« 神の恩寵 | トップページ | 無謀な日本(陸)軍 »

2014年6月30日 (月)

梅雨空を見上げて

000_1099_3  田植えが終了して、後は水調整と草取りである。今年の稲作は、長野ブランド米の「風さやか」である。特長は、食味がそれなりに美味しく、実入りがよく、倒伏しにくいということである。キヌヒカリの後継品種である。昨年は、肥料多過のために、コシヒカリが大倒れしてしまった。不可抗力ということもあった。しかしながら、今年はしっかりと観察して多収を目指したいものである。このところは、田の管理や畑での種蒔きや耕作のために休日返上という具合で、疲れが一向に取れない。これもすべてアベの所為である(笑)。

 「慰霊の日」の首相挨拶空しくて
 摩文仁の風は海に投げ捨つ

 
 

|

« 神の恩寵 | トップページ | 無謀な日本(陸)軍 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

農業・農事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/56658201

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨空を見上げて:

« 神の恩寵 | トップページ | 無謀な日本(陸)軍 »