« 右傾化の代償 | トップページ | 眠り三昧の休日 »

2013年2月22日 (金)

技能集約型農業?

32809939  家族サービスで、元旦に上田アリオに出向いて、その中の「くまざわ書店」に立ち寄った時、財務大臣の嫁はんに、一冊なら買ってもいいよ、という仰せがあったので店頭で手にした本がこれ。書店おすすめ本だったが、実際には、その時の関心は歴史にあったので網野本の方を購入しましたが。
 要約すれば、①日本の農業は「ハリボテ」農業になってしまっている、②日本農業の本来の強みは技能集約型農業である、③ところが、農地利用の乱れ、消費者の味覚の劣化、放射能汚染問題の三つが耕作技能の消失という危機の原因となっている、④更に、マスコミや「識者」がその傾向を助長している、ということである(終章参照)。内容は、多くの農業関係者には鮮烈な印象を与えるようだが、実際の農業従事者にとってはごく当り前な内容と言えるだろう。見回せば高齢者ばかりの農業になっており、識者は言いたい放題、財界は言い勝手、アメリカからはTPPの圧力、政府もJAも頼りにならず、国会議員はほとんどゴロツキ右翼、TVを見れば食を弄ぶお笑い芸人、おまけに精魂込めて育てた農産物が高くも売れないとなれば、農業なんてやってられないのである。ましてや、農業の耕作技能など、子々孫々継承される訳がない。なんとか勤めに出て兼業農家として生き続けるしかないのである。攻めの農業と称して輸出や植物工場などが試みられているが、はっきり言えば、無駄な抵抗である。食肉や生野菜をありがたがる戦後の消費風潮も荒唐無稽である。大規模農業に日本農業の未来を夢想する識者や農業関係者も、先進国の、より巨大な農業の前に、一瞬にして吹き飛ばされるであろう。神門善久氏がどのような学者であるかを知る由もないが、本書の中で、憂国という不用意な言葉の使用(p17)や末尾の私的情念的な記述は学者としての資質を低めることになるだろう。ただ、技術集約農業と堆肥・土作りの重要性の指摘は、概ね、正当な内容である。

|

« 右傾化の代償 | トップページ | 眠り三昧の休日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

農業・農事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/49586365

この記事へのトラックバック一覧です: 技能集約型農業?:

« 右傾化の代償 | トップページ | 眠り三昧の休日 »