« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月25日 (火)

もがくことの特権

33480772 実は、23日に小海町高原美術館に馳せ参じました。休日のやや遅い朝ごはんを、信濃毎日新聞(地元ではシンマイと呼ぶ)を眺めながら、口に放り込んでいると、美術館の広告記事が目に留まったのである。早速、既に映画を見ている息子の部屋を開けて、誘ったところ、おもむろに承諾されたのである。なかなか言うことも聞かない息子であるが、11時に出発を告げて、18号線と141号線を小海町へと風景を凝視しながら(危ない運転!)スイスイと目ざしたのである。信毎の翌日の記事によれば、初日に1012人の入場ということである。臨時駐車場が設けられ、大阪、静岡、横浜、多摩などの県外ナンバーの車が居並んでいた。八王子ナンバーの優しそうな母子が、仲よく鑑賞に来られているのも目にした。息子とは言えば、そそくさと後ろ鑑賞で、終いには、用意されたソファーでただ親父を待ちくたびれるだけであったのである。しかしながら、驚いたことに、出口でこの「つばさ文庫」を「読んでみるわ」と買い求めたのである。この興行映画はジブリ映画を超える勢いということである。今後公開される「デスノート」もあるが、おそらくこれを超えることはないだろう。なぜならば、女子の人気が付いて行かないからである。愛は人間の永遠のテーマであり、思春期の思いは人々に強烈で複雑な感情を呼び起こすだけでなく、現在進行形の青少年にとっては燦然と輝いているのである。だから、草臥れたおやじやおばさんには忘却した世界なのである。「世界がこれほどまでに酷い場所ならば、俺はこの寂しさだけを携えて、それでも全身全霊で生き続けてみせる。この感情だけはもがき続けてみせる。・・・納得なんて一生絶対にしてやるもんか。・・・俺は最後のもう一度だけ、大声で夜空に叫ぶ。「君の、名前は?」」(p209)という世界観である。人生にもがくこと、・・・あたりまえに生きること(p247)は青少年だけの特権である。しかしながら、美術館鑑賞の後は、おじさんよろしく、ヤッホーの湯を愉しんだものである(笑)。やはり、八ヶ岳連峰はおやじを歓待してくれず、乱層雲に隠れたままであったのである(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

『君の名は。』と方言

32993572  言葉を拾っていくと、方言は無限にあるのだが、ある程度のことで妥協して出版するしかない。それが、この辞典である。確かに使用されていた方言が、いつの間にか衰退してしまっていることが多々ある。ましてや、テレビやスマホによって、共通語が幅を利かせている状況では、方言はいつかは衰滅する運命にあるのかも知れない。文化(cultura)が農業や労働(colere 耕す)から切り離されて文明(civilizatio)化するにしたがって、「人間の養殖場」である都会(civitas)中心の文明が、地方に浸潤して多様性を喪失させ、単一化する。それを近代化というのなら、そんな近代化は要らないと言わなければならない。映画や演劇や音楽などが一様に不振なのは理由があるのである。子供の頃には、「ひょっこりひょうたん島」や「モスラ対ゴジラ」などがあり、炬燵で「少年画報」や週刊漫画雑誌を愉しんでいたものであったが、今では、テレビとスマホが席巻して、少年少女総体を愉悦させる番組や話題が皆無である。制作側の人間や芸能人の器量が拙陋になっている所為もある。笑えないし、愉しくもない。俳優がバラエティ番組に出演し、番宣して自己満足しているだけでなく、肝心のドラマのストーリーが興ざめである。『君の名は。』は、男女の身体が入れ替わるという設定からして、とりかえばや物語からの焼き直し(最近では『転校生』)であり、ファンタジーに逃げるという方法も今様である。しかしながら、進化していることもある。アニメの美しい精緻な作画であり、楽曲とのマッチであり、秘匿されたサブテーマである。終局の余韻といい、ヒット作となることは間違いなかったのである。興行のための映画という側面は致し方ないことだと思う。『君の名は。』を鑑賞した息子が、感動したのかどうかは知らないが、顔見知りの中年女性には不評であった。おそらく、そのご婦人は理解不能であったことだろう。ちなみに、新海誠監督は厳しい自然が当たり前の県内出身者である。コツコツと努力する人柄と見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

新幹線で金沢へ

D0043136_23173166 先日、金沢日帰り旅行に旅立ちました。指定されたパック旅行でありましたが、北陸新幹線を試乗してみたいこともあり、兼六園見物も初めてのことであり、金沢市街にも関心もあり、行程に身をまかせながら気儘な旅でした。富山平野を望むと、稲のひこばえ(穭稲が伸びていましたので、刈り取りは9月初めと算定致しました。富山産の新米コシヒカリが出回り始めていることでしょう。金沢平野の田園風景は、酩酊していてよく分かりませんでした(笑)。多分富山平野と同じでしょうが、加賀野菜の生産があると思われるので、幾分か畑が多いと想像しております。果樹は北陸地方でも生産されていますが、柿・梅・梨に限られていて、全国的には後進しているようです。だから、近江町市場では冷涼野菜や果物が長野県産として販売されていました。やはり、海産物が中心のようです。当の私は甲殻類や高級魚には目もくれず、光り物の中では殊更バッテラが好物なので、知り合いの「のどぐろが美味しい」という評判など何の関心もありませんでした。むしろ、北陸まで来て、海鮮丼を食して「マグロ(やウニやイクラ)なんか出すなあ、マグロなんか食いたくない」、と失望してしまう始末です。金沢はむしろ甘党が欣喜雀躍する街のようです。また、「弁当忘れても傘忘れるな」という諺があるように、年間雨日数が80日もあって、天候不順のようです。そのため、市内定期観光バス(金沢以上に観光史跡が多い長野市に定期観光バスがないのが魔訶不思議である。市長と市議会議員の怠慢である)では傘が常備されていて、小雨の中で、貸し出しの傘を貸し出して頂き、長町武家屋敷跡の路地を散策できました。ありがたかったです。街の玄関口と表通りは歩きやすく、疎水と花々が設置されて、観光都市として洗練されていて感心しました。しかしながら、前田百万石は外様大名で、当初は豊臣方に就いたため、徳川方に恭順してから未だに中央政府志向であり、信州を経路として北国街道を参勤交代したそうです。森喜朗を始め、典型的な保守王国であるからして、天徳院のからくり人形上演は興ざめに感じ、後は痛飲するだけでした(笑)。むしろ、冬の金沢の方が趣を感じるかも知れません。地元調達の「金沢おでん」も、身が締まった海産物も豊富で、美味しい時期ですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »