« アフリカの歴史と現状 | トップページ | グローバル下のアフリカ »

2013年9月10日 (火)

祝!2020年東京五輪開催決定

201309081040481  いやぁ、めでたい、めでたい。ようやく東京にオリンピックを招致できたのは、「撃ちてし止まん」の大和魂なれば、日本民族はどのようなことも可能なのだ。神風は吹くのだ。めでたいことである。国一丸となってこのような快挙を成し遂げたことは、日本民族の優秀なる所以である。めでたい。いえ、これはね、王侯・貴族のIOC委員を接待と贈賄で篭絡するという日本のお家芸でもあるんですよ。カネとコネで誘致するなんて簡単なことですよ。長野冬季五輪でもやったことであるし。その時のやり方を踏襲するだけのこと。プレゼンテーションは、カネに任せて某広告会社に丸投げしたんですよ。そうすりゃ、子弟をコネ入社させることもできるし。いやぁ、めでたい、めでたい。でもね、それだけじゃないんですよ。あやつらに嘘をつくことなんですよ。トーキョーが安全?安全な筈がある訳ないじゃないですか。そうです、一国の首相に強弁させるんですよ、おめでたい人ですから。ところがなんと、汚染水問題で、「状況はコントロールされており、東京に決してダメージは与えない」、「影響は・・・完全にブロックされている。健康問題については今までも現在も将来も全く問題ない」と国際公約してくれたんだから。いやいや、こんな大言壮語には私も呆れたくらいですよ。福島や東北復興を願う人たちが聞いたら、怒髪天を衝く発言でしょうけれども、こんなに大嘘をつくとは思わなかったなぁ。でもまぁ、これも招致勝因になったのだから、許せますよ。いやぁ、めでたいの一言ですよ。でもまあ、これで景気浮揚の起爆剤になるし、首相の掲げるアベコベミクスの経済効果にもなるんじゃないですかぁ。あの人の場合、改憲、核武装、戦争国家化ですが、日本全体にとっては、夜郎自大の政治・経済という流れができていいんじゃないですか。庶民の暮らし?そんな問題は些少なこと。いやぁ、めでたい、めでたい。政・官・財・民と皇族というハニカム構造の一体協力で成し遂げた快挙である。ちょっと一蓮托生で浮かれすぎですかね。でもね、これから少なくとも七年間は、自分たちの掌中にあるんだから、祝ってもいいじゃないですか。せーの、万歳、万歳、万歳!

 こんな狂乱の「瑞穂の国」、日本の片隅にある、わが水田は、半分ほど稲が倒伏してしまったとさ。おしまい。

|

« アフリカの歴史と現状 | トップページ | グローバル下のアフリカ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/53207367

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!2020年東京五輪開催決定:

» 「重要なこと、それは参加することである」金や施設などどうでもいい。(五輪妄想書) [黄泉の国から]
オリンピック招致と引き換えに「取引」されたものは何だろう。 もちろん汚染水はいずれ海洋に流さざるを得ない。それでも官房長官は「いままで場当たり的」だったと述懐し「これ ... [続きを読む]

受信: 2013年9月10日 (火) 15時43分

» 東京五輪経済効果3兆円の大法螺、消費税増税による景気の腰折れ対策に2兆円 [逝きし世の面影]
(消費税2%増税の1997年をピークに、16年間も減り続けるデフレ経済下での日本国の国税収入の推移) 『スポーツとは無縁のオリンピック招致の舞台裏』 2020年五輪の開催地が日本の東京に決まったが、12年前に2008年夏季オリンピックの開催を目指し、...... [続きを読む]

受信: 2013年9月11日 (水) 10時39分

« アフリカの歴史と現状 | トップページ | グローバル下のアフリカ »