« 都会は天国である | トップページ | 見極めの困難 »

2016年9月 5日 (月)

稲も実れば穂首を垂れる

2016090118060002 稲も実れば穂首を垂れる。しかしながら、この国の宰相や為政者は決して頭を垂れない。むしろ、天変地異や災害、スポーツや築地移転などの栄華と混乱に乗じて権力を振り回すことで人々を屈従させるのがお得意なのであって、決して人々の安寧を創り出すことはない。大衆を操作し敵を創り出すことである。隷従しない者を冷遇し、大衆に軽蔑させることである。この国の知識階層がいとも簡単に転向するのは歴史を振り返れば分かり切ったことであり、歴史学者の殆どは歴史を捻じ曲げている。鯛も人も組織も頭から腐るのである。熊本地震災害も岩手・北海道の台風災害には、この国は何の援助もしようとしない。辺野古基地建設には、国は警察と自衛隊を動員して、沖縄県民の反対の意思が鮮明であるにも関わらず、強行しているのである。文字通りの圧殺である。これで、東京はオリンピックだ、築地移転だと大騒ぎしているのである。結果を出すのが政治家の仕事である筈であるが、何の成果もなく緩慢に時だけが経過してゆく。相模原事件の犯人と同一思想の人間が随所に徘徊している状況である。それが都会人の姿である(都会は地獄である)。それをひとえに体現しているのがこの国の首相であり、東京都知事なのである。その一方で、左翼・リベラリストの側でも、人々を軽蔑して、己の間違った考えで自己満足(逃避)の悦に浸っているのである。戦前、戦争反対を唱えた者たちが壮烈な死を強制された歴史を忘れてはならない(これも参照)。戦争反対は口先だけでできるのではないのである。地震などの大災害と壮大な原発被害、戦争と収奪という薄氷の上に成立しているのが日本国なのである。

|

« 都会は天国である | トップページ | 見極めの困難 »

日本の近・現代史」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/67351912

この記事へのトラックバック一覧です: 稲も実れば穂首を垂れる:

» 「貧困女子高生」にまつわる捏造記事を掲載した「ビジネスジャーナル」と、それを真に受けて女子高生バッシングを煽った国会議員は市中引き回しのうえ磔獄門に! [くろねこの短語]
 ネットメディアは玉石混交で、嘘やデマが平気で飛び交う世界でもある。だから受け取 [続きを読む]

受信: 2016年9月 6日 (火) 06時13分

« 都会は天国である | トップページ | 見極めの困難 »