« 家永三郎のこと | トップページ | 飛んで火に入る冬の虫 »

2015年1月21日 (水)

「長(州)の陸軍」

32054684  貧窮していた農村が日本型ファシズムの本拠であるという見解は、到底承服しがたい。なぜならば、そこには連綿と続く農民運動があったからである。農民運動や労働運動の中に侵略戦争の原因を見出してはならないのである。近代の総力戦を遂行するためには、国家による扇動・宣伝・洗脳が必要不可欠である。だからと言って、農民や労働者の戦争責任が全く無いということはできないが、彼らの選択は、あくまでも受動的選択に過ぎない。このことは当り前といえば当り前であるが、中には、人の心が戦争を引き起すという間違った観念を持つ者が多いのである。大正年間が終了して、田中義一が組閣すると、早速、積極外交を展開し出している。田中義一と言えば、山県有朋の腹心の部下であり、同じ長州閥である。1905年には、山県の指示によって国防方針私案を提出して、陸軍の二個師団増設要求を突きつけて倒閣に導いた張本人である。この時行使したのは、山県の画策した軍部大臣現役武官制である。田中は外相を兼任し、山東出兵を強行して東方会議を開催する。その綱領は、満蒙の利権を堂々と主張したものである。「不干渉」と「協調」の幣原外交を放擲して、中国政策を真逆に転換したのである。それは、「日本が、中国革命(中国の近代的統一)の敵対者になった」(ほるぷ出版版『日本の歴史 6』p202)歴史的瞬間であった。ために、「対支不干渉」のスローガンまで進化した民衆運動は統一の道を閉ざされた。また、田中は、勅令を利用して治安維持法を改悪した。「国体の変革」条項を抽出して思想そのものまでも弾圧したのである。ために、反対した共産党は壊滅し、山本宣治は右翼に刺殺された。「十五年戦争」どころの話ではない。陸軍は軍隊としてその存在理由(raison d'être)を中国侵略に見出していたのである。一つは、軍人・軍隊は常にその理由を模索するということである。単に、軍隊が中国侵略したということではなく、国家中枢を掌握することによって、己の価値を見出そうと模索していたのである。その代表格が、田中義一であり、山県有朋の長州閥である。これらのことは、決して戦前の政治に限ったことではないのである。

|

« 家永三郎のこと | トップページ | 飛んで火に入る冬の虫 »

日本の近・現代史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/58655228

この記事へのトラックバック一覧です: 「長(州)の陸軍」:

« 家永三郎のこと | トップページ | 飛んで火に入る冬の虫 »