« 雪の大谷での感動 | トップページ | 黒岩六郎のこと »

2016年5月28日 (土)

金なし・ずくなし・自己本位農法

2016052117400000_5 農事は進む。苗を購入するのでなく、播種から育てる農法を少しづつ実践しているので、大分、手間のかかるのであるが、田植えの準備をする一方、畑への植付けを続けている。画像は、地這いキュウリと大豆ですが、好物の人参はお隣に蒔いてあるが、どうなることやら。キュウリは、畑の有効活用の見地から支柱を設置するのが慣行農法であるが、地這いキュウリは、文字通り、地上を這って育つ特性を生かす育て方であり、個人的には、地這いキュウリの味の方が好みだからである。これを「金なし・ずくなし・自己本位農法」と謂う。徹底的にマルチや金肥を使用せずに、自前の鎌と鍬とスコップだけの(実は手間のかかる)農法である。また、無理をしない地産自消農法でもあるから、今のところ産直などの売り物にもならない。だが、決して有機・自然農法でもない。ここがミソである。有るもので全部間に合わせるのである。だが、アベやマキゾエのように、収奪した税金を詐取するような真似はしない農法である。
 最近はテレビニュースでさえ見なくなり、新聞も斜め読みで済ましている。耄碌したこともある。半生を過ぎ、身体も悲鳴を上げ出し、眼も霞み、片足が棺桶に入りつつあるので、世にいう「終活」ということだろうか。政治でさえショーになっているのであるから、この先おもしろきことも無いだろうという諦念もある。しかれども、かなり危うい国家主義のイデオロギーが日本全体を覆いつくそうとしていることは間違いないだろう。オバマとアベは、沖縄の人々の辛苦と平和への願いを捨て置きながら、広島において核兵器廃絶のショーを披露している。狂っているとしか思えないのである。

|

« 雪の大谷での感動 | トップページ | 黒岩六郎のこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

農業・農事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/65711504

この記事へのトラックバック一覧です: 金なし・ずくなし・自己本位農法:

» 怒りはおさまらない…。:鈴木 耕氏 [晴耕雨読]
https://twitter.com/kou_1970 今夜の日米首脳会談で、安倍首相はオバマ大統領に、沖縄の女性暴行殺害事件について「在日米軍関係者の綱紀粛正と事件再発防止を強く求める」という。 「綱紀粛正と再発防止」を何度求めればすむのか。 もし本気なら「日米地位協定の改定を強く求める」のが筋だろう。 安倍流パフォーマンスに過ぎない。 結果は「地位協定」には触れずに幕引き。 やはり思ったとおりのパフォーマンスだったか…。 人気blogランキング さっき来た毎日新聞夕刊「与良政談」... [続きを読む]

受信: 2016年5月28日 (土) 23時13分

» 核大国の大統領と核武装論者の世襲政治屋が唱える「核なき世界」の空念仏&「安倍晋三のデマ、G7を驚かす」(仏ル・モンド紙) [くろねこの短語]
 「歴史的」って言葉をこれほど安易に新聞・TVが喚き散らすってのは、なんとも鬱陶 [続きを読む]

受信: 2016年5月29日 (日) 10時44分

« 雪の大谷での感動 | トップページ | 黒岩六郎のこと »