« 『君の名は。』と方言 | トップページ | 亡国の論理 »

2016年10月25日 (火)

もがくことの特権

33480772 実は、23日に小海町高原美術館に馳せ参じました。休日のやや遅い朝ごはんを、信濃毎日新聞(地元ではシンマイと呼ぶ)を眺めながら、口に放り込んでいると、美術館の広告記事が目に留まったのである。早速、既に映画を見ている息子の部屋を開けて、誘ったところ、おもむろに承諾されたのである。なかなか言うことも聞かない息子であるが、11時に出発を告げて、18号線と141号線を小海町へと風景を凝視しながら(危ない運転!)スイスイと目ざしたのである。信毎の翌日の記事によれば、初日に1012人の入場ということである。臨時駐車場が設けられ、大阪、静岡、横浜、多摩などの県外ナンバーの車が居並んでいた。八王子ナンバーの優しそうな母子が、仲よく鑑賞に来られているのも目にした。息子とは言えば、そそくさと後ろ鑑賞で、終いには、用意されたソファーでただ親父を待ちくたびれるだけであったのである。しかしながら、驚いたことに、出口でこの「つばさ文庫」を「読んでみるわ」と買い求めたのである。この興行映画はジブリ映画を超える勢いということである。今後公開される「デスノート」もあるが、おそらくこれを超えることはないだろう。なぜならば、女子の人気が付いて行かないからである。愛は人間の永遠のテーマであり、思春期の思いは人々に強烈で複雑な感情を呼び起こすだけでなく、現在進行形の青少年にとっては燦然と輝いているのである。だから、草臥れたおやじやおばさんには忘却した世界なのである。「世界がこれほどまでに酷い場所ならば、俺はこの寂しさだけを携えて、それでも全身全霊で生き続けてみせる。この感情だけはもがき続けてみせる。・・・納得なんて一生絶対にしてやるもんか。・・・俺は最後のもう一度だけ、大声で夜空に叫ぶ。「君の、名前は?」」(p209)という世界観である。人生にもがくこと、・・・あたりまえに生きること(p247)は青少年だけの特権である。しかしながら、美術館鑑賞の後は、おじさんよろしく、ヤッホーの湯を愉しんだものである(笑)。やはり、八ヶ岳連峰はおやじを歓待してくれず、乱層雲に隠れたままであったのである(涙)。

|

« 『君の名は。』と方言 | トップページ | 亡国の論理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

温泉・旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/68111834

この記事へのトラックバック一覧です: もがくことの特権:

« 『君の名は。』と方言 | トップページ | 亡国の論理 »