« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

昭和っ子の本

33633868 『昭和っ子の朝焼け』の「昭和っ子」とは、昭和(20年代後半~)30年代の子供のことであり、この民俗学的な著述は、その時代に生きた子供達の生態をいきいきと書き取ったものである。筆者がその「あとがき」で記されているように、史誌や研究書など無数にあるのだが、「生活者本人が自らの実体験を広範かつ具体的に記した」ものは殆どない。自分史の作成がひと頃流行ったのであるが、ほぼ自慢話ばかりで民俗学的資料としては無意味なものが多い。そして、「わずか六、七十年前の近過去がどんどん分からなくなっている」(p317)のである。歴史から学ぶというが、現代人はほとんど歴史から学ぶことが不得手なのであり、学ばない。思考することなく、リア充から逃亡し、実体験から学ぶ健全な価値観を形成することなく、ネットでストレスを発散し、個人情報がダダ洩れにも関わらずにネット世界の餌食になっている青少年に対し、若い親たちも影響されて理不尽な大人たちが増えつつある。この辺の分析は少しくなされていないという意味で、いかに無駄な本が上梓されているのか知れない。この著作は、詳しく知られていないその時代を見事に描写されていて書店の店頭で発見してすぐに購入してしまった次第である。その時代に生きた子供たちの感情も明らかにしていて、待望の書だったのである。

 暑い日中は避けて読書に勤しみ、夕方に草刈りをして、ミニ白菜を播種した一日であった。ミニ白菜は、娃々菜といい、例の信州山峡採取場の種で、道の駅信州新町で購入したものである。14粒入りで100円でしたので、試行栽培としては適宜でした。この道の駅は、新鮮野菜・山菜と西山地方の美味しい豆や蕎麦がおススメです。訪問した時は燕の子育て期にあたり、庇では、親が子への餌やりや見張りなど甲斐甲斐しい働きぶりで飛び交っていました。とても田舎らしいのんびりとした道の駅で、余分なものがなく、リラックスできます。蕎麦目当ての人も多いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

写真集を読み解く その2

8 1960年代の「家の光」は、ここ信州の農村では農協を通じて、どこの家でも家のどこかに置いてある雑誌であった。自分にとっても、活字への関心はこの雑誌に育てられたのは言うまでもない。今でも、書店店頭に並ぶ他の雑誌を押しのいて、最も購読者が多い雑誌である。版型は今より小さく、父母は読んでいたのかどうか(農政を語るうえで、『家の光』を研究する歴史学者が殆どいないのは残念なことである)。母は尋常小学校もまともに通えず、息子の私に漢字を尋ねたり、漢字辞書が手元に必携であった。平仮名に少々の漢字しか知らない母を、私は決して恥じていないどころか、むしろ健気に生きた母を誇りにしている。そのことを思慮すると、今のアベ内閣を到底許すことはできない。二の丸は陥落した。次は本丸へと関係者一族郎党を民衆の手によって掃討しなければならない時である。民進党など関係ない。民衆自身が政党を創出し、育成しなければならない時期なのである。

 『写真アルバム 上田・千曲・東御の昭和』の後半の写真を丹念に読み解く作業は続いたのである。
①1950年代、戦後の混乱から一息つき、人々は余暇の楽しみを興じつつあるが、農民は食糧生産に追い立てられているばかりである。耕運機や脱穀機などが普及し始め、子供たちは坊主頭やおかっぱ頭で父母の農作業を手伝うのが当たり前であった。
②1960年代になると、子供たちは下駄履きからゴム靴へ、学生服とセーラー服へ、肩掛けカバンとなり(1970年代には背嚢カバンへ)、大人たちは和装から洋装が普及した。1960年代後半には、未だ茅葺の屋根の民家が残存していたが、やがてトタンが被せられ、瓦葺が普及した。学校の作りは板張りからコンクリート製の校舎となる。
③戦後、天皇の行幸が頻繁に行われ、1964年の天皇御一行の植樹祭では、新戸倉温泉の白鳥園に二泊されて、人々は国道で日の丸を振って出迎えた。私も、教師の指示で日の丸を持たされ、理不尽にも、通過時に平身低頭させられたことを鮮明に覚えている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

写真集を読み解く

2017072111410000 兎に角暑い。冷涼な信州である筈であるが、朝から気温がぐんぐん上昇して、日中は家内で過ごすこととなるのだが、正午前に所用の帰途、田んぼに寄ってみた。分蘖途上でいよいよ中干しに入るのだが、これが難しい。隣の精農家の田んぼは中干しに入っている。教科書によると、最高分蘖期で田植え後60日である筈なのだが、様子を見ながら経験を重ねる他はない。畑では、それなりに収穫できているのだが、シソの葉の栽培は失敗して、直売所で購入して、本日、白梅酢の上に投入した。梅漬けではなく、梅干しの作業は続いているのである。後は天日干しである。年金だけでは到底生活できないので経済活動をしなくてはならないのであるが、田畑の見回りをしながら様々に思念していることである。今年は野菜の生産を中心として工夫しながら栽培している。
201706191642214388 いき出版のこの写真集を一つ一つチェックする。解説はどうでもいいのだが、写真が語る昭和の分析である。漸く、高度経済成長のまでに至りついたのだが、この所、身心だけではなく、脳の方も呆けてきて、寄る年波は如何ともし難い。理解できたことをメモ風に書き残しておく。
①大正時代まで脱穀は千歯こきを使い、昭和になって足踏み脱穀機を使用し始めた。大正時代まで、江戸時代そのものの農業であって、手作業の稲作が慣例であった。
②キャベツの栽培は戦前にも行われ、甘藍(玉菜)と呼ばれていた。
③養蚕王国・信州の端緒は江戸時代初期であった。
④戦前は国民服と割烹・モンペであり、戦後になって若者から始まって洋装が広まった。
⑤戦後、歌謡と演劇の青年団活動が盛んであり、生活改善と農業技術改良から、菅平硫黄鉱害反対運動浅間山米軍演習化反対運動へと政治化したが、青年の都会流失によって運動はやがて消失した。
⑥昭和30年代には、養蚕・畜産・果樹などの複合経営であったが、機械化の流れの中で、耕運機や脱穀機などの普及したのであるが、所得格差の拡大によって農業は衰退の一途をたどることとなる。以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

アメリカ帝国主義の勝利

31058051 今回の都議選もまた、すべては茶番であり、予想通りである。であるからと言って、諦念している訳でもない。都政なんて関係ない。もう何年も上京していない。旅行や冠婚葬祭などの機会があるが、すべて断っている。東京が嫌いだからである。多分、2012年に東北大震災ボランティアの後で、秋葉原に立ち寄ったのが最期と思われる。大体、選挙は選挙公示日には大勢が決まっているのが専門家の常識である(余程の風が吹かない限り決定)。選挙運動員を経験したことがあるが、選挙運動では、手応えと票数の値踏みは具体的にしっかりと行われているのであり、知らぬは選挙民なのである。公明の支持者が共産党への支持票になる訳でもなく、選挙運動期間は(票数)確認に過ぎないのである。投票行動をしない無関心層など基本的に当てにならないのであり、支持層固めが狙いなのである。学校教育の中では、政治行動は一切禁止されているのであり、長い義務教育と高等教育によって非政治化され、無関心層を醸成させるのが日本の教育なのである。それは、確定申告時に如実に顕現している。学校教育では、確定申告のことについては全く教えられておらず、労働者もまた確定申告を自らすべきとは教えられていない。選挙の好きな保守層は脱税と節税のために殆どが確定申告を行うのであるが、無関心層は税意識が全くなく、余計な税をむしり取られても平気な面をしている。多くの国民もまた税意識が希薄なのである。ところが、世の支配層は、必ず確定申告をして、必ず自分の言うことを聞く政党に投票するのである。その代表的な例は、竹〇平蔵である。しかしながら、この人物は表を張る玉ではなく、政界の渡り鳥であり、権力者に常に帯同し、権力欲にかぶれたコイケが担うこととなっている。動機が不純なことから、コイケもまた遂には捨てられる運命なのだが、これにシンジロウが加わると強力な悪臭となって日本国民は苦難を強いられる筈である。元々、「維新」など相手にされていないのである。選挙における投票行動とは、選挙陣営にとっては、支持者名簿が収集明記され、支持者にとっても情実とコネというWin-Winの関係となっているのであり、したがって、一度として、民主主義国家であった試しはないのである。野党と東京都民の完敗であり、都議選の唯一つの関心は投票率のみである。半分に行かなかったら実質四分の一の選挙民の支持にすぎないのであり、本来無効である。それにしても投票行動した東京都民は、大阪府民に負けず劣らず、野党や批判勢力を認めない翼賛の選択したのであり、後は無党派層に期待するしかない。大都市は、いよいよ異臭を放ち続けているのである。

 大都市の喧騒から離れ、梅取りと梅漬けの準備、及び田畑の草取りに専心する一日で、休日なのだが余裕のない一日を過ごした次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »