« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

唾棄すべき日本的心性

20120829093820  机上はぐちゃぐちゃである。今、池明観の『叙情と愛国』を読み始めている。サブタイトルにもあるように、「韓国からみた近代日本の詩歌」を分析するのが狙いである。想えば、教科書にある北原白秋や高村光太郎などの詩歌を諳んじて、日本的な心情に共感を覚えたが、それから脱却するのに十年なんなんとする歳月を要したのは言うまでもない。無論、全てを否定するものでないが、自己や自然に埋没する感性を拭い去るのは並大抵のことではない。その感傷の儚い美しさと刹那性が、戦争という圧制の時代には脆くも動員されるあり様を思い至るには長い歳月を要したのである。それほど日本人の心性に組み入れられている遺伝子とも言えるものである。これから離別する基点となったのは中野重治である。

     おまえは歌うな
     おまえは赤ままの花や
     とんぼの羽根を歌うな
     風のささやきや女の髪の毛の匂いを歌うな
     すべてのひよわなもの
     すべてのうそうそとしたもの
     すべてのものうげなものを撥き去れ
     すべての風情を擯斥せよ
     もつぱら正直のところを
     腹の足しになるところを
     胸さきを突きあげてくるぎりぎりのところを歌え……

であり、「雨の降る品川駅」である。

     辛よ さようなら
     金よ さようなら
     君らは雨の降る品川駅から乗車する

     李よ さようなら
     も一人の李よ さようなら
     君らは君らの父母の国にかえる

     君らの国の河はさむい冬に凍る
     君らの叛逆する心はわかれの一瞬に凍る

     海は夕ぐれのなかに海鳴りの声をたかめる
     鳩は雨にぬれて車庫の屋根からまいおりる

     君らは雨にぬれて君らを逐う日本天皇をおもい出す
     君らは雨にぬれて 髭 眼鏡 猫背の彼をおもい出す

     ふりしぶく雨のなかに緑のシグナルはあがる
     ふりしぶく雨のなかに君らの瞳はとがる

     雨は敷石にそそぎ暗い海面におちかかる
     雨は君らのあつい頬にきえる

     君らのくろい影は改札口をよぎる
     君らの白いモスソは歩廊の闇にひるがえる

     シグナルは色をかえる
     君らは乗りこむ

     君らは出発する
     君らは去る

     さようなら 辛
     さようなら 金
     さようなら 李
     さようなら 女の李

     行ってあのかたい 厚い なめらかな氷をたたきわれ
     ながくせ堰かれていた水をしてほとばしらしめよ
     日本プロレタリアートの後だて前だて
     さようなら
     報復の歓喜に泣きわらう

 鬱陶しく、唾棄すべきアベだの、ハシモトなどは消えうせてほしい。同じことを繰り返している日本人のあり様にも恐れ入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

夏バテの日々

20120821103748  繁忙と夏バテのため二日しか干していないが、これで梅干し完成としよう。今頃干している始末である。盆が過ぎても、毎日暑いですなあ。温暖化は確実なようで、桃の産地が北海道でも試行的に実施されているようである。お米も、かつては冷害対策でしたが、今では高温障害に対処している始末だ。本日から始業式で、息子は登校して行った。昨夜は宿題と提出物の確認に追われて、つい叱ってしまった。いつの時代も同じようで・・・(笑)。尤も、自分の親は一家の食い扶持のために精を出していたので、口出しは全くなかったが。勝手なものである。

20120814123331  中干しも終え、幼穂が形成され、お盆には開花・受粉・受精が開始される。土の亀裂により水漏れがあり、間断灌漑を繰り返す日々。これが却って稲にはいいのかも知れないが、とにかく様子観察しながら花水を導入する。夜分の八時に止水管理をする場合もある。今年はコシヒカリで、やや茎が伸び切ってしまって倒伏可能性を憂慮している。重たい実を支えられるか心配している。肥料が多すぎたか。米作り三年目。どうなるやら。疲労と夏バテが老体に堪える。休日の昼の10時頃から夕方16時頃は、所用以外家で避難生活をしている。それでも肩から腕、首周りは、いわゆる野良焼けで少々ヒリヒリしてする。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

汗だくだく

20120803092320  久しぶりに畑に顔を出してみると、草茫々。こんなもんでしょ(笑)。生きものは、人の思いにお構いなしに成長する。それこそ生命力というものだ。一方、自分は稼業にかまけて疲労困憊。汗疹に悩まされ、疲れているくせにアルコールを喉に流し込む。不摂生そのものである。これと比べたら嫁さんはしっかりしたもので、適宜の休息と水分補給をして、家事の一切を統御している。偉いものだ(笑)。作物のために多少草刈りをするが、それだけで汗だくだく。どうも30度以上の高温になると不調になる。運気も悪いのでひたすら行動を慎む今日この頃である。丸茄子と胡瓜とオクラを収穫するとそそくさと畑を後にする。

20120725095555  研修旅行で伊勢に参る。例の赤福餅の本店である。こちらは興味ないのでふくすけの伊勢うどんを大盛りでいただく。暑い上に熱い。拭うタオルは湿気るほどである。それに、ぐにゃぐにゃの腰のないうどんは、柔らかいのが好みである自分にはいいのだが、うどん通には顰蹙ものであろう。但し、タレは熟成した醤油味で、旨いのは間違いない。伊勢探訪は次回にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »