地方のロードサイドを占拠してストロー現象をきたして、地方のあらゆるものを収奪しているのである。29歳の高群逸枝は、『東京は熱病にかかってゐる』という詩集で、「私は都市生活、ことに不正に満ち、阿諛と屈辱とに満ちた売文生活に耐えきれない」と表白している(p200)。「いやな醜い東京、わたしは東京を侮蔑する」(p216)と。それは若き日々の四国巡礼の故に覚えた感覚であった。春先の四国や瀬戸内は風光明媚で、さぞかし美しいことだろう。東京では梅が開花したそうである。しかしながら、醜い東京の政治家は、その醜い悪相をテレビで永遠に晒し続けているのである。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

軍部の台頭と近代天皇制

33559108 この巻では、「憲政の常道」の時代から軍部主導の「挙国一致」内閣の時代までを取り扱っている。次に続くのは近衛新体制の時代であり、結果的に国家的破滅に収束するのである。憲政の常道とは、第二次護憲運動によって成立し、五・一五事件によって崩壊した政党内閣制である。多数議席を獲得した政党が内閣を組織するという政治的慣例である。決して法的拘束力がある訳でない。裏を返せば、明治の「元勲」が鬼籍に入って藩閥・超然内閣への飽きからくる大正デモクラシーによる精華というべき慣例であったのであるが、実態は西園寺公望(唯一生き残った元老)の首班指名に基づいて天皇の大命降下という方法に拠っているのであって、元はと言えば、「大日本帝国憲法には、首相決定のルールが定められていない」(p4)のである。明治憲法は伊藤博文が中心となって井上毅らが起草したと言われているが、これがまた、出鱈目な憲法なのであった。天皇、天皇、天皇・・・と天皇親政を謳い(欽定憲法)、その大権を規定しているからである。だから、著者はエピローグで天皇制と明治憲法に逢着せざるを得なかったのである。言うまでもなく、統帥権は天皇の大権であり、内閣(行政)からは独立していたのであり、軍部は天皇の不可侵性または神聖性を盾に権力介入から伸長へと進展したのであった。これには、腐敗した政党・財閥勢力や明治以来の天皇制に洗脳された臣民意識という少なくとも40年以上にわたる歴史背景があったのである。「戦争が廊下の奥に立ってゐた」(渡辺白泉)という俳句があるが(この句の戦争とは憲兵の意であるらしい)、戦争は少しづつ浸潤し、段階的に一気に進捗するのである。軍部が国家権力を掌握して侵略戦争に敗北した責任は、当然の如く、近代天皇制にもあるのであって、ここで戦争責任問題にもなるのである。戦後に成立する「日本国憲法」は、大日本帝国憲法に基づいて帝国議会で承認され、枢密院の可決後、天皇の裁可で公布されたのであるが、ここで注目したいのは、戦後憲法でも天皇制は生き続けているということである(法的継続性)。天皇制問題は、決してタブーとするのではなく、戦争反対を貫くためにはこの問題を避けて通れないのである。著者が最後の一文で、「近代天皇制が、政治統合の主体としての実質的な機能を依然として封じ込められる一方で、国民統合の象徴としては無制約に解き放たれていく、そうした時代でもあった」(p241)という指摘は、現代にも生きているのである。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »