« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月23日 (金)

温故知新の農業へ

32573613  農業に精通していない者は、プロローグとエピローグとあとがきに目を通すと、大体著者の主張が理解できる。その間の、マヤ、アスティカ、インカなどの伝統農業に関する事例を読むと、著者の胆力ある探査能力に感嘆する。思い起こせば、あれ程ギリシャ文明が繁栄したのに、パルテノン神殿やコロシアムの廃墟などの写真を見て、なぜ滅亡したのか不思議に思ったことがある。ローマへと人と文化が移動したという理由もあるが、気候変動や土壌侵食などの自然現象という大きな理由も根底にあることを知って、得心したものである。メソポタミア文明が滅んだ理由の主因も、塩害である。現代は、脱石油、脱原発と「脱」の時代の始まりであるが、この本の著者は、「没落」の時代の始まりと見ているようである。近代農業は石油にまみれた工業である。石油を食べているといっても過言ではない。油がなければ農業機械は動かない。化学肥料も石油がかりである。農薬や農業資材然り。しかし、近代農法がなければ世界の食料自給率は35%である(p4、236)。日本の農業で自給ができる人口は、高々4、5千万人(およそ明治時代の人口)と試算されている。大半は輸入で補完されているに過ぎない。一方で、グローバルな現代の危機が迫っている予感がある。石油枯渇の対策としての原子力エネルギーにも黄色信号が燈っている。現代は危機や不安と同衾する時代といってもよい。温故知新さながらに、著者はさまざまな伝統農業を探索する。大規模の工業的モノカルチャー現代農法では持続不可能という意識が広がりつつある。しかし、伝統農業も失敗の連続があったと言わなければならない。人類は途方もない失敗の末に自然生態系に適合した地域農法を編み出していったのである。考えてみれば、天災と飢餓が打ち続く江戸後期、農書が次々と世に出たことがあった。伝統農法を再評価し、それを現代農業の中に組み替えていくことが求められているのではないか。そのための一里塚となる内容となるであろう本の一つであった。ただ、注と参考文献は煩わしく、簡略にしてほしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

食糧安保論の蒙昧

20110913123625  暇さえあれば寝てばかりいます。身体もガタがきて肉体労働がきつい。仔猫の方が余程活動的なようで、餃子とミルクを与え、おなかが満足すると、遊びか排泄などのために徘徊します。雌猫なのでやや下半身デブになったようですが、食べ終わると腰をもっこり挙上するのは、猫そのものの特性なのか、この猫だけの個性なのだろうか。

32589465  中村靖彦という人のことについては何も知らない。奥付にある経歴程度である。タイトルからして食糧安保の話であることは想像に難くない。では、食糧安保(food security)とは何かと問えば、定義は分かるが、その内容は様々な問題や利害が錯綜していて、なかなか理解がし難いだけでなく、言及する政治家や農政官僚などの思惑があって幻惑されること、必定である。一番分かりやすく考えるためには、防衛問題と同列にすると分かりやすい。農水省の権益を守るために自給率向上を唱え、食糧安保が実は国益という観点からほとんど論じられているのである。この新書も同じである。特徴は、反中国の排外意識を煽る内容(p165など)や空想的な農地公有化論の展開(p66~)などに現れている。さすがNHK出身のジャーナリストである。しかしながら、民衆にとって国益などは何も関係がないと考えてしまえば簡単なことなのである。食糧輸入が途絶して困るのは、資本主義制貨幣経済に漬かっている都市であり、食糧危機の折には都市は滅亡するのである。いくらカネがあっても、海外から食糧を調達できないことも予想される。だから民衆はその備えをしなければならないし、東日本大震災と福島原発事故を経験したのだから、いい加減考えを改めた方が良いのではないか。「世の中で恐いものといえば、カネはあるが食糧のない隣人である」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

猫らしく、自分らしく

20110907062013  日の出前、サクサクと田んぼの見回りに出向く。朝露、高い空、清涼な空気、芒の穂、虫の音。台風一過で秋の装いである。明日は暦の上で白露である。しぶとく生きてますぜ。体幹が太り、すっかり猫らしくなって駆け回っています。何処かで餌をあさり、もしかすると蟲を食っているのではないかと思わせるほどに見かけないことがある。猫は単独行動が基本であるので、人間様などがくれる餌などには目もくれないことが多い。

20110907055506_2 どうも肥料不足、水不足のようで、昨年よりも籾殻が小さいようである。ほとんど感と片手間で栽培しているので味は保証できない。今ではコメの生産はコシヒカリ系が独占しているが、ひと頃のササニシキ人気は1993年の冷害・凶作で討ち死にしました。コシヒカリの新潟ブランド米が勝利しました(コメについてはこちらのweb参照)。が、他県も負けておりません。生産第一位の北海道山形や長野県など、次々と新品種を開発しています。長野県内のコメ作りは、やはりコシヒカリが四分の三で、これにあきたこまちが続きます。品種改良とブランド米作りに成功しているとは言えません。が、諦めたわけでもなく、「風さやか」を投入したようです。儲からない米作りも競争が激しいようです(苦笑)。ちなみに、我が水田では倒伏に強いキヌヒカリを栽培していて、ガッチリとしていて実の大きなコシヒカリ農家に囲まれた、物怖じしながらの米作りです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »