« 今ある歴史的結節点 | トップページ | 汗だくだく »

2012年7月14日 (土)

根底にある差別意識

32740662  表題の答えは鮮明な本である。先進諸国(多くは欧米)がアフリカの権益をめぐって分断統治しながらアフリカを利用しているからである(p126など)。パワーポリティックス(力の論理)ダブルスタンダードな正義にみられる欧米中心主義の犠牲になっているのである(p133~p136)。そして、私たち(日本人)がすべきことは、「アフリカの『自立』と『自治』を支援すること」であり(p154)、「アフリカの人びとを脅かしているあらゆるリスクを低減することに援助の最終目標を置くべき」であり、「同時に、現実にあるさまざまなリスクに対応する能力(レジリエンス)を人びとがもてるように支援すること」(p155)である。アフリカの大地溝帯(原料と鉱物資源)から目を離すことはできない。人類と大地の淵源であるこの地では、先進諸国の介入が凄まじいことが熟知できる内容である。また、これへの対処法も提言されて(第9章)、歴史的事実にも具体的に言及しつつ、現地活動に基づいて説得力のある著作であった。対して、『収奪の星』は机上の学者によるものである。その立ち居地は明瞭である。その根底にあるのは、アフリカ人を野蛮人とする差別意識と思われる。

20120714180544  遅きに失したとは思うのだが、とりあえず、トウモロコシと胡瓜と茄子とオクラを播種してみたが(苗は購入しない主義)、まあまあよく育ってきたかな、とほくそ笑んでいる。凝視すれば、草だらけの苗床ですなあ(笑)。雑草も味方にしての栽培ですので悪しからず。大きい草は抜いてマルチにします(ビニールマルチはしない主義)。支柱は既存のもので、誘引も稲藁を使います。可能な限り貨幣経済を利用しない主義(ホームセンターなどで買わない)。その他、アフリカ農業の混植やコンパニオン・プランツを採用する畑である。農薬の代用としては純粋石鹸水のみである。

|

« 今ある歴史的結節点 | トップページ | 汗だくだく »

アフリカ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/46310455

この記事へのトラックバック一覧です: 根底にある差別意識:

« 今ある歴史的結節点 | トップページ | 汗だくだく »