« 見たいもの、見たくないもの | トップページ | 雪の大谷での感動 »

2016年4月17日 (日)

核・原発と平和

Fiul1knhszselmf1460877386 阿蘇山が大爆発して中央構造線が活発化し、川内原発が崩壊すれば、甚大な物理的被害だけでなく、放射能が全国に及び、逃げ隠れもできずに日本は終了するだろう。これは年頭に予想していたとは言え、今でも日本は死に体なのであり、政府と一蓮托生になるのは、ノーサンキューなので、一刻も早くアベ政権を打倒しなければならないのである。大体、地震大国なのであるから、ここで原発など考えられないのであるが、金目で違法の自・公政権を奉じること自体、狂気の沙汰である。
 元々、我々は国家の暴力によって征服されていると、栗原康は、『現代暴力論』(これについては次回upしたい)の中で開陳している。とりわけ、核兵器と原発は所持すること自体が、征服のための装置なのである(第二章)。核・原子力の所持は国家のテロリズムであり、「いつだって戦時体制、非常事態」(p90)なのである。真の平和を望むならば、原子力の平和利用などあり得ないのである。いわんや、核保有論者であり、権力亡者の支離滅裂なアベに所持させてはならなかったのである。
 ここ北信州では、本日は雨のち直ぐに晴れ、時々強風という天候で、長野マラソン(特に、コース終盤、残雪の北アルプスを仰ぎ、土手の上から長芋畑と桃の花を見下ろし、飯縄山が臨める風景がよろしい)や真田丸人気の観光客も松代や上田の城下町に押し寄せて大賑わいだという(当人は外出していない)。川中島平では、白桃が満開でピンク色に染まっている。選手たちは緑とピンクと黄色の風景の中を駆け抜けただろう。平和とは、恐怖の反対語でもあるのである。

|

« 見たいもの、見たくないもの | トップページ | 雪の大谷での感動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/65025077

この記事へのトラックバック一覧です: 核・原発と平和:

» >この規模の地震が来たら、原発は一回止めるのが常道と思う。原発政策への賛否は置いといて:山崎 雅弘氏 [晴耕雨読]
https://twitter.com/mas__yamazaki 今までなら、大規模な地震があれば「とりあえず安全に停止」が常識だったと思うが、今回は「意地でも止めない」という態度を貫いているように見える。 今止めたら、次に再稼働するハードルがさらに高くなる。 だから絶対止めるな、という判断なのか。 [画像] 人気blogランキング 大規模な余震が続いているのに、我慢比べのように原発を停止せず動かし続ける。 「異常なし」という発表はされているが「今のところは」という注記が要る。 完... [続きを読む]

受信: 2016年4月17日 (日) 22時48分

» 「激甚災害指定」もせずに、それどころか「緊急事態条項」だなんだと改憲を口走るなんて正気の沙汰じゃない。 [くろねこの短語]
 熊本で起きた地震は北東方向へと広がる気配で、その先には四国の伊方原発がある。も [続きを読む]

受信: 2016年4月18日 (月) 06時11分

« 見たいもの、見たくないもの | トップページ | 雪の大谷での感動 »