« 쇼 후기의 가족 상 | トップページ | 다이쇼 시대의 가족 상 »

2013年1月20日 (日)

大正期の家族像

32427058  大正時代を理解するのは大変難しい時代である。殊に、大正デモクラシーをどう位置づけるのかは、この時代を捉える上で緊要な課題と思われる。一般的には、大正デモクラシーは大正時代の民主主義的諸風潮と定義されるが、それは日清・日露戦争による帝国主義確立期に伴う明治期の富国強兵政策の延長線にもあるのである。そしてそれは、普選運動の成果と引き換えに、治安維持法によって弾圧されて急速に終焉し、右翼・軍部勢力が台頭するのである。「大正デモクラシーの時代は改造の時代であった」と大門正克は分析しているが(『明治・大正の農村』、岩波ブックレット)、民主主義化と軍国主義化のせめぎあいの時代と考えるのが正鵠得ているのではないか。大正時代は、デモクラシーの時代でもあり、「抑圧・圧制の時代」(『大正期の家族問題』、p246)でもあったのである。その時代は、「明治末期からの経済不況、大戦終了後の戦後恐慌、関東大震災による震災恐慌、その後昭和へと続く金融恐慌と休む間もないほどであった。激しい労働争議、小作争議、婦人運動はすべてこの間に起こっている」(p248)時代であった。そして、「全体の三分の二以上の家族は、何よりも経済的な貧しさを家族問題の基礎に抱えていた」(p13)時代であった。小作農民・小農は7割近くにも増大し(地主制の強化)、農村の秩序崩壊が開始し(p68~69)、「下層階級が実数でも割合でも増加する一方だった」(p13)時代なのである。人口約5600万人の7割前後の約4000万人が貧困に喘ぎ、農村では約3000万人が困窮していたのである。湯沢は、「頭の上の方では確かにデモクラシーの風が流れていた。しかし足元では見えない拘束の鎖に太くつながれていて、身動きがとれないという人びとの方が多かった」(p248)と述べている。また、家族問題として、従来の家父長制家族制度にだけに捉われた見解の狭さを批判して、大正期女性の「決断力の無さや自主性の乏しさ」を原因として挙げているが、それは無理というものであろう。それでも、大正時代は、民衆の闘いが萌芽して幾つもの激しい闘いが模索された時代である(米騒動や水平社結成など)。著者は、大正期は明治や昭和期と比較すると「そう悪くはない時代」(p250)と総括しているが、民衆の闘いの見地からすれば、今でも教訓に満ちた時代だったと言えるだろう。

|

« 쇼 후기의 가족 상 | トップページ | 다이쇼 시대의 가족 상 »

日本の近・現代史」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/48846735

この記事へのトラックバック一覧です: 大正期の家族像:

« 쇼 후기의 가족 상 | トップページ | 다이쇼 시대의 가족 상 »