« 蜘蛛の糸 | トップページ | 負けないことの希望 »

2014年12月28日 (日)

都市の憂鬱

31980796  ドイツの詩人・ハイネは、「人々は都市に死ぬためにやって来るらしい」と表現しているのを、何かの本で記憶している。いろいろな歴史書や歴史解説本を読むと、大抵はガッカリする。つまらないからである。今では、面白くない記述でもそれを読み続ける辛さに慣れたことであるが、毎度のことながら辟易する。東大・一ツ橋や早・慶では、今やほとんどは東京都(または関東圏)出身で占められいるのではないか(約8割らしい)。歴史記述の嚆矢は、原始・古代から、貴族・武将から、幕末維新志士から、政治家・軍人からと相場は決まっている。入試のとき必死に覚えた山川版『日本史』には、嫌気が差していたものである。そして今でも、屋上屋を架する歴史書が上梓され続けているのである。馬鹿げている。そんなものを読んでも日本の歴史がわかる筈がない。フィールドワークもせずに研究室に閉じこもり、一部の歴史上人物や史料を渉猟しようが、大半の日本人が何を考え、どのように生活していたのかは分かりはしない。柳田・宮本などの民俗学、郷土史研究、網野史学などの地道な研究があるにも拘らず(何れも地方出身の学者である)、上記のような歴史学が一向に衰えを見せない。見せないどころか、それが歴史学会の常道らしい。『朝日百科 日本の歴史 11 近代Ⅱ』(1989年、朝日新聞社)を精読しているのだが、これは比較的面白い。図表や図会、統計や地図、写真や絵画が豊富で、当時の世情を想像するに難くない。ネット時代の今日にあっては、このような本は今後出版されることはないだろう。チマチマとした歴史学が研究され続けるのだろう。景気回復(→戦争)を願う都市の声をテレビが拾い、面白くもないお笑い芸人やジャニーズとAKBの占有が煩わしい。新聞でも、東京の情報と動向が満載である。鬱陶しい。このような異常な事態を都市の人々はどう見ているのだろうか。

|

« 蜘蛛の糸 | トップページ | 負けないことの希望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/58396888

この記事へのトラックバック一覧です: 都市の憂鬱:

» 年末戯作「スタップ細胞」の巻 [岩下俊三のブログ]
私事でしかないが先日僕の友人が自殺した。僕もなんどか自殺を試みたことがあるがやはり決行に踏み切れずついに老衰も自殺も変わらない年齢になってしまっている。 経験的に思う ... [続きを読む]

受信: 2014年12月28日 (日) 10時27分

» ストリートサッカー [メキシコからの隠遁者通信]
夕暮れのテアカパン村、子供達のストリートサッカー。 近所から色んな年齢の子供たち [続きを読む]

受信: 2014年12月29日 (月) 10時06分

« 蜘蛛の糸 | トップページ | 負けないことの希望 »