« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月21日 (水)

農業崩壊の原因と理由

32384845 こういう児童書を読むと、概略を掴めるので至便なこともある。児童向けであるから、読みやすく分かりやすい。しかし、結構な値段であるので、どうしても図書館で調達することになる。しかも、図書館の農業陳列棚は、ごく一部の狭小分野を取り扱うものや、市場経済学者による、日本の農業を破滅するための類のものや、家庭菜園向けの野菜関連のものが多い。しかしながら、知りたいのはそういうことではないことが少なくないのである。それは、農業分野に限ってみれば、農業技術や技能は工業とは異なり、自然や地域性によっても左右するだけでなく、農作物の仕立て方が各人各様なことから、継承性という点で、相当の困難に直面しているのである。実際問題、その技術は、ほとんど農業後継者に伝達されていない。しかも、篤農家は激減しており、喫緊の課題となっているのである。日本農業の衰退の理由は、むしろそれが主因なのであるという指摘がある。果樹農家が卑近にも多いのであるが、彼らは寡黙であり、精農家であるために、そうそう伝授してくれるわけではない。また、高齢化と後継者不足のために(この半世紀の間に、農家戸数は3分の1以下になっており、恐らく、既に200万戸を切っていることだろう)、離農や兼業化してしまった家々も多く、住宅地が混在してしまって(里山の消失)、農業を継続する環境でなくなりつつあるのが現状である。TPP問題は、単純に農業や農協つぶしという訳ではなく、金融部門を狙い撃ちしているのである。要は、協同性を破壊して株式会社化することであり、目的は、経済・信用・共済事業の資産を総取りすることなのである。そして、農協は農業生産のための営農指導のみに特化せよ、というのである。これでは採算が取れなくなるというものである。小泉の息子は、三浦大根も農業も知らないネオリベラリズムの大根役者なのであるが、ど素人が自民党農林部会長というのだから笑わせる。経歴が、やはりというべきか、あのアメリカの「名門」コロンビア大学院で特務機関の教育を受けて修士号を取得したということだから、親父共々、胡散臭い政治屋なのであり、親米派であることを押し隠していないのである。こういう輩どもが農政に関わること自体が農業崩壊に拍車をかけているのであるが、かてて加えて、都市消費者の味覚劣化と無関心が棹差しているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

真珠湾攻撃の再来

33502673 信濃毎日新聞(信毎)の今朝の「斜面」を寝ぼけ眼で読んだ。勤勉や分かち合いとは真逆のカジノ法案を急ぐアベ政権を辛辣に批判した内容である。「政治家がうそをつくのは当たり前」という「悪性のニヒリズム」が日本を蝕んでいると政権批判しているのである。これは、「農業情報研究所」さんが大ニュースと取り上げているのだが、この「悪性のニヒリズム」というのがポイントである。これはポピュリズムの裏返しである。首相の傘下には補佐官、秘書官、内閣官房参与など、ろくでなしが蜷局(とぐろ)を巻いているのである。この中で、内閣官房参与には国民のことなど毛頭念頭にないポピュリストが居並んでいるのであるが、その中の一人で小泉の秘書から首相秘書官にのし上がり、長野県政の参与と併せて、Wアベの参与として暗躍している人物がいる。この参与は、成果としてはゼロなのであるが、権力を嵩にして未だに政界を渡り歩いているのである。それにも懲りずに、松本歯科大学の特任教授にもなっていて、歯科大学で何を講義しているのやら皆目見当がつかない。思想信条が分からない。それはともかく、悪性のニヒリズムというからには、良性のニヒリズムというものがあるのかというと、それこそニーチェの克服なのであるが、ニヒリズムを誤解する人たちは、悪性のニヒリズム(無)に陥ってばかりなのである。だから、彼らは「生」への欲求がない。だから、アベには他人はどうでもいいのであり、一人、部屋の中でぶつくさ「神ってる」(この流行語大賞は野球好きの愚者の選択である。ちなみに、野球は大嫌いである)そうである(昭恵談)。安倍内閣を終了するのは簡単なのであるが、野党を始め、左翼・リベラリストが分かっていないだけのことである。足場が同じであれば無理なのであり、足場が同じでなくとも、この人物のことがまるっきり分かっていないのである(これ参照)。そうやって、日本は崩壊してゆくのである。いつもとは違い、TPP法案なども使い、真珠湾攻撃が既に始まっているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016年12月 3日 (土)

消費社会の申し子

20171 政治の右傾化=劣化は世界的傾向のようで、益々地球的規模で破滅に向かっているのは、むしろ喜ばしいことである。政治の世界よりも、現実の世界の方が劣化が激しいのである。気が付いていない余人も多いのであるが、学問の世界(例えば歴史学会)の衰弱も甚大なのである。例えば、東大や早・慶大卒・教授というのは、愚か者であることを自白することなのであり、「無知と無恥」の代名詞なのであるが、親の平均年収が1000万円以上であり、殆どは大都市圏出身者で占有されているのであり、貧乏な地方出身者であれ、大同小異なのである。これらの人物が、何か革命的な事業を成就できるのであるかと問われれば、まず不可能と言わなければならない。日本社会は実に階層社会になっており、成し得るとなれば、己のステータスを維持することを旨とする小人となること位しかないのは否めない。もうそんなことは考えないようにしているからストレスも溜まることはないのであるが、「有識者会議」に名誉教授やら、評論家や有象無象の人物の名前を聞くと身の毛がよだつ程である。国際教養や国際関係や国際政治・経済や国際開発などと銘打つ学問など似非学問なのであるが、要するに、御用学者の養成機関なのである。それだけではなく、左翼・リベラリストの中にも、共産党だけでなく、似非左翼も加わって船頭多く、民衆の意思とは懸隔した議論を繰り返しているばかりか、誤った議論と慢心を披歴するばかりで、間違いも認めない有様を連綿と繰り返しているのである。阿呆の都会人が跳梁跋扈する訳である。目糞鼻糞を笑うとはこのことなのである。猛省を促したい。遅れてきた世代の自分が開示するのは憚ることだが、全共闘運動は自己否定や己のあり方との決別を通して国家権力と闘うことを目指したのであるが、それが今では、自己肯定の時代なのである。商品経済の申し子として、一人一人がオレ様となって我執と現状肯定をしている風潮となり、事実認定や歴史認識や言論による批判など、まったくもって論外になっているのである。かばりか、嘘と詭弁で逆立ちしているのである。そういう人物がこの国の首相や都知事などとなっているのであるが、それは政治家だけではなく、日本や世界全体に蔓延しているのであって、隗より始めよの如く、一刻も早く、日本国は滅びるべきなのである。

 休日の一日、農業講習と球根の植え替えと温泉入浴をして終了した次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »