« 『餓死した英霊たち』 | トップページ | 従軍日誌を読み解いて »

2015年4月13日 (月)

ずくなし農法

07305527  休日の今日は、地方選挙の投票と長ネギを植えてみた。棄権すれば、ムチャクチャな政治をされるから。長ネギは苗を貰ったから。農法は相変わらずの「ずくなし農法」である。序でに、車のタイヤ交換を終える。少し疲れて傾眠も快い。陽気もよく、サクラの花見日和で車や人出が多いように見受けられた。山から桜並木を鑑賞してみた。庭のゆすらうめも満開で、春霞という時候になった午後である。

 とは言え、『餓死した英霊たち』の著者、藤原彰は、本文の中では英霊という言葉を使用せず、表題でのみ使用している。それも、大きいフォントでカッコ付きなく英霊たちとしている。大きな靖国の鳥居の左隅に、小さなフォントで申し訳なさそうに、餓死(うえじに)した、とあるが、その真意はよく分からない。英霊を誉めそやす輩を念頭において、彼らを咎める意図があるのかも知れない。いずれにせよ、藤原の論点は鮮明である。制空権もなく、補給を無視し、白兵突撃を指令する大本営の作戦は時代錯誤の戦法であったのである(p23)。大量餓死の根本原因は、「日本軍隊特有の性質である(天皇への忠誠を柱とする)精神主義への過信があったのである(p178)。それは歴史的に遡及すれば、1882年の軍人勅諭であり、これが軍紀・絶対服従主義を生み出したのである。また、この過程で役割を果たしたのが山縣有朋なのである(軍人訓戒、p188)。付け加えれば、戦陣訓を待つまでもなく、捕虜を潔しとしない伝統観念の上に捕虜が重刑に処される軍法があって、これが無残な餓死と玉砕をもたらしたという結論である。私的には、玉砕もカッコつき使用が望ましいと思われる。そして、「英霊」論に対置すべきものは、「礎」論ではなく、著者のいう「野垂れ死に」論もしくは「犬死」論であって、それこそが正に、逆説的に「英霊」たちの死を無駄にしない追悼となるのである。靖国に祭っていては、永遠に彼らは野垂れ死にしたままなのである。

|

« 『餓死した英霊たち』 | トップページ | 従軍日誌を読み解いて »

日本の近・現代史」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

農業・農事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/59621569

この記事へのトラックバック一覧です: ずくなし農法:

« 『餓死した英霊たち』 | トップページ | 従軍日誌を読み解いて »