« 差別と偏見の奈辺 | トップページ | 改革は地方から »

2017年2月24日 (金)

日清戦争の核心点

92406 山川版『日本史小辞典』の内、〔日清戦争]の項を念のために採録してみたい。まだ手元に置いているのであるが、機会あれば古書店に売り飛ばす予定である。
 「1894~1895(明治27~28)に主として朝鮮の支配をめぐって戦われた日本と清国との戦争。日本は早くから朝鮮への進出を意図したが、壬午・甲申両事変で清国の朝鮮での勢力が拡大すると、対清戦争準備および朝鮮に対する保護の準備を進めた。94年に朝鮮で甲午農民戦争がおこり清国軍が鎮圧のため出兵するや、日本軍も出兵。日本は欧米各国の動向を見守りつつ、日清による朝鮮の内政改革を提案し、清国の拒否にあうと単独改革を主張し、清国との戦機を求めた。7月16日日英通商航海条約を調印するや、日本軍はただちに王宮を占領し、豊島沖で清国軍艦を攻撃し、8月1日に宣戦布告した。装備・訓練にすぐれた日本軍は、指揮・装備の不統一な清国軍を圧倒。制海権の争奪をめぐる黄海海戦で勝利し、朝鮮半島の成歓・平壌の戦に勝ち鴨緑江を渡り、遼東半島に進出した。95年2月威海衛を攻めて北洋艦隊を全滅させ、3月には遼東半島を完全制圧した。また、朝鮮では再蜂起した農民軍を鎮圧し、甲午改革によって朝鮮の保護を推進した。ここに欧米各国も講和の斡旋に動き、とくにアメリカの仲介で・・・4月17日に日清講和条約が結ばれたが、直後に三国干渉のために遼東半島をやむなく放棄。また朝鮮の従属化をめざした甲午改革も、三国干渉直後のロシアの朝鮮進出もあり挫折した。日本の動員兵力約24万人、戦費2億余円。」
 戦争そのものとその動向を説明することが主眼であることとは言え、この記述は朝鮮と朝鮮人民からも清と清国人民からも見ていない。また、日本を含めた帝国主義列強の意図が明らかにされていない。つまり、なぜ、日清戦争が戦われたのか全く分からない。また、日清戦争の意味とその後の影響が不明である。まったくもって、よく分からない内容となっている。目新しい学問的成果もない。日清戦争の核心点は何か、これから順々に論及したいものである。明治時代の息吹を残していた親父より上の世代を振り返りながら、探索したいものである。『家郷の訓』もまた、その時代のあり方を調べるための足掛かりとして破読したいものである。
 

|

« 差別と偏見の奈辺 | トップページ | 改革は地方から »

日本の近・現代史」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/69712332

この記事へのトラックバック一覧です: 日清戦争の核心点:

» カルト教のアベ将軍様・支持率・仲間の日経でも急落73%から37%に 日本会議や西田・ネトウヨが騒げば騒ぐほど落っこちるのね~ [f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~]
日経電子版クイックVote【内閣支持率】 1月14日─69.9% 1月21日─63.6% 1月28日─65.3% 2月 4日─63.5% 2月11日─69.4% 2月18日─73.9% 2月25日─63.7% 3月 5日─40.3%(いきなり20ポイント以上も下落) 【26.6ポイントダウン!】 日経新聞読者調べの安倍内閣支持率が超急...... [続きを読む]

受信: 2017年3月 9日 (木) 14時05分

« 差別と偏見の奈辺 | トップページ | 改革は地方から »