« 百姓≠農民 | トップページ | 『大杉栄伝』その2 »

2014年2月28日 (金)

『大杉栄伝』

33037738  「人間の屑」と批判されて、どうぞと開き直る首相とその取り巻きに、なぜ鈴をつけることもできないのか。それは、彼らが現今の日本人そのものであるからである。その淵源は右翼宰相・中曽根に遡る。労働組合と運動を叩き潰し、人々に右翼思想を蔓延させてきたのである。書店の前面には右翼雑誌と書籍が占拠し、「失われた20年」というデフレ不況がそれを加速化していたのである。ネトウヨの台頭は、さらに輪をかけてナショナリズムへと傾斜している。この基盤に屹立したのがアベである。しかしながら、アベ首相の言動は嘘と放言に満ちており、その政策は一度も実現した試しはない。年金問題の放置、災害復興への無関心、原発の推進と輸出、景気のトリクルダウン理論の欺瞞とアベノミクスの破綻など、国民の生命と財産を守ることとは程遠い歴史修正主義の政策にのみ、現を抜かしている始末である。公約と違う政策に邁進する人間が一国の首相となっていること自体、異常なことである。彼はどんな人物なのか。それは「オレ様」の一言に尽きる。それ以上でも以下でもない。人々の生活は目に入らず、他人の批判や諫言は耳に入らないのである。そして、吹き溜まりの人間ばかりと付き合っている(イヌアッチイケー委員の長谷川〇〇子が、学問的業績もなく大学教育にも関心と貢献もなかったことは委細承知している)。毎晩のように遊興して、私邸に閉じこもっている。豪雪被害にもかかわらず、料亭で天麩羅を愉しんでいるものだから、「天カス首相」とも呼ばれている。間違いなく、日本(人)そのものを毀損し、破滅に追い込む人物なのである。
 久しぶりに面白い著作に遭遇したものである。まず、筆者の来歴が振るっている。大学院を終了しても週一コマの非常勤講師としての仕事しかなく、年収50万という貧乏暮らし。婚約者には説教され、疎んじられる。年金暮らしの両親との同居。おまけに、奨学金635万もの借財を負っている。究極の学究生活である。文系の院卒だけでも大変なのに、大杉栄の研究であっては、このような冷遇は巷間では「常識」である。何の役にも立たないのである。にもかかわらずである。そんな生活にもかかわらず、作者は大杉栄に心酔している。大杉栄のその人となりとその生き様に共感する所以はどこにあるのか。周知のように、大杉は社会主義者からアナーキストへと必然的に転じている。東京外大を卒業して語学に通じ、『種の起源』や『ファーブル昆虫記』を初訳している。大逆事件にフレームアップされた幸徳秋水の影響を受けて、アナーキストとして自己を確立しているのである(以下、次回に続く)。

 蛇足ですが、長谷川さんについて、菅官房長官が「我が国を代表する哲学者」と言明したそうですが、そのように思っている哲学者は、日本には一人もいません。ましてや、肝腎な思索や研究に邁進しているはずの哲学者が、なんでイヌアッチイケー委員なんかに就任しているのか、訳がわかりません。

|

« 百姓≠農民 | トップページ | 『大杉栄伝』その2 »

日本の近・現代史」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/55165486

この記事へのトラックバック一覧です: 『大杉栄伝』:

» 「NHK受信料支払いが義務って知らなかった」くせに経営委員になろうなんて、ただの太った豚か&最高裁長官が健康上の理由(?)で任期途中で退任。後任は、レレレのシンゾーのお友だちか? [くろねこの短語]
 薄気味悪いほどの生暖かい朝である。あったかいあったかいなんて言ってるうちに、ど [続きを読む]

受信: 2014年3月 3日 (月) 06時13分

« 百姓≠農民 | トップページ | 『大杉栄伝』その2 »