« 忸怩たる思い | トップページ | 軍部の台頭と近代天皇制 »

2018年2月 9日 (金)

大正日本の正体

33537432 大正時代の日本について論じるのは、非常に気後れを感じる。なかなか一概に論じることはできないのである。この巻は、大正期を国際化時代という視点から立論して、概ね成功していると思われるのだが、歴史研究者によくあるように、政治家どもの暗闘史観によってその時代をイメージするのでは、どうしても不満を覚えてしまうのである。元老や政党政治家による権力闘争の分析に終始して、大正デモクラシーへの言及が過少であり、置き去りにされているのである(著者は殆ど大正デモクラシーという用語を使用していない)。そもそも、明治、大正と元号で(一世一元制度)時代を考究することに疑念がある。明治維新以来の天皇制イデオロギーの支配に屈することになるからである(これは現在でも支配的なイデオロギーである)。また、階級闘争史観からの歴史本は、多々存在しているように錯覚されているが、殆どないのが実状であって、ほぼ天皇制もしくは国民国家の視点として上梓されていると断じてよい。国民国家というイデオロギーもまた、はぎとり難いほど浸透しているのである。
 さて、大正時代は、大まかに概括すると、護憲運動に始まり、普通選挙を引き換えに治安維持法の成立に終わる。対外的には辛亥革命や第一次世界大戦、ロシア革命などの影響を受け、対内的には政党政治と社会運動という大正デモクラシーに彩られている。著者の言うように、立憲主義から民本主義へと「都市の民衆が政治的主体という時代が始まった」(p208)とも規定できるだろう。しかし他方で、自立・孤立と国際協調との対立項で迷走しながら、対華二十一箇条要求に見られるように、満蒙の権益を死守するだけでなく、中国侵略への衝動も底流に流れていたのである。老壮会、猶存社、行地社などの右翼結社が次々と結成され、高畠素之や上杉慎吉(東大教授)等は、国家主義的団体を創始しているのである。三度にわたる対外戦争に勝利した帝国日本は、ナショナリズムの激しい坩堝に入り込むことになった訳である。1925年の治安維持法の制定は、大正デモクラシーを根絶しにして、軍部や右翼団体の台頭を招来するものとなり、大正時代の終着点なのである。そういう意味において、大正時代は、アジア・太平洋戦争の敗戦を準備した時代とも定義できるのである。特筆すべきは、関東大震災に乗じて、国家に反逆した大杉栄や伊藤野枝等が、国家(憲兵隊)によって惨殺されていることである。この甘粕事件亀戸事件に憤激した難波大助は虎ノ門事件を惹起し、ギロチン社や労働運動社のアナーキストたちは大杉の復讐を誓ってテロリズムに走っている。これらもまた大正末期の事柄である。明治維新によって創造された天皇主義国家は、依然として日本を覆い尽くしているのである。大正時代は、一方ではデモクラシーの時代でもあり、他方では「抑圧・圧制の時代」でもあったのである(これ参照)。
 

|

« 忸怩たる思い | トップページ | 軍部の台頭と近代天皇制 »

日本の近・現代史」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/72879830

この記事へのトラックバック一覧です: 大正日本の正体:

« 忸怩たる思い | トップページ | 軍部の台頭と近代天皇制 »