« 技能集約型農業? | トップページ | 被虐ニッポン »

2013年3月 8日 (金)

眠り三昧の休日

000_0952  休日は実に眠い(笑)。寒いし、金もないし、家に引き篭って寝るのが一番(笑)。このところ、温かくなろうとも、家に閉じこもって布団の中で過ごしている。典型的な「ずくなし」である。それでも、たまにラジオを聴きながら読書したり、パソコンをピコピコしたりと自在に過ごしている。おまけに、妻子もいなくて自己本位である。至福の平日の休日である。これもアベ政権が復活し、アベノミクスのお陰である(皮肉)。首相の顔に日本の没落が象徴されている。右翼のゴロツキが取り巻いて、この日本を食い尽くそうとしている。学問も財界もマスコミなども権威が失墜しているにも拘らず、それを糊塗する虚言を繰り返し、ほとんどの民衆もこれに唯々諾々として付き従っている。何とも形容の仕様がない。これまでもこうしてきたし、これからもこうしてゆくのだ、というあり方は不滅である。そして、そうした杞憂も何の意味をなさない現実である。悲惨という他はない。

32822627  この本を読んで失敗したと思った。なにをとちったのか、サムライなどと表題している。今更サムライでもないだろう。サムライの時代は終ったのである。大砲に刀で立ち向かおうとしているのか。登場人物のほとんどは、都会に出てくだらないことを学んで、それを日本農業に当てはめて、大規模化、法人化、輸出産業化、つまりTPP賛成論者になって獅子奮闘する(苦闘と表現するのが至当であろう)内容で塗り固められている。それが「鴨川自然王国」の藤本氏と連関させていることである。これも木で竹を継ぐ内容で、恐れ入る(と言っても、藤本氏の試みを全面肯定する訳ではないが)。これも悲惨という他はない。だから、寝ているのが庶民の趣味として一番なのである。

|

« 技能集約型農業? | トップページ | 被虐ニッポン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

農業・農事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/50653728

この記事へのトラックバック一覧です: 眠り三昧の休日:

« 技能集約型農業? | トップページ | 被虐ニッポン »