« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

歪んだ明治維新観

2017122913140000 静かな年末である。目覚めてから朝食をとり、シリーズ「日本近代の歴史」(吉川弘文館)を読み耽る。漸く、第二巻目である。遅読のために、論点が見えにくくなる傾向があるが、それはいよいよ痴呆になりつつある自分の所為である。
 第一巻は、「王政復古」後の国政改革を記述する内容であるが、惜しむらくは、維新に至る経緯については断念されている。「あとがき」にもあるように、著者の専門分野に絞られたのは致し方ない。
 33496056王政復古の大号令は、天皇の権威を利用した、公家や薩長等の武力討幕派による「クーデター」(内乱的な権力闘争)であるが、この事実はあまり周知されていない。立憲政体となっていない明治維新は、実際のところ反動政権だったのである。しかしながら、だからといって、革命を否定するものではないが、教科書的な理解や歴史家の中にも、その事実を根底的に認識している者が少ないのである。だから、現代においても、明治維新をよきものとして理解しているばかりでなく、高く評価しているのである。第一巻の著者も例外ではないと思われる。反抗する者へのジェノサイド(鳥羽伏見の戦い~函館戦争、西南戦争)は徹底していたのである。そもそも王政復古の御前会議すら騙し討ちだったのである。長年による幕藩体制にあって、幕府側は安穏としていたのである。以上のような認識なくして明治維新の本質を正確に捉えることはできないであろう。第一巻の中で、特に目を引いたのは、「地租改正は、旧幕府系の開明官僚が構想し、立法化したのである」(p227)という一文であった。更に、「わが国」「わが国制」「聡明なわが国民」「慧眼の主・・・岩倉具視」などの表現は、歴史研究者として不用意であることを指摘しておかなければならない。これは前述のような明治維新観に基づくと思われるのである。それはまた、「維新」という言葉をも歪めることになっているのである(アベの幇間となって、憲法改悪をたくらむ「維新の党」などと名称する連中についても言わずもがなである)。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

『窓を開けなくなった日本人』

32169906 いつの間にか縁側や軒先はなくなり、欄間や障子の和室は一間(ひとま)に限定されて、生活の中心ではなくなっている。この70年の住居様式は、途轍もなく変遷しているのである。その一考察に資するために、この書物を紐解いたのである。屋根は藁屋根から瓦へ、更にスレート葺や鋼板葺きとなっている。平屋から二階を増設し、アルミサッシ枠が導入されて外部と断絶することとなっている。高度経済成長期に登場したサッシ窓は、断熱効率が高く、「この六十年は、日本の住宅が『隙間風の時代』から『強制換気の時代』へと突き進んだ時代であった」(p55)のである。昔の住宅への不満から全体暖房となり、空調システムの進化によって日本人は窓を開けなくなった、というのである。モノの急増は二階・屋根裏への要求となり、車社会の進展は駐車場増設となり、最も重視されたのは屋内環境の充実と快適であり、一歩外に出ると余所行き仕様となって、家の壁は文字通り人間生活の壁となっているのである。だから、子供たちの声も聞こえず、近隣に人影がなくなってしまっているのである。著者はまた、「これまでの六十年の住宅変化を突き詰めてゆくと、最後には『ホテル』のような空間になってしまうという危惧が私には少なからずある」(p126)と批判的である(どおりで、例のアベ友である強姦魔が、ペジー社の社長が提供するホテル住まいをしていることに合点がいった次第である)。鉄筋新築校舎の高校に入学した時、ダスト・シュートが設置されていたが、すぐに使用されなくなった過去の思い出がある。その高校には、建築学科も併設されていたのは皮肉というべきである。建築家は少なくとも100年以上先をも見通して設計すべきと思うのであるが、購入者にとって家そのものは一生の買い物であるから、その考えは至当と思われるのである。この頃では家屋の寿命は60年(実際には30年余りで取り壊されている)と流布されている。新聞には建築関係のチラシがよく折り込まれているのであるが、実際には、建築業界も玉石混淆という訳である。ゆめゆめ警戒しなければならない。尤も、転居約17回の「引っ越し貧乏」のために、持ち家には程届かない自分とっては、無関係なことなのではあるが・・・(笑)。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »