« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

悪魔の正体

2017062917310000_2 夕方、田んぼの水入れをしようとすると、思わぬ西山からの激しい驟雨のために、全身ずぶ濡れになってしまった。午前に、嫁さん孝行しようとお出掛けした後、暑さを凌いでの午睡後に馳せ参じたところである。水田が湛水できて喜ばしいことなのだが、パンツまで浸透して、大慌てで帰宅。すべて更衣する程の雨脚だったので、今日はこれにて農作業は中止と相成った次第である。雨雲が空を覆い、水田に雨滴が激しく降り注ぐ天候で、山が霞んで見える。風の具合を見ながら一回限りの除草剤を散布するタイミングが取れない日々である。
 先日、信毎を開いていると(共同通信提供)、全国の土地の2割(38万㎢×0.2=7.6万㎢=760万㏊)が所有者不明というニュースを目にした。九州の面積を上回るという。都市化、少子高齢化の波の中で、耕作放棄地を始め、農地の転用など、土地への執着力が減っているのだろうが、恐らく、荒廃農地は耕地面積440万haの内、30万㏊を既に超えていることだろう(国土に占める農地の割合は約12%であり、欧米のそれは5割前後である。日本の森林面積は約66%であり、いかに日本の国土が森林で覆われていて、農地としては利用制限と限界があることが分かるだろう)。したがって日本の農業は、海外のような大規模農業が絶対不可能なのである。農地集約による小規模化(日本の農家の殆どは零細農家である)が精々のところである。北海道農業ですらアメリカ農業の二分の一程度の規模なのである。日本の農業をどうするのかという岐路・選択が厳しく国民に問われているのである。
 その問題以上に切実なのが、科学技術の劣化の問題である。タカタや東芝などの企業の落城がそのことを象徴している。情報産業化への流れを見誤り、基礎科学の軽視などが考えられ、理工系の学生・研究者が日の目を見ずに置かれて、役立たずの政治屋や企業家や文系出身者やスポーツ・芸no人などの報道ニュースで覆いつくされている。アベ夫婦を始めとした政治の私物化はその最たるものである。神戸「正論」懇話会では、かけそばチェーン店を全国展開すると絶叫している。身内の中でしか説明できない小心者である。その昔、泉南地方を行脚したことがある。同じような建売住宅が居並んでおり、一様に犬を飼っており、一様に青い新聞入れがエントランスに括り付けてあって、その景観に戦慄を覚えたことがある。京阪神・和歌山では少し安価な、その新聞の購読者が多いのである(関西地方のニュースをよく見ると、その映像が屡々目にするだろう)。その新聞とは、産経新聞のことである。アベもまた、この御用新聞を精読していることだろう。他方、東京はと言えば、「都民ラストの会」=第二自民党が喧しい。大都市は増々腐臭を放っているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

愚民信仰(同穴)の契り

2017061519050000 田植えは終了したが、捕植がまだである。とにかく、田畑の農作業に忙しい。今年は降水量が異常に少ないのだが、その影響は甚大である。農産物の減収必至である。天気予報はまるで当てにならない。ならないどころか、天気概況や最高・最低気温を、したり顔で解説しているのだが(それがどうしたというのだ)、予報士としての仕事を果していない。何のための資格なのか疑っている。そんなことは表示すれば分かることで、一々解説は要らない。また、一地方の東京の天気予報も要らない。だから、基本的に全国の天気図だけで必要十分なのであるが、人間だけが生きているのではない、ということも敢えて強弁したい。洗濯だとか、花粉だとか、そんな情報なんて要らない。草花やら、昆虫やらの風土情報をもっと知りたい。まったく、中央の人間が考えることは知れてる。アホらしい。今の自分の意識が奈辺になるのかすら分かろうとしないその感性は、アベのそれに相似している(無知と無恥である)。モリ・カケそば問題もあるが、国際医療福祉大のこともあるし、そもそも国家戦略特区なんて要らない(「国際」と名称したり、それを謳う学校など胡散臭い)。マスコミも特区についての詳細な報道と検証をしていない。ところが、長野県政も特区指定を申し込むということである。あの無能な知事を始め、県政首脳部の考えることである。何が「母国で技能を生かしてもらう」だ。要するに、安価な労働力を補充するためだろ、というのが本音である。その企画にJAが噛んでいるとも言われている。そんなことより、先ずすることがあるやろ、と思うのだが、如何せん、農業に無知な諸氏と農政の「プロ」の合作企画であるからやむを得ないことである。国家戦略特区など、経済の活性化のためではなく、一部の権力者による国家資本(国有財産と税金)の強奪に過ぎない。それはモリ・カケそば問題で明々白々になったのであるが、この淵源は小泉政権にあったのである。来る内閣改造では、必ずや小泉の息子が起用されるであろう。国民の怒りが充溢している現在、益々アベ自民党を打倒しなければならない時期が到来しているのである(既知な都議選など、ほとんど意味がない)。女性暴力事件をもみ消したアベ政権は、同時に国民をバカにしている「強姦」内閣であるのだが、これに同調する一部左翼・リベラル層の愚民信仰にも留意しなければならないことである。インテリ左翼もまた、常に愚民信仰に辿り着くのである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年6月 3日 (土)

雑感な一日

2017060312490000_3 昼過ぎに畑で農作業をしていると、轟音が空を切り裂いていた。長閑な信濃の空域も戦闘機や戦略ヘリの通り道になっているようで、機体を確認しようとしばらく空を仰いでいたのだが、一向に視認できなかった。かつては長閑だった信州の空も、国家間の軍事戦略の犠牲になっているようである。ろくなものじゃねえ。

 隣の田は代掻きを終えて、田植えを待つばかりになっていた。カエルの鳴き声が水面にこだましている。反対側の田は精農家のものだが、田植えは終了したばかりで、苗が心細げに揺らめいている。「我田引水」にはもうしばらく時を要するだろう。森友・加計問題でのこの国の宰相の「我田引水」は度を越していて、それが私利私欲のための国家戦略特区なのである。にもかかわらず、検察はピクリとも動かないのが不思議である。国権の最高機関は、国民主権という憲法上の理由から国会であると習った筈が、政府主導が当たり前になっている始末である。国民主権の忘却、基本的人権の侵害、三権分立でないことから、日本国憲法も実質的に歪曲されているのである。

 今朝の新聞一面によれば、昨年、日本の出生数が100万人を下回ったそうである。生活が苦しいんだよ。経済や生活面での政策で、何一つできてねえじゃねえか。加計じゃなかった、余計なことばかりばかりしているんじゃないよ、アベさんよ。こんなんやったら、首相なんていらないよ。教育行政でも何でも、アベ友の金儲けの為にするんじゃないよ。国家戦略特区なんて要らねえんだよ。「嘘つきはアベの始まり」ってみんな言っているぜ。恥ずかしくないの?やっぱり、「日本死ね」である。

 テレビはお笑い芸人とジャニーズで席巻されている。見たいドラマもない。ミステリーなんて見たくないよ。脳科学者である茂木健一郎が、「日本のお笑いは終わっている」と発言したそうで、これに対して、「大物」お笑い芸人が、得意である筈のお笑いで返さずに、反論になっていない。なぜなら、彼らのお笑いは全く面白くないからである。こうやってお笑い芸人は時代と為政者にかしずき、戦争に貢献してゆくのであるこれも参照)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »