« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月24日 (水)

非国民上等!

33408659_2 「暗黒の時代」が到来したようである。社会主義の「冬の時代」を髣髴させる事態である。時代は核とミサイルの軍事優先となり、「共謀罪」法案のように、人々は国民主権を放棄したかのようである。人々はその権利を放擲し、天皇が日本国憲法を健気に遵守するという転倒している有様である。世界の為政者は、その権力を行使して狂奔している。日本国も例外ではない。支持率三割弱の、最も無恥で無知の政治屋が放縦に居直って居座り続けている。背任と汚職にまみれていながら、国民的関心と追及もなく、居丈だけに振る舞っている。そして重要なことは、都市の住民が中心となってこれに追随していることである。これなくして彼らの傲慢は決して成立しないのである。かの為政者どもは都市住民が率先して選択しているのである。決して(一部の)地方ではないのである。都市部の政治屋が三権と社会的地位を占有しているのである。これが腐臭を放っていることをなぜ認めないのか。例証はいくらでもある。テレビニュースや番組を賑わしているのは、ほぼ殆ど都市出身の住民なのであり、都市の大学は都会人ばかりになって社会的地位を獲得するために奔走しているのである。都市の毒害は地方にまで波及して、この地方の知事(東京都出身で元横浜副市長)は中央政治に従順で、地方の遺産を浪費しているだけであるが、何と県民の5割が支持しているという異常事態である。『村に火をつけ、白痴になれ』ではなく、『街(都市)に火をつけ、白痴になれ』なのである。つくづく思うに、かの70年闘争の課題は何も解決されず、その遺産は活用されていない。運動を担った人々は年波と諦念の中で、歴史の藻屑に沈下しようとしているのである。大逆事件以降の社会主義運動でもそうだったのである。歴史は決して嘘は吐かない。伊藤野枝は大正期のアナーキストである。しかしながら、ものの見事に社会から制裁を受け、最期は大杉栄と共に、関東大震災の最中に、簀巻きにされて井戸の中に放擲され惨殺されたそうである。寺院に嫌われてお墓はただの自然石のみなのである。常識的に考えれば悲惨の極みであるが、野枝の訴えの方が一等優れている。貧乏上等、わがまま上等。すべての常識を覆せ。「貧乏に徹し、わがままに生きろ。それが伊藤家(野枝)家訓である」(p7、52)。自分の生死は自分で決めろ(p44)。「あなたは一国の為政者でも私よりは弱い」(p114)。「この腐った社会に、怒りの火の玉を投げつけろ!」(p133)。どうせ希望がないならば、なんでも好き勝手にやってやる。絞首台にのぼらされても、かまうものか。非国民上等。「国家の害毒は、もうバラまかれている。そう、友だちは非国民」(p162)なのである。この心意気こそ、今の時代の人びとが学ぶべきことなのである。ちっとも「暗黒時代」でも「冬の時代」でもないのである(これこれこれ参照)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

戦中派の尻尾

32449629 山田風太郎の作品は一度として紐解いたことはない。しかし、彼が戦中派として戦争体験をしていたこともあって(但し、彼は実戦体験していない)、また、このブログ記事を読んで図書館から山田のエッセイを借り受けて熟読してみた。戦中派の人々の考えと想いは、自分の幼少期にも、身内や親類縁者から仄聞したのであるが、決して彼らは自らの体験をあからさまに開示することはなかった。小中学生の頃、週初めの月曜、一時限の朝礼で、校長や教頭、教師たちの戦争体験話をしばしば平和の大事さを強調する中で聴く時も、戦争の具体的な実相は言外に推察するだけで、想像するより外はなかったのである。教頭は空腹で降参した時に米軍から与えられたパンの旨かったことから平和の訴えがあり、担任はトンネル内に身を投げて自殺しようとしたと吐露していた言葉が脳裏に焼き付いている。
 それでは、山田風太郎の場合はどうだったのだろうか。皇国青年であった彼には実戦的な体験はない。一般的に、戦中派の記録や日記類は信用しがたい。これは山田自身が述べていることであるのだが、それらのほとんどは、自己正当化に終始しているのである(市井の者は、それが余りにもの悲惨な出来事であるがために黙して語らずである)。そして、山田は戦争責任のベストテンとして、昭和天皇、近衛、松岡、木戸、東條・・・と列記しているのであるが、後には、日本人、重臣連、天皇、近衛、木戸・・・と改訂している。「太平洋戦争風眼帖」を縦横に深読みすれば、山田は典型的な戦中派というのが理解できる。「明治栄光論」であり、「植民地解放論」であり(司馬遼太郎も同様)、「捲土重来(他日報復)論」であったのである。そのような戦前の思考(という尻尾)をいつまでも保持している意味において、完全に戦前の自分を切開していないと言わなければならない。その結果、日本人が大好きな、日本人論を展開するという隘路に陥ってしまうのである。そして、戦争責任の筆頭は日本人総体であると改めて指弾してゆくのである。曰く、もし日本人が原爆を米国より先に発明したら、日本人は躊躇なくこれを使用しその残酷も感じないだろう、と(p9 原発再稼働を見ればよく分かる)。また、「日本人の特性は、といわれた場合、その最大にして最も簡明なのは『軽薄』であり」(p15)、「日本人はうそつき民族であるのみならず、うそというものに鈍感である」(p39)と痛罵しているのである。これら以外に、無責任、寄らば大樹の陰、二股侍、幼児性、一発屋、無鉄砲、従順、小利口などと指摘して、日本人の国民性を一重性と二流民族という二つの規定に収斂しているのである。この彼の定義は、押しなべて得心のゆくものではあろうが(かの首相もそれらを完全に体現している)、それは同時に鏡に映った(尻尾を残す)戦中派自身の姿ではないだろうか。だから、冒頭で太平洋戦争おける「名将」を持ち上げたり、戦後になって付和雷同的に「民主主義」を高唱する輩の偽善性や愚かな政府・軍部首脳への非難にのみ関心が集中してしまっているという彼の限界が見て取れるのである(体験者としての怒りも十分理解できるが、歴史学的にかつ民衆の闘いの観点から断罪すべきなのである。また、戦争体験者でなければ戦争の実相が分からない、という言説は真っ赤な嘘である)。要するに、決然としていないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年5月 6日 (土)

逝かれた人々

33382836 やっぱりな、と思うだけである。今年の4月23日、拉致問題の国民集会において、それが「内閣の最重要、最優先の課題」であり、「解決する」と決意表明しているのだが、これは全くの嘘である。もしそうなら、今頃は解決していることだろうし、況や、その発言が飛び出したのは、北朝鮮の核・ミサイルが「切迫」(政府広報)している時期の発言がために、「この人はやはり逝かれている」と思い至った次第である。また、その解決のために米国の協力と連携が必要であるとして、自ら積極的に先導しようという気概もないのは明々白々である。それだけではない。拉致被害者の家族がこの妄言に唯々諾々と付き合わされて、キリスト教と神道などの右派勢力である「救う会」に牛耳られているために拉致問題が一向に国民的な悲願とならないのだな、と彼らに同情の念を禁じ得ない。田原氏には「変なものを付けてるだけ」と揶揄される始末である。要するに、完全に政治的に利用されているのである。北朝鮮問題などと煽っているアベなのであるが、他方で、連休中に自ら率先して(閣僚の半分以上も右に倣い)外遊に興じ、ゴルフや飲食に耽って弛緩しているのであって、こんな内閣なら自分でもできるなあ、と呆れてしまう次第である。お粗末な政府である。国会議員や政党も然りである。さぞかし、アベ首相は稀有で、最も優秀な天才的大宰相であろう。それでもって戦犯である祖父の顰に倣って、憲法改悪を表明しているのである。呆れてものも言えないとは、このことを言うのである。夫婦揃って「神ってる」のだろう。やっぱり、逝かれたニッポン、である(自分が日本人であろうが、米国人であろうが、中国人であろうが、そんなことはどうでもいいことである)。
 この本の著者もまた悲惨である。元々、この書の狙いが「人類が歩んだ旅路をなぞり、どのような経緯でここまで到達したのかを明らかにすること」(p11)であるのだが、科学力と創意工夫で食料生産力を向上させてきた歴史を振り返り、人類の過半以上が都市に集中した(2007年)21世紀の食糧問題は、問題なく解決していくだろうという安穏とした内容である。農業史としても俯瞰的に詳述されているので初心者にとっても分かりやすく修習できる。ラチェット(歯車)-ハチェット(手斧)-ピボット(方向転換)というキーワードを駆使しながら、人類は前進-破綻の危機-方向転換してゆくという進歩史観である。人類は「偉大な成果」(p243)を収め、「勝利を積み重ねて」(p246)、「大躍進の時期を迎えた」(p246)と賛辞を送っている。本当にそうなのだろうか。確かに著者は、一方で、「矛盾に満ちた豊かさ」(p257)と懸念も感じているのだが、他方で、この温暖化や生物多様性や持続可能性などの問題が山積しているにも拘らず、やがて方向転換して解決を見るだろうという見解に墜することは、火を見るよりも明らかだろう。分かりやすさが故に陳腐な見解に帰着するのは、英米の学者には特徴的なことである。
 (追記-2017,5,10)
 もう一つ。ブラジルの伐採された熱帯雨林の惨状に涙ぐんだ著者は、末尾において、こんなことを結論的に叙述している。「いまわたしたちは農耕をする種から都市生活をする種に変わろうとしている。少数が食料をつくり、大多数の人びとがそれを食べるという最新の取り組みは始まったばかりだ」と。「都市の暮らしも自然界とのかかわり合いなしに成り立たない」(p262)と言いつつも、帝国主義的な搾取や大地からの過剰な強奪、都市と地方の格差や南北間対立などに無関心を決め込み、その変容を無条件的に肯定する著者の近代人的な思考に、疑念と苛立ちを覚えるだけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »