« 都市の憂鬱 | トップページ | 家永三郎のこと »

2015年1月 1日 (木)

負けないことの希望

2015   未(ひつじ)年である。隠忍自重の新年になるのだろうか。読書や雑用などで過ごしながら、少年時代の幸福な時・空間が懐かしく感じるのみである。生活感もない空虚な歌詞が飛び交い、上滑りの感動に現を抜かす、恒例の紅白歌合戦を一瞥して、この空虚な表情や雰囲気は、あの鬱の時代に似ていないのだろうか。サザンも長渕も中島も軍門に下ったかと長嘆息するのみである。あの時代の潮流は、ひたひたと、そして最後にはあの大津波のように押し寄せようとしている。一体、どうしてしまったのだろうか。年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず。隔世の感である。自分がどうかしているのだろうか。年が改まったとて、明日からは日々の生活が開始する。そうした何の代わり映えがしない心境を、小林一茶は次のように詠んでいる。

 元日も別条のなき屑屋哉

 目出度さもちう位也おらが春

 一茶のように、それでも人は生きてゆかねばならない。少しづつ準備を始めている。負けないことに希望をつないで・・・。過疎・絶滅危惧種のブログですが、本年も宜しくお願い致します。

 

|

« 都市の憂鬱 | トップページ | 家永三郎のこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/58442382

この記事へのトラックバック一覧です: 負けないことの希望:

« 都市の憂鬱 | トップページ | 家永三郎のこと »