« 宮本常一の女性史 | トップページ | 見たいもの、見たくないもの »

2016年3月24日 (木)

風土の忘却

33024727 知らない間にこんな本が上梓されていたとは恐れ入る。昭和30年代を基準としているので、自分の経験から、その内容が実態に相合しているのかを今から精査してみたい。その時代を生きた自分の、後世に伝える責任も感じるからである。それだけでなく、共生した親の世代への責任でもあると考えている。ところで、一瞥の印象としては、旧長野市内や西山地方も総括されているので、己の関心事である川中島平の食風土としては不全と思っている。食は気候と生活に左右されるからである。また、これなくして伝統もないのである。近年のTVの気象情報を眺めていると、気象予報士による天気図や天候や気温などの説明に終始して、風土と歴史とは無縁な情報を伝えるばかりで、無意味な情報を垂れ流しているが、これには全くの不満を覚えている。他の誰でもいい気象予報士でいいのだろうか、という疑念を覚えるばかりである。その昔、NHKの新日本紀行という番組を、「社会」の勉強と興味から、ノートに要約しながら聴取したことが思い出される。「社会」は得意科目だったのである。そして今では、訪れていない都道府県が4県になっているのであるが、死ぬまでには制覇したいと願っている。それぞれの都道府県に様々な印象と感想を抱いているが、近年は、駅前やロードサイドなどのどこを訪問しても千篇一律な状況になっていて、特段の感想が抱かなくなっているが、それでも風土による人々の暮らしは千変万化である。それへの日本人の関心は希薄になり、外国と比肩してナショナリズムを扇情したり、東京一辺倒の無味乾燥な文化がメディア媒体で支配しているのである。それは、現今の政府官僚や学者などによる猟官狩りや財界人の社会的無関心などにも見られていることでもある。何一つ公約を実現できないアベという、「命を懸けたことのない」政権の成れの果ての日本である。

|

« 宮本常一の女性史 | トップページ | 見たいもの、見たくないもの »

信州学事始」カテゴリの記事

日本の近・現代史」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/64622929

この記事へのトラックバック一覧です: 風土の忘却:

« 宮本常一の女性史 | トップページ | 見たいもの、見たくないもの »