« 夏休みの小旅行、大町へ | トップページ | 稲も実れば穂首を垂れる »

2016年8月22日 (月)

都会は天国である

51bxjfhegjl__sx352_bo1204203200_ 前回のブログ投稿は大町市のことだったので、その続きをしてみよう。リオ五輪でバトミントン銅メダリストである奥原希望も大町出身であり、小説家である丸山健二も大町居住である。後者の方は十年来の不熱心の読者であり、前者の方はつい最近関心を持ったスポーツ選手であるから、大町にはそれほど熟知している訳ではない。実際、北アルプスの麓にある地方都市であり、積雪が多い地方柄であろうという観念しかなかったのである。同じ県内者がこの程度であるからして、県外者にとっては、(大町ってどこだ、安曇野なら見当がつくが・・・)、という程度であろう。また、大町が本当に安曇野であるかという疑問もあるが、大町市内の北部と南部では積雪量に雲泥の差があるそうで、南部が安曇野に掛かるということである。二人とも親が教師であることが共通している。ここ信州では、教師であることは一つのステータスであり、名望家として地域の役職を担うことの多い職業である。都会に出た時、そういう私も、出身が長野県と知ると必ず、「いい(美しい自然のある)所ですね」、「教育県ですね」と羨望の反応をいただくことがあったが、いわれる当の本人は戸惑うばかりだったのであるが、よく考えてみれば、彼らはイメージ先行の観念主義者だったのである。「観念的な人々にとっては都会は最適な土地である。自然のなかでの生活は精神よりもまず肉体を必要とする。問題なのは何を考えているかではなく、何をやっているかである」(p128)。この本は、安曇野の影の部分を批評しているものではあるが、そればかりではなく、都市と地方の問題をも浮き彫りにしているのであるが、むしろ、その方がテーマなのであり、それに気が付かない読者も多いであろう。でなければ、彼が引き続き居住している訳がないのである(続く)。

|

« 夏休みの小旅行、大町へ | トップページ | 稲も実れば穂首を垂れる »

信州学事始」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/67113973

この記事へのトラックバック一覧です: 都会は天国である:

« 夏休みの小旅行、大町へ | トップページ | 稲も実れば穂首を垂れる »