« アベとコイケという国難 | トップページ | バッタを倒すのは誰か? »

2017年10月 2日 (月)

「農業は儲からない」のか?

2017100210190001_2 稲刈りを敢行した。朝からの曇り空であるが、所用でひと時、健康・歯科相談を終えると、直ぐに田んぼに出向き、家族の協力で稲架かけまで完了したのである。稲刈りに続き、稲架に掛ける作業、落穂拾いなどの細かい作業を終えると、心地よい疲労が全身を満たした。昼前から雨がそぼ降り出し、一人、昼食も抜いて稲架掛け作業を黙々とこなしていたのである。終了時には、雨が本格的に降り出したのであるが、次は畑に出向いて、大根一本、人参四本、キャベツ一玉、ネギ二本をおろぬき、序でに白菜の間引きを実行して、家へのお土産とした。すっかり帽子は濡れて、衣類も湿りがちで自宅に急行した次第である。遅い昼食は午後三時を既に回っていた。畑の周囲のりんご畑は、すっかり秋映やシナノスイーツが赤づいている。「収穫の秋」と言っていい頃合いである。

2017092812080000 「農業は儲からない」という言辞は、一般的には農業以外の分野の人びとから聞かれるのであるが、時には、就農した人や農家出身の人から耳にすると少なからぬ怒りを禁じえない。農業のことなど何も知らない元自民農林部会長であったコイズミシンジロウは、農協の協同を破壊して日本農業を崩壊させる提案をしたのだが、実にアメリカの意思を体現してきたのである。こうなると、野坂昭如が提案したように(これこれ参照)、農民は農産物出荷拒否という手段でストライキをしなければならない。少なくとも自給農業を目指すという手段で都市の人びとを開明させなければならない。世界的に見れば、農業従事者の中には反グローバリズムの声が日増しに高まっているのである。民進党の前原代表も、コイズミに負けず劣らず地頭が悪く、「(GDP)1.5%を守るために98.5%を犠牲にして良いのか?」とTPP妥結にのめり込む発言が記憶に新しい。農業のことなどまるで分っていない「口だけ番長」である。こんなだから、「絶望の党」に身投げする民進党解体の戦犯と成り果てているのである。同じ京都大学出身の長野一区選出の民進党議員は、よしみで、こんな輩に代表選で投票して、今頃になって困惑している始末である。自業自得である。農業のことについては、タイトルを手掛かりとして、いつの日か、本格的に持論を展開してみよう。

| |

« アベとコイケという国難 | トップページ | バッタを倒すのは誰か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

農業・農事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「農業は儲からない」のか?:

« アベとコイケという国難 | トップページ | バッタを倒すのは誰か? »