« 抵抗か開発か | トップページ | 悪魔の市場原理主義 »

2013年9月28日 (土)

『看護の力』

32828771 テレビ番組では医療ドラマが流行っているようだが、現実の医療・看護の世界は複雑怪奇の人間模様があって、むしろ魑魅魍魎の世界といってよいだろう。医師は都会育ちのいいとこの坊ちゃん・嬢ちゃんであり、医師の中には「貧乏は病気の一種」と考える者までいるのである(確かにこの医師は病んでいる)。一般人が医学部教授会を見学しようものなら、その異様さに殆どの人は卒倒するであろう。一つの総合病院でも、鋭敏な人ならば、上は院長から下は掃除婦に至るまで、その堅固なヒエラルキーに幻惑することだろう。日本の医療は国民皆保険制度によって国民の生命と健康が首の皮一枚で守られているが、それは国民の要求と医療労働者の運動によるものであって、医師会自体は、時の政権政党に脆くも宗主替えすることに見られるように、自分たちの利益を保全するための圧力団体に過ぎない。TPP参加で医療の世界が解禁になれば、医療はカネなり、ということがはっきりとする。そんな医療もこんな医療も間違っているのは言うまでもない。
 ところで、看護師の二大業務とは、「診療の補助」と「療養上の世話」である。医療技術が進展するに伴って、看護師の意識はますます分裂しようとしている。この新書にあるような本来的な看護は見捨てられようとしているのである。患者に寄り添う看護ではなく、医師の片腕として重宝がられ、下請け化されようとしている。専門看護師、特定看護師などである。そんなことなら医師をどんどん増やしたらいいのにと思うのが普通であるが、医師の社会的地位が弁護士のように失墜してしまう危険性があるため(既にかなり失墜しているし、国民のための医療などという看板は衰滅しつつある)、医師会は猛烈に反対している。しかしながら、機械化された医療、システマティックな看護、繁忙な雑務に追われ、階層的な職場の人間関係の中でのストレスを抱えながらの業務を行っているというのが一般的な現実である。「看護の力」とは、注射や薬のような外部からの力ではなく、その人に本来備わっている治る力を上手に引き出すことであると著者は述べている(p48)。原点を振り返ることは、あらゆる職種でも必要なことであるが、医師ばかりに焦点が行っている医療ドラマが蔓延っている一方、真面目な看護師ほど消耗しており、慢性的な看護師不足が相変わらず進行しているのである。また、この本には反戦や医療労働者としての自覚の大切さ、看護への振り返り、介護との連携など、サラッと触れられているが、重要な提起が数多く内包されている。看護師がいつまでも白いナースキャップを被っている「白衣の天使」のイメージを抱いているばかりでは、大変な勘違いの元になるのである。

|

« 抵抗か開発か | トップページ | 悪魔の市場原理主義 »

介護・医療」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/53410958

この記事へのトラックバック一覧です: 『看護の力』:

« 抵抗か開発か | トップページ | 悪魔の市場原理主義 »