« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月20日 (土)

参院選後の行方

31865041  右翼政権が跳梁跋扈する理由のもう一つは、根源的には、日本人の世界観に由来するものであろう。故・加藤周一氏は、『日本文化における時間と空間』において、「今=ここ」に集約される世界観を提示されている。その世界観は、過去を水に流し、明日は明日の風が吹き、鬼は外という俚諺に象徴されている(p1~4)。それは農耕社会が育んだ共同体意識(=集団主義)である。高度経済成長はその価値観で成功したが、それが機能不全に陥っているのである。今次の参院選で再び自・公を選択したとしても、何も収拾されるどころではなく、益々事態は混迷を深めるばかりなのである。だからといって、自・民や維新やみんなのように、市場原理主義の自由主義経済は、各国の政府を破綻に追い込み、民衆を塗炭の苦しみを与えるのみである。NHKニュース(大本営発表)は、参院選の焦点は「ねじれの解消」などと報じているが、これは与党に加担した物言いであって、政治的中立を完全にかなぐり捨てた報道姿勢である。だから、これに受信料という追い銭を渡すなどは尋常ではない。支配する側から見れば、権力と金、これが全てである。これからは民衆に権力が行使される時代となる。戦後の一時、「転向」の問題が論議されたことがあるが、転向した学者・知識人の転向論議など片腹痛いの一言である(吉本隆明)。加藤氏は、「大勢順応主義(conformism)は集団の成員の行動様式にあらわれた現在中心主義」(p121)であり、「(その)要点は、順応の内面化」(p127)である、と説いている。現状に何も疑問に思わないことは、右傾化の一つのmerkmal(指標)なのであろう。また、日本人の集団志向性はそれを下支えしている。しかし、騙されたものにも騙された責任がある、と喝破したのは小出裕章氏である。そして、こうした日本人の心性を常に注意喚起し、批判して行動することが必要な状況になったことは言わずもがなである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

貨幣経済の陥穽

20130718083749 八時過ぎに田畑に出向いて作業と観察をして、やはり、余りにもの暑さと発汗のために、自宅に逃げ帰るdash。先日の酷暑とまでになっていないので日陰に入ると汗がスーッと引く。今年は畑作業は余りしていない(草取りばかり。sweat01)。ニンジンと胡瓜とオクラとサシミウリのみである。サシミウリは、川中島白桃に続く第二の川中島地区の特産品と位置づけられて、普及に努めているようである。JAファームで販売していたので、早速苗を購入して畑に。皮を剥いて半分に切り、種を取って薄切りにして、わさび醤油につけて食べるらしい(現在実が生育中)。より熟して粕漬けにすると良いらしい。ちょっと期待して育てている。しかし、瓜類はうちの嫁さんはいい顔をしない。次から次と実がなって処分に困るだけでなく、味もあんまり好きではないらしい。世間一般では、粕漬けの消費は落ちているということだが(胡瓜と比較すると栽培地も殆ど見ない)、さっぱりとした味は、夏には最適と思っている。そもそも、カネさえ出せば喰えると思っているあり方は、どうも解せない。そう思い込んでいる人がスーパーやコンビニを繁昌させているのだろう。元々、村落共同体では商品経済には無縁であり、よくあったお裾分け行為そのものは「贈与」だったのである。そしてそれは無償だったのである。コメだって購入したらあれこれと苦心する必要もないが、金を稼ぐのは労働力を切り売りする別の手段で、食料は獲得したカネで入手するという矛盾したあり方は、どうしても自分が許せない。資本主義社会である限り、近代国家体制である限り、本来のそうしたあり方は許されないものであるが、隷属を拒否しようとすればそうするしかないのである。国家が国民に要求する「自己責任」とは、国家の責任放棄の言い訳に過ぎないのであって、原義の自己責任とはそういうあり方なのである。それと同時に、相互扶助も成立しているのがあるべき社会なのである。国家が責任を取った試しは、歴史を回顧すれば、皆無であると思っているangry。今次の参院選では、くれぐれも詐欺政党に引っ掛からないようにしてもらいたいものである。尤も、自ら詐欺政党に引っ掛かる手合いも多数のようですが。いえ、決して鴨ネギとは申しませんが・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

人間の邪悪性

20130708090622  田んぼに水が枯渇していたので早速水入れ開始。その後、畑で草取りをするが、汗だくで11時にはすごすごと自宅に逃げ帰る。灼熱の真夏日です。下の田んぼなので、用水路に水があるときにしか入れられない悲哀がある。下々の生活は大変なのだ。

 朝刊のチラシを開いてみると、自分党のものがあり、例の人間の顔が大写しになっており、いきなり不快な朝食になってしまった。事実を認められず、「平気でうそをつく人たち」である。こうした邪悪な人たちとは、「誤った完全性自己像を防衛または保全する目的で、他者を破壊する政治的力を行使する」人たちである。例えば、北海道や沖縄の自分党支部はTPP反対であり、福島支部は原発再稼動に反対である。何百回滅ぼされても至当な自分党が、原発輸出をして平気で嘘をつくあり方は尋常ではない。邪悪な心理が働き、人々は自己保持のためにこれに加担して投票行動をする。予想通りである。10年以内という予想スパンは短縮するかも知れない。そういえば、先日の記者クラブ主催の党首討論会で、歴史認識を拒否して嘘をついた。約束した「社会保障と税の一体改革」や違憲と司法判断された一票の格差問題など、どこ吹く風というあり様である。根底は事実を認めない心理から由来する。そこには人間としての信念や良心や自己嫌悪は皆無である。参院選後にはオレ様化するのは間違いがない。米中首脳が取り合わず、歯牙にもかけないような政治屋(一人や二人ではない)を祭り上げて、どうかしているんじゃないのか、と思う次第である。こんな時代状況なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

活着から分糵へ

20130703085608  漸く稲の苗が活着し、分けつ期になったようである。これまで深水であったものを活着後は2~4cmの浅水にするといっても、今年度のように、漏水が激しい状態であっては、水管理が容易でない。すぐに表土露出してしまって、アタフタと水入れすることがしばしばである。表土が露出してしまうと、雑草が繁茂してしまう要因である。相変わらず、何年やっても教訓化されないままの米作りである。合間に年中行事である夏野菜の世話と梅漬けとを何とかこなすという体たらくである。

 今次の参院選は行く末を決定するものだが、ほぼ大勢は決している。都議選に見られるような自・公の圧勝である。原発再稼動を推進して国民の生命と財産を侵し、TPPを推進して国内農業を破壊し、アベコベミクスによって財政赤字を極大化し、消費増税と物価上昇によって貧富の格差を増大させ、憲法改悪に向って国防軍に改変させ、ネット選挙も開始して国民を扇動するマスメディアや権力内に右翼どもが跳梁跋扈するこんな政権がなぜ支持されるだろうか。これが問題である。一つは、戦後民主主義が未だに徹底していないため、業界の圧力や未熟な人々による熱心な投票行動が、ますます人々の政治的無関心・無力感と諦念を醸成しているからである。国家権力はとても魅力的である。強制的に取り立てた(収奪した)国民の税金を無尽蔵に使用できるし、敵をも法的に(最終的には軍事的に)縛り上げることもでき、挙句の果てに名誉職を一切独占できる。国家とは十全な権力機構なのである。ここには一片の信念も良心も必要ない。否むしろ、そのようなものは余計なもの、唾棄すべきものである。だから、必然的に国家に忠実な者に国有財産を分与する。貧乏人は永遠に分与される私有財産から遠ざけられる。したがって、「世の中カネ次第」という人々の実感は、人々が貨幣経済にどっぷり漬かっているからではなく、実は国家から由来するのである。こんな風に、貧乏人(の私)は思うのである(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »